窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

窓

冬になると窓際が特に寒いですね。

なんと窓からは、部屋の熱が58%も外に逃げているそうですよ。

せっかく暖房をつけているのに、これはあまりに勿体ない。

そこで窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみましたので、どのぐらい効果があったのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策に断熱ボードを試してみた

窓

窓の下半分に断熱ボードを立て掛けると、寒さ対策になるというので、半信半疑ながら試してみました。

設置の仕方は簡単で、断熱ボードを窓の幅に合わせてカットして、窓の下に置くだけです。

「こんなんで本当に効果あるの〜?」

とか思っていたんですが、これが意外と効果的。

窓から伝わってくる冷気がかなり減少しました。特に足元への冷気が来なくなったことが大きいです。

冷え性の妻もこれには喜んでいました。

ただし断熱ボードで隠れていない窓の上半分は、近づくと冷気を感じます。

断熱ボードの真価とは?

この断熱ボードを設置して初めて気付いたんですが、窓のサッシ部分の隙間から侵入してくる冷気って、思ったよりも多いです。

窓ガラスそのものより、サッシ部分への対策のほうが大切だと感じました。

そこで、この断熱ボートが活躍するわけで。

サッシ部分から侵入した冷たい空気は、断熱ボートと窓との僅かな空間に滞留します。

窓際あったかボード

冷たい空気は重く下にたまり、暖かい空気は軽くて上に昇るので、断熱ボートと窓との間に溜まった冷気は、それ以上部屋の中に入ってこないようです。

断熱ボードは取り外すのも簡単

それに、断熱ボードは窓に立て掛けただけなので、外したり片付けたりするのもすごく簡単。

窓から出入りしたいときや、物を出し入れしたいときも、いつも通り使うことが出来ます。

代替品でもそれなりの効果

うちで使っているのは、上で紹介した商品なのですが、代わりになるものを100均やホームセンターで揃えることが出来ます。

100均ならカラーボードや発砲スチロールのボード、ホームセンターならプラダンが安くて使いやすいですよ。

プラダン

写真のボードはプラダン

うちでも一部の窓は、プラダンと発泡スチロールのボードを使ってます。

次は断熱カーテンも試してみたので、そのレビューです。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策に断熱カーテンを試してみた

窓・断熱カーテン

窓からの冷気を完全にシャットアウトするため、今度は断熱カーテンを試してみました。

断熱カーテンは、カーテンレールの一番内側に取り付ける必要があります。

しかし、そこには既にレースカーテンを取り付けていたので、これ以上ライナーにフックを掛けられません。

そこでレースカーテンのフックの部分に、断熱カーテンのフックを無理やり引っ掛かけて吊しました。

断熱カーテンは縦がとても長いので、余った部分を床に垂らすようにして取り付けます。そうすることで、カーテンの下がピッタリ塞がり、下から冷たい空気が漏れ出てきません。

また、こうすることで「コールドドラフト」を防ぎます。

断熱カーテンはコールドドラフトを防ぐ

コールドドラフトとは、暖かい空気が冷たい窓や壁などに触れて冷やされ、下降気流が生まれる現象。

つまり今までは、部屋の中の温まった空気が、冷たい窓ガラスやサッシに触れることで冷やされ、下降気流となってカーテンの下の隙間から流れ込んでいました。

だからいくら暖房で部屋を温めても、足元がヒンヤリ冷たかったんですね。

しかし、この断熱カーテンをつけてからは、窓からの冷気が驚くほど減って、窓に近づいても寒くありません。

もちろんカーテンの下から、冷たい風が流れ出てくるくることも無くなりました。

窓・断熱カーテン

断熱カーテンの使い心地は?

ストーブを付けているので、どれぐらい効果があったのか具体的な数値は分かりません。

でも、感覚的には部屋が2〜3℃暖かくなった気がします。

またこの断熱カーテンは透明タイプなので、採光は今までどおり。断熱カーテンを付けっ放しにしても邪魔にならないので、年中付けておくことが出来ます。

また、断熱カーテンを付けてからは、結露が減りました。

ただし環境によっては、この断熱カーテンが結露してしまい、直接床の上に水が垂れてしまうケースがあるようです。

断熱カーテンを付けた後は、しばらく様子を見てください。

断熱カーテンと断熱ボードの併用

うちではよく、寒さ対策と結露対策を兼ねて、断熱カーテンの中にさらに断熱ボード入れて使っていたりします。

2つとも使うことで、結露がかなり防げるようになりました。

断熱ボードを利用した窓の結露対策は、以下の記事に詳しく書いていますので、参考にしてください。

窓の結露対策に良かった簡単な3つの方法!寝る前にやるべきことも紹介

2017年12月5日

次は、窓の寒さ対策にプチプチを試してみた感想です。

窓の寒さ対策にプチプチを試してみた

窓の防寒

窓の寒さ対策にプチプチが効くというので、さっそく貼り付けて試してみました。

窓ガラスに貼ってみると、確かにガラス部分は寒くなくなった気がします。

しかし、窓のサッシ部分からの隙間風は防げていないので、窓際がヒンヤリする感じはそのまま。

そこで最初は窓ガラスに貼っていたプチプチを、窓枠のサッシ部分も塞がるように養生テープで貼りつけました。

こうすると、サッシの隙間からの吹き込みも防げます。

ただし、この方法だと窓を開けられません。この方法は開ける必要のない窓、限定ですね。(^_^;)

このようなデメリットはあるものの、プチプチで窓を防寒できるのは、安上がりでオススメ。

また、結露もそれなりに防げているというメリットもあるかなと。

断熱ボードや断熱カーテンと併用すると、プチプチの効果も増しますよ。

まとめ

窓の寒さ対策には、断熱ボード、断熱カーテン、プチプチがそれぞれ効果的でした。

中でも一番手っ取り早いのが断熱ボード。これは窓の下半分に断熱ボードを置くだけなのに、思ったよりも効果的です。

そして断熱カーテンは、断熱ボードを上回る防寒対策。しっかり取り付けると、窓からの冷気がかなり減少します。

プチプチは、安上がりなわりに効果あり。寒さだけではなく、結露を減らせる点がいいですね。

断熱ボード、断熱カーテン、プチプチは、3つとも併用して使うことができます。

うちの環境では、断熱ボード+断熱カーテンで十分暖かくなり、プチプチを貼ることで結露を減らしました。

窓からの寒さと結露を少しでも減らしたい人は、ぜひ試してみてください。

<参考文献>
資源エネルギー庁「日本の住宅の約4割が無断熱状態

以下の記事もオススメです。

≫ 部屋が寒いときの対策!窓や床、暖房を見直したら快適になった

≫ 冬に部屋で足元が寒い原因と対策!温めるには?

≫ 廊下の寒さ対策!玄関や床からの冷気を防いで、妊婦や子供に優しく

≫ 窓の結露対策に良かった簡単な3つの方法!寝る前にやるべきことも紹介

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です