イギリス・イングランド・UKの違いが分かる!歴史を絡めてスコットランド・ウェールズ・北アイルランドも解説

イギリス・イングランド・UKの違いって何でしょうか?

違いが分かると国際ニュースやスポーツを見たときに、おっと思うことがあります。

せっかくですので、関連しているスコットランド・ウェールズ・北アイルランドにも触れたいと思います。

まずはイギリスについてです。

スポンサーリンク

イギリスって呼ぶのは日本だけ

知っている人も多いと思いますが、イギリスと呼んでるのは日本だけなんですね。

このイギリスという言葉がどこから来たかと言えば、ポルトガル語の「inglez」が語源だと言われています。発音は「イングレス」で、これが変化してイギリスとなり、江戸時代から使われていたという説が一般的です。

ちなみに「inglez」とはポルトガル語で“イギリス人の”という意味なので、“イギリス”と言いたければ「inglaterra(イングラテッハ)」と言います。

それとは別にオランダ語の「Engelsch」という言葉を語源とする、「エゲレス」という言葉も流行りました。幕末の時代小説などを読んでいると、「エゲレス」という言葉が良く出てきます。もしかしたら「エゲレス」が変化したのかもしれませんね。

それ以外に中国で使われていた、やはりポルトガル語が元になっている「英国(イングオ)」という言葉があり、この言葉が日本に輸入されてイギリスになったという説もあります。

ちょっとややこしいのですが、イギリスを表す漢字については、中国語の“英吉利”という英語を意味する言葉を輸入したみたいです。これを短くして“英国”になったという説がありますが、中国語でもイギリスのことを“英国”と書きますので、もしかしたら発音も漢字もそのまま輸入したのかもしれません。

とにかくイギリスと呼ぶのは日本だけということが分かったので、次はUKを見てみましょう。

スポンサーリンク

UKとは

UKとはUnited Kingdomの略ですね。

実は元になっているUnited Kingdomも略称で、正式にはthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland。日本語にすると、グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国になります。

ただ、北アイルランドと連合する前のグレートブリテン王国時代もUKという略称だったので、もしかしたらその名残かもしれません。

正式名称から分かる通りUKは連合王国です。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという国から構成されています。そしてこれらの国は必ずしも仲が良いわけではありません。そのあたりは歴史的な経緯が在りますので、後ほど紹介したいと思います。

イギリス=UKであることが分かりました。ここでちょっと、連合王国の象徴であるイギリスの国旗を確認しておきましょう。

ユニオン・ジャック(連合王国旗)

イギリスの国旗と言えば、有名なユニオン・ジャックです。この名前を知らなくてもイギリスの国旗はイメージできますよね。ユニオン・ジャックとは、“舟の国籍を表す旗”のことだと誤解している人が、私を含め大勢いると思うので注意です。

このユニオン・ジャックは、イングランドの国旗とスコットランドの国旗、北アイルランドの有力諸侯の旗を組み合わせて造られています。

そしてユニオン・ジャックはよく見ると左右対称ではありません。アイルランドの国旗を表す赤いペケが、反時計回りの方向にややズレています。これはカウンターチェンジという手法で、これによって不公平感をなくしているのだとか。

ま、ウェールズは入って無いんですけどね。(汗)

ウェールズだけはイングランドへの服属が進んでいたため、その国旗は組み込まれませんでした。ウェールズの旗は、赤い竜が描かれた厨二な国旗で一番カッコイイ良いんですが。

ウェールズの国旗

これについてはちょっと面白い話があって、このウェールズの国旗に絡んで、2ちゃんねらーがイギリス大手新聞サイトで大活躍しました。英国労働党の議員が「ウェールズの国旗も取り入れるべきだ」と提案し、そこからイギリスの大手新聞サイトが、イギリスの新国旗のアイディアを募集したのですが、そこにまさかの2ちゃんねらーからの作品群が。そしてそれらが新聞に載ってしまうという。

