窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

窓

冬になると窓際が特に寒いですよね。

なんと窓からは、部屋の熱が58%も外に逃げているそうです。

せっかく暖房をつけているのに、これはあまりに勿体ない。

そこで窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみましたので、どのぐらい効果があったのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策に断熱ボードを試してみた

窓

窓の下半分に断熱ボードを立て掛けると、寒さ対策になるというので、半信半疑ながら試してみました。

設置の仕方は簡単で、断熱ボードを窓の幅に合わせてカットして、窓の下に置くだけです。

「こんなんで本当に効果あるのかな〜?」

と思っていたんですが、これが意外と効果的。

窓から伝わってくる冷気がかなり減少しました。特に足元への冷気が来なくなったことが大きいです。冷え性の妻もこれには喜んでいました。

ただし断熱ボードで隠れていない窓の上半分からは冷気を感じます。

この断熱ボードを設置して初めて気付いたんですが、窓のサッシ部分から侵入する冷たい空気って思ったよりも多いです。窓ガラスへの防寒対策も大事ですが、それよりもサッシ部分から侵入する隙間風への対策をした方が、効果的だと感じました。

このサッシ部分から侵入した冷たい空気は、断熱ボートと窓で挟まれた空間に滞留します。冷たい空気は重く、暖かい空気は軽いので、2つの空気がぶつかったところが壁のようになって、それ以上部屋の中に入ってこないようです。

断熱ボードは窓に立て掛けただけなので、外したり片付けたりするのもすごく簡単。窓から出入りしたいときや、窓から物を出し入れしたいときも、いつもどおり使うことが出来ます。

うちで使っているのは上で紹介した商品なのですが、代わりになるものを100均やホームセンターで揃えることが出来ます。100均ならカラーボードや発砲スチロールのボード、ホームセンターならプラダンが安くて使いやすいと思います。

次は断熱カーテンを試してみたので、そのレビューです。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策に断熱カーテンを試してみた

窓・断熱カーテン

窓からの冷気を完全にシャットアウトするため、今度は断熱カーテンを試してみました。

断熱カーテンは、カーテンレールの一番内側に取り付ける必要があります。

しかし、そこには既にレースカーテンを取り付けていたので、これ以上ライナーにフックを掛けられそうにありません。そこでレースカーテンのフックの部分に、断熱カーテンのフックをなんとか引っ掛かけて吊しました。

断熱カーテンは縦がとても長く、余った部分を床に垂らすようにして取り付けます。そうすることに寄ってカーテンの下がピッチリ塞がり、下から冷たい空気が漏れ出ません。

これにより「コールドドラフト」を防ぎます。「コールドドラフト」とは、暖かい空気が冷たい窓に触れて冷やされ、下降気流が生まれる現象。

つまり今までは、部屋の中の温まった空気が、冷たい窓ガラスやサッシで冷やされ、下降気流となってカーテンの下の隙間から流れ出ていました。だからいくら暖房で部屋を温めても、窓際はヒンヤリ冷たかったんですね。

この断熱カーテンをつけてからは、窓からの冷気が驚くほど減って、窓に近づいても寒くありません。もちろんカーテンの下から冷たい風が流れてくることも無くなりました。

窓・断熱カーテン

ストーブを付けているので、どれぐらい効果があったのか具体的な数値は分からないのですが、感覚的には部屋が2〜3℃暖かくなった気がします。

またこの断熱カーテンは透明タイプなので、採光にも影響しません。断熱カーテンを付けっ放しでも邪魔にならないので、年中付けておくことが出来ます。

さらに断熱カーテンを付けてからは結露も減りました。ただし環境によっては、この断熱カーテンが結露してしまい、直接床の上に水が垂れてしまうケースがあるようです。断熱カーテンを付けた後は、しばらく様子を見てください。

うちではよく、寒さ対策と結露対策を兼ねて、断熱カーテンの中にさらに断熱ボード入れて使っていたりします。2つとも使うとかなり効果がありますよ。

断熱ボードを利用した窓の結露対策は、以下の記事に詳しく書いていますので、良ければ参考にしてください。

窓の結露対策に良かった簡単な方法!寝る前にやるべきことも紹介

2017.12.05

次は寒さ対策にプチプチを試してみた感想です。

窓の寒さ対策にプチプチを試してみた

寒さ対策にプチプチが効くというので、窓に貼り付けて試してみました。

確かに窓ガラスに貼ってみると、ガラス部分は寒くなくなった感じがします。しかし窓のサッシ部分からの隙間風は防げていないので、窓際がヒンヤリする感じは残ります。

そこで最初は窓ガラスに貼っていたプチプチを、窓枠のサッシ部分も塞がるように養生テープで貼りつけました。こうするとサッシの隙間からの吹き込みも防げて、かなり防寒になってます。

ただしこの方法だと窓を開けられません。この方法は開ける必要のない窓だけに限られます。また外から見たときも、プチプチが貼ってあるのが分かるので、見た目がすこし悪くなりますね。

そういったデメリットはあるものの、梱包材のプチプチで窓を防寒できるのは、安上がりで取り組みやすいです。

また結露もそれなりに防げているというメリットもあります。さらに断熱ボードや断熱カーテンと併用すると効果が増しますよ。窓からの寒さと結露を少しでも減らしたい場合は、この3つを併用するのがオススメです。

うちの環境では断熱ボード+断熱カーテンで十分暖かくなったし、結露も許容範囲だったのでプチプチは止めました。プチプチを隙間なく貼るのって、ちょっと面倒なんですよね。

まとめ

窓の寒さ対策には断熱ボード、断熱カーテン、プチプチがそれぞれ効果的でした。

中でも一番手っ取り早いのが断熱ボード。これは窓の下半分に断熱ボードを置くだけなのに、思ったよりも効果があります。

窓の寒さ対策って、面倒くさくてついつい後回しにしがちです。でも断熱ボードなら簡単なので、なかなかに取り組めない人は、まず断熱ボードから取り組んでみると良いと思いますよ。

そして断熱カーテンは、断熱ボードを上回る防寒対策。しっかり取り付けると、窓からの冷気がかなり減少します。

プチプチは安上がりなわりに効果があります。ただ貼るのがちょっと面倒です。(^_^;)

断熱ボード、断熱カーテン、プチプチは3つとも併用して使うことができます。また寒さだけではなく、結露も防げる点がいいですね。

今度はプラダンを使った二重窓にチャレンジしてみたいと思います。

<参考文献>
資源エネルギー庁「日本の住宅の約4割が無断熱状態

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です