iPhone7でSoftbankからLINEモバイルへのMNPがお手軽過ぎた

iPhone7のSIMフリー版を買ったので、SoftbankからLINEモバイルにMNPしました。

格安SIMは始めてだったのでイロイロと不安はあったのですが、イザMNPしてみたらお手軽過ぎっ!

これで月額9千円近く掛かっていたスマホ代が、なんと月額1,690円に!

スマホ代が年間10万円近く安くなるワケですか。。

こんなに簡単ならサッサとやれば良かった…

と思ったので、LINEモバイルにMNPを考えてる人の参考になればと、

・なぜLINEモバイルを選んだのか?
・LINEモバイルに変更する際の注意点
・手続きは実際どんな感じなのか

を紹介したいと思います。

始めに、なぜLINEモバイルを選んだのか?その理由についてです。

スポンサーリンク

なぜLINEモバイルを選んだのか?

linemobile04

数ある格安SIMからLINEモバイルを選んだのにはワケがあります。

他の格安SIMと比べて、こんなメリットがあったからです。

すでにご存知かもしれませんが、確認してみましょう。

テザリングが使える

テザリングとは、PCやタブレットからスマホをルーター代わりにして、インターネットに繋げられる機能のことですね。

仕事柄どうしても外出時にインターネットに繋げる必要があったりします。

田舎に行くときなんかもWifiがなかったりするので、イザというときテザリングが使えるのは安心なんですね。

ちなみにテザリングが使えない格安SIMも多いので、必要な人は注意してください。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信料が無料

これが結構デカイですね。

Skypeも入れて欲しかったのですが・・・、LINEでも我慢できます。

私はほとんど電話をしません。

その代わりSkypeやLINEのチャットや音声通話は頻繁に使ってます。

電話ってそんなに使いませんよね?

LINEモバイルは、LINEの音声通話も無料で使えるので、これで通話をすればこと足ります。

料金プランもまずまず

料金プランは他の格安SIMと比べると、ほんのわずかに高いかなって感じです。

でもLINEでの通信が無料っていうのを考えると、お得だと思いました。

私は3GBのプランを使っているのですが、データ通信量が3GBを越えるまでは通信速度の制限もありません。

通信量を追加で買うことも出ます。

docomoの通話エリアが使える

LINEモバイルはdocomoの回線を借りているので、docomoの通話エリアが使えるわけです。

最近はキャリアによる違いはほぼ感じませんが、田舎によく行くのでdocomoの通話エリアって聞くと妙に安心感があります。

通信速度が良さそう

これはネットの情報なので鵜呑みにしてはいけませんが、他の格安SIMより通信速度が良さそうだったんですね。

LINEモバイルを使っている人がまだ少ないってのもあるかもしれません。

通信速度が一番良かったのはUQモバイルだったんですが、テザリングが無かったので諦めました。

LINEポイントでスタンプGET

LINEがやってるだけあって、月額基本料に応じてLINEポイントが溜まります。

LINEポイントが勝手に貯まるのであれば、LINEスタンプを買ってもいいかなと。

まれにスタンプが欲しくなるのですが、今まで買ったことがなかったんです。

と、まぁこのあたりにメリットを感じてLINEモバイルを選びました。

LINEモバイルについて詳しくはこちら

LINEモバイルのメリットを把握したあとは、注意点について確認しましょう。

スポンサーリンク

LINEモバイルに変更する際の注意点

格安SIMは全部そうなんですが、キャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールとは、@softbank.ne.jpとか@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jpのことですね。

このメールアドレスを使っている場合は、事前に変更しておく必要があります。

例えば2段階認証サービスで、キャリアメールを使っていた場合などは、SMSに変更するなど対応が必要です。

注意点を抑えたところで、ソフトバクンクからLINEモバイルへのMNP手続きです。

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPする

手続きを順に説明すると結構あるように思えますが、全ての作業を合わせても1時間程度です。

エントリーパックやSIMカードが届くのに1日掛かりますが、他の作業はすぐ片付きますよ。

①ソフトバンクから転出する

まずはソフトバンクからの転出が必要です。

ソフトバンクの場合は、わざわざ無駄な電話をしなければいけません。

ソフトバンクのMNP転出について

なぜかというと、オペレーターが引き止めるためなんですね。

ここに電話すると、更新月まで待てば1万円のボッタクリ違約金が掛かりませんよ〜とか、Y!mobileもオススメですよ〜という誘導が行われます。

1万円の違約金が掛かっても、格安SIMに変えればたったの2ヶ月で元がとれますので、サッサとMNP予約番号よこせゴラァとは言いませんが、手続きを進めましょう。

ここでMNP予約番号なるものをGETします。

MNP予約番号には有効期限があるので気をつけましょう。

それと、3000円ほどボッタクリ事務手数料が掛かります。

②Amazonでエントリーパックを購入

まったくもって謎のシステムなんですが、Amazonでエントリーパックを買って、そこに書かれているエントリーコードを申込時に入力すると、事務手数料の3000円ぐらいが掛かりません。

なぜこんな謎のシステムになっているのか理解できませんが、3000円ぐらい安くなるので、ぜひAmazonでエントリーパックを買ってください。

LINEモバイルのエントリーコードには、”データSIM”と”通話SIM”があるので、間違わないようにしましょう。

電話を使うのであれば“通話SIM”を買います。

③LINEモバイルに申し込む

Amazonからエントリーパックが届いたら、ようやくLINEモバイルに申し込みが出来ます。

このときMNP予約番号も入力します。

後は本人確認書類。免許証などをスマホで取ってアップロードすればOK。

半日ほどで承認されて、SIMカードが発送されたというメールが届きます。

④iPhone7にSIMカードを挿入する

iphone7_03

LINEモバイルからSIMカードが届いたら、iPhone7にSIMカードを差し込みます。

SIMカードの差し込みなんてやったことないよ!

と言う人も安心してください。

専用のピンみたいな道具がついているので、それをiPhone7の横にぶっ刺すだけです。

このとき思ったより強く押さないとぶっ刺せないので、グッと押しましょう。

あとはLINEモバイルのSIMカードを、収納トレイみたいなやつにおいてしまうだけです。

linemobile03

⑤iPhone7をアクティベート

iphone7_04

これでiPhone7がアクティベート出来るようになったので、さっそく電源を入れましょう。

Helloとか表示されて、アクティベート完了

このあと指紋を登録したりなんやかんやと、いろいろ手続きがあります。

ここで注意点が1つあって、”iCloudからのバックアップ復元”と”新しいデバイス”としての登録があります。

私はまっさらな状態から使いたかったので”新しいデバイス”として登録しました。

あっ!しまった。”新しいデバイス”は、もしかして電話帳引き継がれない?

と思って焦ったんですが、Appleのアカウントにログインしたら無事引き継がれていました。

⑥アプリの引っ越し

iPhone7がアクティベートできたので、アプリの引っ越しを行います。

いまどきiCloud経由でアプリデータは引き継ぎ出来るよねと思っていたら、引っ越し手続きの必要なアプリがありました。

それは・・・LINE。

まずはLINEアプリで登録したメールアドレスとパスワードを確認。まだ登録してない場合は、必ず登録してください。

そしてLINEのメニューに「アカウント引き継ぎ設定」があるのでONにします。なお、24時間以内に引き継ぐ必要があります。

あとは引き継ぎ先のiPhone7にLINEをインストールして、先程確認したメールアドレスとパスワードでログイン。

このとき誤って新規登録にしてしまい、先程メールアドレスを登録していなかったりすると、全消しというスペシャルイベントが起きるので、スリルを味わいたくない人は慎重に作業してください。

以下のリンクから、操作手順を一読しておきましょう。

LINEのアカウントを引き継ぐ方法

⑦モバイル通信をするためのAPN設定

linemobile07

モバイル通信をするために、APN構成プロファイルをインストールする必要があります。

LINEモバイルの説明書にも書いてますが、とあるURLにSafariでアクセスすれば後は勝手にやってくれます。

説明書にも書いてますが、以下のURLです。

http://mobile.line.me/apn/ios/

説明書にQRコードがあるんですが、アプリ入れないと読み込めなそうだったので。。

⑧ソフトバンクからLINEモバイルに切り替える

さてiPhone7の準備が全て整ったら、あとはソフトバンクからLINEモバイルに切り替えるだけです。

切り替えるまでは、前のスマホは問題なく使えます。2〜3日スマホが使えないなんてことはないので、安心してください。

LINEモバイルへの切り替えは、

MNP開通受付窓口: 0120-889-279

に連絡します。連絡すると2時間ぐらいで切り替えてくれるようです。

または何もせず放っておきます。

放っておくとSIMカードが届いた翌々日に、前使っていたスマホが圏外になります。

そしたらiPhone7を再起動で無事完了。

切り替えについて詳しくは、以下のリンクを参照ください。

LINEモバイルへのMNP

⑨LINEモバイルの契約者連携と利用者連携

linemobile06

最期にLINEアプリとLINEモバイルを紐付けします。

ちなみに利用コードが無いと、利用者連携できないのですが、これはキャリアがLINEモバイルに切り替わったあとに、LINEモバイル公式サイトのマイページから取得できます。

利用者連携をしておけば、LINEで通信料や明細など確認出来るので便利。

また、契約者連携をしないとLINEポイントが貯まらないので、忘れずにしておきましょう。

これでソフトバンクからLINEモバイルへのMNPは全て完了です。

まとめ

以上、iPhone7の格安SIMにLINEモバイルを選んだので、その理由や手順を紹介してみました。

LINEモバイルを検討している人の参考になれば幸いです。

切り替えてから1ヶ月以上立ちますが、今のところ困ったことは起きていません。

あたり前ですが、今月の請求が1,690円になっていて幸せでした。

LINEモバイルについて詳しくはこちら

ちなみにiPhone7の保護フィルムに悩んでいる人には以下の記事がオススメです。

iPhone7の保護フィルムにAnker GlassGuardを購入。Amazonでは酷評レビューも多いけど実際のところは?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です