この作品はThe Telegraphというイギリスの大手新聞サイトに掲載されています。このドラゴンに乗っているのは「ゼロの使い魔」の魔法使いキャラ「ルイズ」だとか。

そして読者投票で2位らしい(笑)
これでまた日本のイメージがおかしくなったな。

 

 

話が随分それましたが、このように4つの国の連合で出来ているイギリス。それではその中で一番面積の大きいイングランドから見てみましょう。

イングランドとは

イングランドは先にも紹介した通り、イギリスを構成する国の1つです。グレートブリテン島の南半分を専有し、人口もイギリスの80%以上を占めてます。

イングランドという呼び名はアングル人の土地を意味する「Engla-land」に由来しています。このアングル人というのは、サクソン人と並んでゲルマン民族の一種なんですね。

ちなみにイングランドに元から住んでいたのは、ケルト系のブリトン人でした。しかしアングル人とサクソン人が、ブリテン島に押し寄せたときに支配されてしまいます。

そしてこのアングル人とサクソン人がイングランドで同化していって、誰しも聞いたこのあるアングロ・サクソン人ができるワケです。この同化する原因になったのが、漫画「ヴィンランド・サーガ」にも出てくるクヌート王によるブリテン島の征服です。イングランドはデーン人に征服されていた期間があるんですね。

ざっくり分ければ、イングランドはアングロ・サクソン人(ゲルマン民族)の国で、ウェールズ・スコットランド・北アイルランドはケルト民族の国といえます。

FIFAワールドカップでは“イングランド”をよく見るけど?

イングランドといえば、個人的にはベッカムを思い浮かべます。FIFAワールドカップで活躍したベッカムと、白地に赤十字の旗をよく覚えています。あのベッカムの出身は、このイングランドのプレミアリーグなんですね。

そして私も知らなかったのですが、実はFIFAワールドカップに“イギリス代表”は参加していません。その代わりに、イングランド、スコットランド、北アイルランドの代表が別々に出場しています。ウェールズはイングランドに含まれているみたいですが、スコットランド、北アイルランドにはそれぞれ別にリーグが存在してます。

近代サッカーのルールはイギリスから生まれ、そして世界へと広がりました。それだけにサッカー界に絶大な影響力を持っているイギリス。1904年設立のFIFAは、ワールドカップには各国1チームが参加するという方針を獲っていましたが、イギリスの各リーグはそれでは参加しないと言うので、FIFAは条件を変えて地域別の参加を許容したんですね。

実はラグビーでも同じことが起きていて、イギリスからはやはりイングランド、スコットランド、ウェールズの3チームが参加しています。しかもどこも強豪です。そんなわけでイギリスからは、サッカーとラグビーの国際試合には3チームが参加しています。

イングランドが何か分かったので、お次はイングランドのお隣に位置するウェールズを、ついでに見ていきたいと思います。

ウェールズとは

ウェールズは厨二発祥の地ともいえるぐらいファンタスティックな国です。イギリス行くなら絶対ウェールズに行きたい!

日本の四国と同じぐらいの面積と人口で、お城が600以上もあり単位面積あたりの城の密度は世界一。城塞やらメルヘンチックな城などが散在していて、お城好きにはたまらない土地です。山や湖が多い自然豊かな景観で、国立公園も多いのが特徴。

ウェールズの人たちとてもロマンチックで、伝説や民話には魔法や妖精、ドラゴン、吟遊詩人などが登場します。また、ケルト民族の司祭であるドルイドを中心とする宗教があります。

ウェールズはスコットランドや北アイルランドとは違い、1536年の合同法から併合していたので、長らくイングランドの一部として扱われてきました。イギリスの旗にウェールズが含まれていないのはそのような事情みたいです。

アーサー王伝説が残る土地

ウェールズにサクソン人が押し寄せたときに、地元のブリトン人を率いてサクソン人を撃退したと伝えられるのが、あの有名なアーサー王と円卓の騎士です。アーサー王伝説とはウェールズに受け継がれていた伝説なんですね。アーサー王が実在したかどうかについては、いまでも議論中みたいです。

