Amazonサイバーマンデー開催中♪年に1度のBigSale! ≫

イネ科の花粉症が注意すべき食べ物!小麦やお米は大丈夫?

食べ物花粉症

春が過ぎると、イネ科の花粉の出番です。

私はイネも反応するので、この時期は辛くて。

ところで、イネ科の花粉症の人が注意すべき食べ物を知ってますか?

人によってはアレルギー反応するみたいなので、覚えておいて損はないと思いますよ。

スポンサーリンク

イネ科の花粉症が注意すべき食べ物

花粉症の人の何割かは、特定の食べ物を食べるとアレルギー反応を起こします。

もちろんこれは、イネ科の花粉症の人にも当てはまります。

食べ物でアレルギー?

このアレルギーのことを、口腔アレルギー症候群と言うそうです。

特定の食べ物を食べたときに、5〜15分ぐらいで口の中や唇に痺れや違和感を感じるそうですよ。

よくある症状
  • のどがグッとなる
  • のどの痒みやイガイガ
  • 口のまわりがピリピリ
  • 口のまわりが腫れる

人によっては蕁麻疹や呼吸困難、アナフィラキシーショックを起こすこともあるとか。

ただし、加熱して調理すれば大丈夫なことが多いそうです。

いったい、どういった食べ物に気をつければ良いのでしょうか?

イネ科の花粉症が注意すべき食べ物

ずばり、イネ科の花粉症の人が注意すべき食べ物は以下。

イネ科の花粉が反応するもの

ウリ科:メロン、スイカ
ナス科:トマト、ジャガイモ
マタタビ科:キウイフルーツ
ミカン科:オレンジ
マメ科:ピーナッツ

※参考文献より

ここに並べた食べ物は、すべてイネ科の花粉症との関係が証明されているものだけ。

人によっては、これ以外の食品にも反応することがあります。

<参考文献>
食物アレルギー診療ガイドライン2016ダイジェスト版

最近では花粉症の低年齢化が進んでいて、それに合わせて口腔アレルギー症候群が出る人も増えているそうです。

イネ科の花粉が飛んでいる時期に出やすいそうなので、食べるときに注意してみてください。

ただしあまり過敏になると、勘違いする可能性があります。

症状が出る人の割合は、多くないというのも覚えておきましょう。

実際、私の家族や周りの人で、このアレルギー反応のある人はいません。

次は主食にもなる小麦粉について。

スポンサーリンク

イネ科の花粉症は小麦に注意

イネ科の花粉症の人が、小麦製品を食べると強いアレルギー症状を起こすことがあります。

特に花粉症の症状が出ているときや、小麦製品を食べて消化したぐらいに花粉の多いところに行くと出やすいとのこと。

小麦製品っていったら、パンやケーキ、天ぷら、ラーメンなど美味しいものばかり。もしアレルギー症状が出るようなら、食べられないってことですよ。

これは辛すぎますね。^^;

あとイネ科の油をつかった、米油やコーン油、それを使った加工品も気を付けたほうが良いらしいです。

でも幸いなことに、そういった事例を私の身の周りでは聞いたことがありません。ですのでそんなに多くはないのかなとも思ってます。

次は、もう一つの主食であるお米に関しても確認しておきましょう。

イネ科の花粉症はお米にも注意?

イネ科の花粉症なら、お米もダメそうな気がしますよね。

でもお米は大丈夫みたいなんです。

というか、そんなこと気にせず食べてきましたよね。(^_^;)

これはどうやら花粉症の原因となっているイネ科の牧草と、お米になる稲が、植物学的に近くない存在だというのが理由みたいです。

田んぼに生えている稲の花粉は、あまり影響していないのかもしれません。

そもそも稲の花粉が飛ぶのは、夏のほんの一時なんです。

そんなわけでお米は、口腔アレルギー症候群にあまり関係なさそうです。

ただし、まれにお米でアレルギーを起こす人もいるとのこと。ゼロというわけではないんですね。

あとがき

イネ科の花粉症の人が注意すべき食べ物をまとめました。

なかでもショッキングなのは小麦。小麦の症状がでたら生活が大変そうです。

アレルギーの症状が酷くなるのは、だいたい体調が悪かったり、疲れやストレスが溜まったとき。

日頃から体調に気をつけていれば、そういったリスクも回避できるのかなと思います。

その他、花粉症の悩みについては、以下にまとめています。

→花粉症の悩みと対策まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました