花粉が多く飛ぶ時間帯は?多く飛ぶ条件や、多い場所も紹介

スギ花粉

外に出るときは、花粉が多く飛ぶ時間帯だけは避けたいですね。

花粉が多く飛ぶ時間帯と、多く飛ぶ条件、多い場所について紹介します。

スポンサーリンク

花粉が多く飛ぶ時間帯は?

まずは以下のグラフを見てください。

この環境省のグラフによると、花粉が飛ぶ時間は9時〜21時。そして最も花粉が飛んでいる時間は、12時と18時というのが分かります。

でもこれだけだと参考データとして足りないので、もう少し別のデータも見てみましょう。

こちらは愛媛県大洲市で観測したデータとグラフ。観測日は2018年2月19日〜20日となっています。

このグラフでは、花粉が飛んでいるのは11時〜21時。飛散のピークは、13時、15時〜16時、19時となっています。

さらに別のデータも見てみましょう。

こちらは環境省の花粉観測システム「はなこさん」のデータを元にしたグラフ。2018年2月15日〜19日の東京都小平井市のデータを参考にしました。

これによると花粉が飛ぶ時間は、だいたい8時〜21時。飛散のピークは15時と18時になります。

ここまでのデータをまとめると、花粉が飛ぶ時間は、日によって違うけどだいたい8時〜21時。花粉の飛散のピークとなる時間帯は以下となります。

花粉が多く飛散する時間帯

  • 12時
  • 15時
  • 18時

今までのグラフを見ると、どうやらピークとなる時間帯は、おおまかに1日2回あるようですね。1回目のピークはバラバラですが、2回目は18時になることが多いようです。

ただ、ここでピックアップしたデータは、あくまでほんの一部。実際には気温や天候の影響で、花粉の飛散する時間は大きく違ってきます。

実際、夜中に多く飛散している日もあるので、このデータだけで判断すると、視野が狭くなります。

そこで花粉が多く飛ぶ条件を押さえて、ある程度自分で予測できるようになりましょう。

スポンサーリンク

花粉が多く飛ぶ条件

花粉は風が強いと多く飛ぶ

花粉の落下速度は、1秒間に約3cm。

無風なら、そのまま地面に落ちるはずです。

しかし実際には、花粉は地面に落ちるまえに風に吹かれて飛んでいき、それが上昇気流に乗ることで遠くまで運ばれていきます。

花粉が運ばれる距離は、なんと最大300km。300kmというと東京〜名古屋ぐらい。

つまり都市部に住んでいても、はるか遠くから花粉が飛んできます。身近に森や林があるかないかは、あまり関係ないんですね。

風の強い日は、花粉が飛ぶ距離も、飛ぶ量も多くなるわけで要注意です。

花粉は湿度が低いと多く飛ぶ

花粉は湿度が低いと多く飛びます。

逆に湿度が高いと飛散しません。その理由はシンプルで、湿度が高いと花粉が湿気て重くなって落ちるから。

そしてここが大事なんですが、気温が高いと湿度は低くなります。

気温と湿度の関係

  • 気温が高い→湿度は低い
  • 気温が低い→湿度は高い

必ずしも、気温が高い=湿度が低いってことではありませんが、たいていそう考えれば当たっていると思います。

これは、私達が普段使っている「湿度」というものが、じつは相対的なものであることが関係しています。

気温が高いと、 空気が含むことの出来る水蒸気量が増えます。すると、相対的に湿度って下がるんです。

だから日中、気温が上がってきて湿度が低くなると、花粉が飛び始めるわけですね。逆に夜は気温が下がるので、花粉は飛ばないわけです。

というわけで、気温が高くなると湿度は低くなって、花粉が飛びやすくなるので注意しましょう。

花粉は雨の日の翌日に多い?

花粉は雨の日の翌日に多いっていわれますが、これには2つの理由があります。

1つは雨の降った日には、スギやヒノキの雄花が開かず、その分溜め込むから。溜め込んだ分が後から、放出されるということです。

もう1つは、雨に濡れて破裂した花粉が、アスファルトやコンクリートに舞い散り、それが晴れの日に舞い上がるから。

花粉は濡れると破裂し、花粉の周りに付いてるアレルゲンと、花粉の内部に入っていたアレルゲンが飛び出し、より細かい粒子となります。

だからよけい吸い込みやすくなるんですね。

花粉が多く飛ぶ条件をまとめると、以下になります。

花粉が多く飛ぶ条件

  • 風が強い
  • 湿度が低い→気温が高い
  • 雨の日の翌日

次は、花粉の多い場所を把握しておきましょう。

花粉の多い場所

まず、当然ですけど森や林、雑草の生い茂ったところの近く。

そよ風がちょっと吹くだけでも、花粉が大量に降り注ぎます。

ただ、都心に住んでいる分には、そういったところには近づきませんね。

かわりに気を付けたいのが、コンクリートやアスファルトの上。コンクリートやアスファルトの上では、花粉は地面に吸着されません。

だから風が吹いたり、車が通ったりすると、地面から花粉が舞い上がるわけです。

しかも地面に落ちた花粉は、踏まれたり雨に濡れたりで、粒子が細かくなっている可能性が高い。細かい粒子は吸い込みやすいですね。

まとめ

花粉が多く飛ぶ時間帯と、多く飛ぶ条件、多い場所について紹介しました。

花粉が多く飛散する時間帯

  • 12時
  • 15時
  • 18時

しかし、日によって花粉が飛散する時間は違ってくるので、上で紹介した時間帯が必ずしも当てはまるわけではありません。

あくまで参考程度にしておき、あとは花粉が飛ぶ条件を押さえて、その日の天候に合わせて判断しましょう。

花粉が飛ぶ条件

  • 風が強い
  • 湿度が低い→気温が高い
  • 雨の日の翌日

最後に花粉が多く飛散する場所として、コンクリートやアスファルトの上があります。これは一度落ちた花粉が、風邪や車に舞い上げられれて、再び飛ぶと考えられるから。

こういったことに注意して、少しでも花粉を吸い込まないようにしまよう。

いっぱい吸い込むと、寝ているときとか、後が大変ですもんね。

ほんとこの季節は、労働意欲が失せます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です