ですのでアングロ・サクソン系のイングランド人にとっては、エクスカリバーとかランスロットで退治された歴史になるわけです。イギリス=アーサー王伝説と思っていると、ちょっと違うかもしれません。

お次はイングランドの北部に位置するスコットランドです。

スコットランドとは

By Peeperman – This file was derived from British Isles United Kingdom.svg: , CC BY-SA 3.0, Link

スコットランドも世界的に有名なものが多い国ですね。

ゴルフ発祥の地としても有名で、セント・アンドリューズという土地は、ゴルフの聖地となっています。

メル・ギブソン主演監督の「ブレイブハート」を見た人も多いと思います。実在のスコットランドの英雄ウィリアム・ウォレスを描いたもので、彼によりスコットランドの抵抗運動が組織化され、それがスコットランド王国につながっていきます。

スコットランド王国は1707年の合同法によりイングランド王国と併合するまで続きます。スコットランドの歴史は長くイングランドとの争いの歴史でもあり、しばしば征服されたり抑圧されてきました。スコットランドの歴史を知るほど、イングランドへの長年の恨みが貯まってそうな感じがします。

スコットランドといえばスカートの兵隊さん

スコットランドと言えば、キルト(スカート)を履いた兵隊さんが、バブパイプを吹いて行進するのが有名ですね。もともとはスコットランドの一地方ハイランドの男性衣装でした。

ちなみにスカートの下は、本来はすっぽんぽんが正装のようです。このキルトやバグパイプは、一時期ジャコバイトの反乱のあとで禁止されたりしました。今では復活してますが。

最近ではイギリスのEU離脱をうけて、スコットランド独立の気運も高まってきていますね。スコットランドが抜けたらイギリスの国旗がどうなってしまうのか心配です。

最期に北アイルランドを見ておきましょう。

北アイルランドとは

北アイルランドは地図をみると分かる通り、アイルランド島の北の一部です。

いかにも問題ありな分割状態ですよね。やっぱり問題が起きていて、アイルランド独立戦争を経て、1997年までIRA(アイルランド共和軍)が、北アイルランドの独立を目的として武装活動をしていました。

ではアイルランドと北アイルランドは仲が悪いのかというと、そういうことではないらしく、ラグビーでは、北アイルランドはアイルランドと合同して参加しています。そこは合同するんだw

イギリス人は自分達のこと何ていうの?

知れば知るほど、結構バラバラなイギリス。そんなイギリス人達は自分達のことをなんと呼んでいるのでしょうか?またなんて呼んだらいんでしょうか。

British

イギリス人と呼ぶときに使います。相手の出身がどこだか分からないときは、これを使えばOK。細かく言えば北アイルランドは、グレート・ブリテン島からはみ出してるだろって気もするけど、これでOKみたいです。

English

イングランド人を呼ぶときに使います。イギリス人という意味でも使えるけど、イングランド以外の人が嫌がるので、その意味では使わないのが無難。

Scottish

スコットランド人を呼ぶとき使います。

Welsh

ウェールズ人を呼ぶときに使います。

Northern-Irish

北アイルランド出身の人を呼ぶときに使います。海外のブログや掲示板をみると、北アイルランドって知名度低いから、Britishでも差し支えないと言っている人もいました。

まとめ

イギリス・イングランド・UKの違いをまとめてみました。

イギリス人に話しかけるときは、出身がどこなのかに十分注意してお話すると、仲良くなれるのではないでしょうか。そもそも英語ガーって問題は別として。

またサッカーやラグビーを観ているときに、イングランドやスコットランド、ウェールズ、北アイルランドを見掛けても、「あぁそういえば」と納得して見れるんじゃないかと思います。私はイングランドが出ていることに、今まで何も違和感を持たずに観てしまっていたけど。。

ついでに書いてみたスコットランド・ウェールズ・北アイルランドですが、調べてみるとどこも素敵な土地です。特にウェールズは厨二的にずば抜けていて素敵ですね。

スポンサーリンク