過敏性腸症候群(ibs)を漢方で治した話

過敏性腸症候群の症状が出てから半年。
最初はわけも分からず、お腹が張ったり、痛かったり、下痢になったり。

2週間たっても治らないので胃腸科に行きました。
しかし処方された薬が悪かったのか、一向に良くならない。
それどころか悪化。

次は内科に行きました。
が、やっぱり治らない。

そして最後は漢方に行き着きました。
漢方で過敏性腸症候群が治るまでの話です。

スポンサーリンク

最初の頃はガス溜まりに苦しんだ

最初にでた症状はガス溜まりでした。
お腹にガスが溜まって、お腹が張ります。

酷くなると膨満感があって苦しい。
お腹のアチコチが痛かったりもします。

これはオナラをすれば良くなるんですが、人前でそんなにオナラばっかりするわけにも行きませんよね。出したくても出せなくて苦しいこともあります。

この症状を治すために胃腸科を受診しました。
処方された薬は‥ぜんぜん駄目

どうしたもんかと自分で調べたところ「ガスピタン」という市販薬が今起きている症状にピッタリこれを飲み始めたら随分楽になりました。

しかし完全には治らなかったので、内科に行きました。
「ガスピタン」が効いた話をして、処方して貰った薬を1週間飲むと、だいぶ良くなりました。

ところが今度は別の問題が。
ガス溜まりは良くなったんですが、今度は下痢に‥。

スポンサーリンク

漢方との出会い

毎日のようにお腹が痛くなって下痢になり、残便感がありました。
これは大病かもしれないと、どんどん不安になります。

もしや大腸がん?いや小腸?肝臓?

どんどんネガティブなことを考えていき、大腸内視鏡検査の予約をしようと病院を調べていたぐらいです。

しかし嫁から、

「どうみても過敏性腸症候群だけど?」
「近くに漢方クリニックがあるから行ってみたら?」

と言われたのが契機になって漢方クリニックに行くことに。
傍から見ていたほうが客観的に見えるもんです。
それに大腸内視鏡検査を受けるのも嫌だったのです。

そして初めて漢方と出会いました。

漢方での治療開始

漢方(中医学)では、同じ症状でも体質によって処方する薬が変わってきます。漢方の詳細については分かりませんが、私の体質は温かみが不足しがちで胃腸が弱いとか。(;´Д`)

体を冷やしてしまうので、特に水のとりすぎは注意するよう言われました。お茶など体を冷やす飲み物もストップです。

野菜を取るときは、体を冷やすサラダよりも、冷やさないよう煮たり蒸したものを食べよとのこと。季節感のある食事と、適度な運動に取り組むようにも言われます。

そして処方してもらった漢方薬は次の2つ。
・桂枝加芍薬湯
・加味逍遥散

桂枝加芍薬湯は、お腹の膨満感・腹痛や下痢に効ききます。排便以上を起こしている人のための薬。

加味逍遥散は、自律神経を調整し精神を落ち着かせる作用があるとか。
更年期障害など女性の病気によく処方される薬のようです。

男性なんですけど。。(;´Д`)

とにかくこれらの漢方を毎日服用するように言われます。

漢方を飲みだして1,2週間ぐらいでだいぶ改善

生活上の注意点を守りつつ、漢方を飲み始めました。
飲み始めて2,3日ぐらいで少し改善したような気がします。

仕事中に飲む水の量を減らしたのも大きいと思います。
デスクワークの人は、机の上に飲み物を置いているので、水を飲み過ぎるらしいです。
水を飲み過ぎると体を冷やすとのこと。

1,2週間ほどすると、だいぶ良くなってきて、トイレからも遠ざかります。
まだお腹の調子が悪くなることはあるんですが、以前よりトイレに行く回数は少なくなりました。

1ヶ月ほど飲んで、漢方を飲んでいればなんとかトイレに通う苦痛から開放されるぐらいに回復。
大分気が楽になりました。

過敏性腸症候群が良くなるまで半年

飲み始めてから1ヶ月程でだいぶ良くなったのですが、そこからが長かったです。
漢方はゆっくり体質を改善するための薬。

すぐに治らないだろうとは思ってましたが、半年ほどかかりました。
治療費に関しては安心してください。
漢方代は保険が効くので安いですよ。

最後の2ヶ月ぐらいは大分良かったのですが、途中でやめると元に戻るかもしれないと思って、様子をみました。
最後の1ヶ月はすっかり良くなっていて、以前のお腹の調子が悪いのが嘘みたいです。

漢方医の先生と相談して治療終了。
もし悪くなったらまた来てとのこと。

長かったけど、すっかり良くなりました。

まとめ

過敏性腸症候群は、漢方で治すという方法もあります。
これは体質によって、合う人と合わない人がいるかと思います。

合う人にとっては、じっくり治していくので体への負担も小さく、良い治療法だと思います。
漢方薬を毎日飲むことになりますが、体への負担はありませんでした。

1つ問題があるとすれば、漢方医の先生が全国的にはあまりいないことでしょうか。
漢方薬局でも良いと思うのですが、その場合は保険が効きません。
が、それでもお薦めです。

過敏性症候群の治療には、漢方も検討してみてください。

スポンサーリンク