ロシアの宇宙船ソユーズに日本人宇宙飛行士が乗れるのはなぜか?

日本人宇宙飛行士が活躍するニュースを、よく見かける様になりました。

日本人初の宇宙飛行士がでたときは、日本中が大騒ぎだったのを覚えてます。
子供だったので、気にしなかったけど。(^_^;)

最近また、新しい宇宙飛行士が決まったニュースをみて、ふと疑問が湧きます。
なんで日本人の宇宙飛行士が、ロシアの宇宙船ソユーズに乗れるんでしょうか?

そんな疑問をもったので調べてみました。

スポンサーリンク

国際宇宙ステーション(ISS)に関する取り決めがある

日本人宇宙飛行士が、宇宙船ソユーズに乗って宇宙ステーション(ISS)に行けるのは、「ISS協力協定IGA」という取り決めがあるからなんですね。

この取り決めには、米国、欧州宇宙機関、カナダ、ロシア、日本を含む15ヶ国が参加しています。

宇宙にいける人数は、各国の出資比率によって決まっています。

出資比率の大きい米国、欧州、カナダ、日本は必ず宇宙に行けるような協定だったのですが、打ち上げの失敗などが重なって、人数が制限されるようになります。

各極の貢献割合
※ロシア除く
米 国:76.6%
日 本:12.8%
欧 州:8.3%
カナダ:2.3%

出典:JAXA「宇宙開発利用の今後の展望

2012年の段階ですが、西側諸国のなかで宇宙ステーションへの出資比率が12.8%を占める日本は、6人に1人ぐらいは自国民を送れるわけです。

ちなみにロシアは宇宙ステーションのコアと、宇宙船を提供しています。持ち出し分はロシアが負担しています。

ロシアの発言権がとても大きいので、ロシア人は常に宇宙ステーションにいける形になってるんですね。

宇宙ステーションの予算はなんと1,500億ドルです。
150兆円以上?

もー桁がでかすぎてよく分かりません。

国連と同じように日本はもっとせびられていると思ったんですが、そうでもないですね。
ほっとしました。(^_^;)

スポンサーリンク

なんでソユーズ?スペースシャトルで行かないの?

あれっ?スペースシャトルで行かないの?
ッて思いますよね。

宇宙飛行士といえば、スペースシャトルに乗っているイメージが強いです。

実はアメリカの予算の問題で、スペースシャトルは2011年に打ち止めになったんですね。
だから今はもう飛ばないわけです。

いま有人宇宙船を飛ばせるのはロシアだけなんですよ。

ロ、ロシア製?(^_^;)
と思うかもしれませんが、ロシアは年間50発も宇宙船を飛ばしている凄い国だったりするんですよ。

そういうわけでロシア製のソユーズ宇宙船でいくんですね。
ハラッショー!(*´ω`*)

(ロシア語で「すばらしい」の意味)

今まで何人ぐらいの日本人が宇宙にいったの?

いままでどれぐらいの日本人が宇宙にいったのでしょうか?

その数はたったの11人なんですね。

思ったより少ないですよね?

■宇宙飛行士リスト
・秋山豊寛
・毛利衛(2回)
・向井千秋(2回)
・若田光一(2回)
・土井隆雄(2回)
・野口聡一(2回)
・星出彰彦(2回)
・山崎直子
・古川聡
・油井亀美也
・大西卓哉

ちなみに2016年3月の時点で、各国の宇宙に行った人の人数は、アメリカは337人、ロシアが119人、ドイツが11人、フランスが9人、カナダが9人、中国が10人です。

アメリカとロシア以外は、横並びですね。

なんでドイツ、フランス、カナダ、中国と横並び?
って気がしますが、これからの日本に期待です。

まとめ

日本人飛行士がロシアの宇宙船ソユーズに乗船できるのは、

  • 国際協定があるから
  • スペースシャトルが退艦になったから

でした。

スペースシャトルが退艦している今現在は、ロシアの宇宙船ソユーズが、宇宙ステーションに人を運ぶ唯一の方法です。

そして日本が独自に作ったH-IIロケットは、各国のロケットの中で最大の輸送能力をもっています。

JAXAの予算が約2,200億円規模の中で、よくやったなぁと思います。
(NASAは2〜4兆円規模)

税金泥棒が多い中で、なぜこういう大事な事業に予算を避けないんですかね。(;´д`)トホホ…
ほんと疑問です。

参考文献

・JAXA:「これまでに宇宙に行った人は何人いるのですか
・日本ITU協会「宇宙開発利用の今後の展望

スポンサーリンク