廊下の寒さ対策!玄関や床からの冷気を防いで、妊婦や子供に優しく

廊下

冬になると廊下が寒すぎて苦痛です。

外の方が暖かいんじゃないかって思うほど寒いです。

小さい子供と妊婦がいるので、流石にこれはまずいだろうと思い、廊下の寒さ対策を徹底しました。

貸家なので、どれも簡易的な方法です。

スポンサーリンク

廊下の寒さ対策に、玄関からの冷気を防ぐ

廊下

廊下の寒さ対策で一番重要なのは、なんといっても玄関からの冷気を防ぐこと。

それには廊下と玄関の間にカーテンを吊して、仕切ってしまうのが効果的です。

うちは1歳半の子供がいるので、カーテンを吊るすのに突っ張り棒を使うのは、危ないかなと思いました。

天井が結構高く2mぐらいあるので、重い突っ張り棒が落ちてきたら怪我しそうです。

そこで子供が引っ張っても大丈夫なように、“つっぱりカーテンポール”という突っ張り棒が縦に付いた、間仕切り用のアイテムを買いました。

この“つっぱりカーテンポール”は、突っ張り棒が縦についていて、床と天井でポールを固定します。それに横向きのポールが付いていて、好きな高さでカーテンを吊るすことが出来るわけです。

廊下

うちではこの“つっぱりカーテンポール”に、断熱カーテンを2重にかけて玄関からの冷気を防いでいます。

カーテンを開け閉めして通り抜けもしますので、カーテンのフチに100均で買った強力な磁石を貼り付けて、ポールとの隙間も塞がるようにしました。

しかし玄関から隙間風が拭いているのか、断熱カーテンが帆を張ったように膨らみます。

できればアコーディオンカーテンや、遮光カーテンを吊した方が、重みもあって使いやすいと思いました。うちは賃貸ということもあって、このぐらい簡易的な対応でよいかなと思ってます。

あと、“つっぱりカーテンポール”の上の方に、構造上どうしても隙間ができてしまいます。そこには取り敢えず100均のアルミシートを貼って防ぐことにしました。ただ見た目がちょっと・・・。

廊下

 

わりと廊下が長いので、“つっぱりカーテンポール”をもう一つ買って、よく使う空間だけを区切っています。おかげでその空間はとても暖かく使えていますよ。

最後にデメリットなんですが、見た目があんまり良くありません。お客さんが来なければ問題ないでしょうが、もし頻繁に来るようでしたらもう少しよいカーテンを吊したり、工夫したほうが良さそうです。

玄関からの冷気を防ぐことができたら、次は床から来る寒さへの対策です。

スポンサーリンク

廊下の床が寒い場合の対策

廊下

廊下を歩くと足の裏が痛くなるほど床が冷たいです。

築40年の廊下は、断熱材なんて当然入ってなくて、コンクリートと板だけで作られた床はキンキンに冷えていてます。

この床からの底冷えを防ぐには、ジョイントマットを使うのが最善です。小さい子供のいるうちであれば、リビングなどに敷き詰めて使っていると思います。

ジョイントマットはウレタンで出来ているので、断熱性に優れています。

ジョイントマットはネットでも安く買えますが、おすすめはダイソー。1cmの厚みがあるジョイントマットが2枚セットで100円と、恐らく最安値で売られてます。

ジョイントマット

もっと安く済ませたい場合は、アルミシート+絨毯という手もあるらしいのですが、そちらは試していません。

ジョイントマットは一度使うと、二度と引き剥がせ無くなるほど防寒に優れています。これを強いてからは、床からの冷たさが全く伝わってきません。ジョイントマットの上だけを歩く様になりました。

寒いと体力を消耗するし、寒い事自体がストレスになります。体力を温存しストレスを避けてもらたい妊婦には、寒すぎる環境は良くありません。

妊婦とはいえ洗濯物をしたり掃除をしたりなど、家事はいつも通りしますので、なるべく身体を冷やさないでいて欲しいですね。

このようにメリットの多いジョイントマットですが、やはり見た目はイマイチです。もし気になるようであれば、木目調などデザインに優れたものを選んでください。

これで床から伝わる冷たさも防ぐことができました。しかし寒さを防ぐだけでなく、廊下そのものを暖かくしたいのなら、最後はストーブを入れるしかありません。

廊下が寒いので暖房を入れる

廊下

廊下の寒さ対策をいくら頑張っても、暖かくなるわけではありませんね。

もし廊下を暖かくしたいのなら、暖房器具をいれるしかありません。

そこで廊下に石油ストーブを入れることにしました。

廊下でストーブなんて勿体ないと思いますが、妊娠中は特別な期間です。妊婦が身体を冷やしていると、むしろこっち気になって仕方ありません。

石油ファンヒーターを13℃ぐらいに設定して使っています。これぐらいの温度であれば、思ったよりは石油を消費しませんでした。

おすすめはダイニチの石油ファンヒーター。最低温度を12℃以下にもできたり、ecoや待機モードがあります。点火もとても早くて、すぐに暖まりますよ。

ところで、もし廊下に窓がついている場合は、しっかり防寒対策をしておきましょう。窓からは部屋の58%の熱が逃げていくそうです。

窓の寒さ対策については、以下の記事を参考にしてください。

窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

2017.12.06

その他、ドアの隙間には隙間テープを貼るといい感じです。

隙間テープは両面テープで貼るので、後で剥がれ難くなって大変かなと思っていたんですが、案外スルッと剥がれます。ですので後のことは気にせず使えますよ。

まとめ

廊下の寒さ対策は、玄関からの冷気を防ぐことが大切です。

そのためには、カーテンを吊して空間を区切ってしまうのがオススメ。そして子供がいるなら、普通の突っ張り棒より、縦に突っ張り棒がある間仕切り用の製品が安心です。

床の寒さはジョイントマットを敷くことでほとんど無くなります。ウレタンマットは断熱性に優れ、床の冷たさを伝えません。

最後に石油ストーブをつければ、燃費はかかりますが廊下に出るのが苦痛でなくなります。石油台は掛かりますが、付けて良かったと思ってます。

春が待ち遠しいですね。ほんと寒いのは苦手です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です