冬に部屋で足元が寒い原因と対策!温めるには?

足元

冬になると、暖房をつけているのに足元が寒いってことありますよね。

上半身は暖かくても、足元が寒いから、結局寒い。。

でもこれは、ちゃんと対策をすることで防げます。

冬に部屋で足元が寒い原因と対策、暖かくする方法について書いてます。

スポンサーリンク

冬に部屋で足元が寒い原因

まずは部屋の中にいるのに、足元が寒くなる原因について見ていきましょう。

冷たい空気は下にたまる

基本的なことですが、冷たい空気は下に溜まります。

暖かい空気はその逆で上へ。

ですから、部屋を暖めると、自然と足元は寒くなるわけです。

コールドドラフト

コールドドラフトといわれる、空気の流れも原因の1つ。

冷たい窓に触れた空気は、冷えて下降気流となり足元に流れ込みます。

窓際に近づくと特に足元が寒く感じるのは、コールドドラフトのため。

床からの直接的な冷え込み

床から伝わる直接的な冷えもあります。

床暖とかあるお家であれば、そんなことも起きないんでしょうけど。

築年数のたった古いお家だと、床はかなり冷たくなりますね。

というわけでまとめると、足元が寒い原因は3つ。

<冬に足元が寒くなる原因>

  • 冷たい空気は下にたまる
  • コールドドラフト
  • 床からの冷たさ

この3つを解決すれば、足元の寒さもなくなるわけです。

スポンサーリンク

冬に部屋で足元が寒いときの対策

部屋の空気を循環させる

冷たい空気が下に溜まり、温かい空気が上に溜まるのであれば、空気を循環させれば良いわけです。

そこで一番簡単なのは、サーキュレーターや扇風機を使って空気を循環させること。どちらも“弱”で使えば、電気代は1時間0.5〜1円ぐらい(1kWH27円の場合)。

あるいは、気化式やハイブリッド式の加湿器もオススメです。吹き出口からわりと勢いよく空気が吹き出るので、循環させる効果もあると思います。

それに部屋を暖めるには、加湿することも重要ですから。

暖房器具にエアコンを使っている場合は、風向きを真下にして空気が循環するようにすると、いくらか効果があるかもしれません。

窓からのコールドドラフトを防ぐ

窓

 

窓からのコールドドラフトは、簡単に防ぐことができます。

なんといっても、窓の下の方に板を立てかけるだけでOKですから。簡単なわりには効果が高く、やらない手はないと思いますよ。

窓に立てかける板に関しては、専用の発泡ボードも売ってます。でも、100均で売ってる発泡ボードでも代わりになるので、探してみてください。

窓に板を立てかけると、窓際に近寄って寒くないし、足元の冷え込みもかなり軽減されます。

また、窓からの隙間風を防ぐ効果もあるし、窓の結露も減るので、やらなきゃ損かなと。

窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

2017.12.06

石油ファンヒーターを使っている場合は、窓際に設置するというのも手。こうすることで、石油ファンヒーターが冷たい空気を吸い込んでくれますよ。

床からの冷えを防ぐ

ジョイントマット

床からの直接的な冷えを防ぐには、ジョイントマットが便利。

子供のいる家庭では、当たり前に使ってると思いますが。

ジョイントマットはウレタン製で、厚みも1cmぐらいあります。これを床に敷くと、冬場でも床に寝転べたりしますよ。

問題点があるとすれば、永遠に敷きっぱなしになるってことですかね。あとはジョイントマットの隙間に溜まるゴミ掃除が面倒。

次は、冬に足元を温めたい場合について。

冬に足元を温めるには?

足元の寒さを防ぐだけじゃ物足りない。

もっと積極的に足元を温めたい!

という人には、次のようなグッズがオススメです。

足先ヒーター

足先だけをスッポリ包み込むドーム型の足元ヒーター。

職場で同僚が使っていたんですが、これ凄く良いですよ。

もともと足をスッポリ包むような温め方は、蒸れるの嫌でした。でもこれはドーム型だし、隙間があるので足が蒸れません。職場の場合は、サッと動きやすいのもメリット。

気になる電気代は、130Wなので1時間3〜4円(1kWH27円の場合)ぐらい。これなら気になりませんね。

足元こたつ

足元専用の本格的なミニコタツ。

自宅で使う分には、こちらのが方が暖かそうですね。家族で使えそうなところも良いところ。

個人的には、こたつに入ると眠くなってしまうんですが、これなら足先だけだから大丈夫そう。

電気代も100Wなので、1時間2〜3円(1kWH27円の場合)ぐらい。

電気ひざ掛け

電気でぬくぬくと温かいひざ掛け。

うちの嫁は朝早く起きて仕事してるんですが、これを愛用してます。

どのメーカーのものでも、電気代はたいてい1時間0.5〜1円なので、好きなだけ使えるも良いところ。

ポカポカで眠くなってしまうのが弱点ですけどね。

まとめ

冬場、部屋で足元が寒い原因と対策について書きました。

足元が寒くなる主な原因は、主に以下の3つ。

  • 冷たい空気は下に溜まる
  • コールドドラフト
  • 床からの冷たさ

この対策のために、次のような手段を紹介しました。

  • サーキュレーター
  • 窓への衝立
  • ジョイントマット

中でも窓への衝立は、とても簡単なのにすごく効果を感じることができます。ぜひ試してみてください。また、ジョイントマットも安い割に効果が高いので良いですよ。

足元を温めたい人には、足元用の暖房製品がオススメ。どれも電気代はたいしたことありません。むしろ、使ったほうが暖房費の節約になって良いかもしれないですよ。

その他、部屋の防寒対策については以下の記事もオススメです。

部屋が寒いときの対策!窓や床、暖房を見直したら快適になった

2017.12.13

窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

2017.12.06
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です