パンドラの箱の意味と使い方。語源となったギリシャ神話をどこよりも詳しく!

「パンドラの箱」 という表現を、ニュース記事や雑誌、漫画などでたまに見掛けますよね。

使い方としては、

「パンドラの箱を開ける」
「パンドラの箱を開けてしまった」

なんていうのが多いと思います。

もともとはギリシャ神話から来ている表現なのですが、「パンドラの箱」の意味を全く知らない、もしくは意味は分かるけど語源を知らない、って人は結構いるんじゃないかと。

そこで「パンドラの箱」の意味と使い方、語源、歴史などをまとめてみました。ギリシャ神話をこよなく愛する私が、どこよりもオモシロ詳しく解説したいと思います。

まずは、「パンドラの箱」はどういう意味で使われるのか?どういう使い方をするのか?など基本的なところから見ていきましょう。

スポンサーリンク

「パンドラの箱」の意味と使い方

「パンドラの箱」の意味

pandora05

「パンドラの箱」とは、

・開けてはいけないもの
・開けると禍いをもたらすもの
・開けると結果がどうなるか分からないもの

という意味で使われます。

その意味からして、パンドラの箱とは不幸を呼び寄せるネガティブなものといえますね。

それでは、具体的にどのように使われているのか、実際の例を見てみましょう。

「パンドラの箱」の使い方

pandora04

国民投票はパンドラの箱 民主主義の「怪物」は日本人にも宿る

出典:iRONNA(産経新聞)

こちらはiRONNAという産経新聞オピニオンサイトの、とある記事のタイトル。ここで使われている「パンドラの箱」は、決して良い意味ではありません。

この記事は、イギリスがEUから脱退したことついて書いていて、民主主義による国民投票は国をトンデモナイ方向に導いてしまう危険性があるという主旨になっています。

つまりここでいう「国民投票はパンドラの箱」とは、”国民投票は国に禍を招くものでもある”とも読めますね。ただ最期には“希望”が残っているかもしれないので、まだ救いようはあるかも?

生前退位、困惑する男系維持派 「パンドラの箱があく」

出典:朝日新聞デジタル

こちらは朝日新聞デジタルの、とある記事のタイトルです。

この記事は、天皇陛下の生前退位という、かつてない例外を認めてしまえば、いずれ「天皇への即位辞退」という権利も生まれて、万世一系の系譜や国体へも影響が出てしまうのではないか?という危惧について書かれています。

ここでは「パンドラの箱」が、この先どうなってしまうのか分からなくなるという危惧を示していますね。

人民元の主要通貨入りで「パンドラの箱」を開いた中国

出典:MAG2NEWS(まぐまぐ)

まぐまぐニュースのタイトルです。

中国の人民元がIMF主要通貨の1つに加わったことで、中国は今までのように為替操作をすることが出来なくなりました(実際はしてますが)。

今後は為替を操作しない完全変動相場制に移行する必要があるのですが、これは経済が下向きになったときに、共産党による人為的なコントロールが行えず、人民元が大暴落して大きなインフレを起こす可能性があるとうことになりました。

中国の共産党というのは政権としての正当性(大義)がないので、人民を抑えつける手段は経済による成功か、軍隊による鎮圧ぐらいなんですね。経済がコントロール出来ずに崩壊すると、人民を抑えきれず共産党の一党支配が崩壊する可能性があるという話です。

その場合中国という国は、様々な民族で出来ていますし、今も民族浄化作戦を実施しているので、中国が崩壊する可能性もあります。

人民元がIMF主要通貨に加わったとは、そういった爆弾を背負い込んだという意味で、「パンドラの箱を開けた」と表現しているのですね。

このようにどのニュースサイトのタイトルをみても、何が飛び出るか分からない、開けると禍をもたらすかも、という意味で使われていることが分かりました。

「パンドラの箱」を資料や日記のタイトルに使ったら、キャッチーで目を引くかもしれませんね(^_^;)

「パンドラの箱」の意味と使い方を抑えた所でどうして「パンドラの箱」と呼ばれるようになったのか、その語源と歴史を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「パンドラの箱」の語源と歴史

ギリシャ神話のなかで語られている

worksofdays

「パンドラの箱」の語源は、ギリシャ神話にあります。

ギリシャ神話は、いくつかの叙事詩が組み合わさって出来たものです。「パンドラの箱」の話が書いてあるのは、その中の「仕事と日」という叙事詩なんですね。

ちょっと冴えない名前の叙事詩ですね(笑)。有名な「イリアス」とか「オデュッセイア」とかに比べると、なんかマイナー感たっぷりです。(^_^;)

「仕事の日」は、紀元前11〜15世紀に生まれた物語で、口伝で伝わったものを紀元前8〜7世紀頃にヘシオドスが編纂したとされています。相当昔から口伝で伝わっていた神話や伝説を、ヘシオドスがあるタイミングでまとめたもの、と思って貰えればいいんじゃないでしょうか。

ヘシオドスは「仕事の日」のなかで神話を引き合いに出しながら、人間は全知全能の神、ゼウスの正義を信じ、労働に励まねばならないことわりを語っています。・・・個人的にはギリシャ神話のゼウスほど信用出来ないものは無いと思うんですが(笑)

というわけでシオドスさんが面白おかしく語るために、ある程度ヘ創作が入っている可能性も捨て切れないわけですね。口伝で伝わるアイヌの伝説と、形態としては同じということです。

もう一つギリシャ神話の基礎知識として、覚えておいて貰いたいことがあります。それはこういった話が古代ローマ帝国に伝わったとき、ローマ人達が自分達の神と、ギリシャ神話の神を重ね合わせて同一視してしまったということです。そういった歴史を経ていますので、ギリシャ神話に出てくる神の名前は、ギリシャ語とラテン語の読みがあったりするワケです。

というわけで前置きが長くなっちゃいましたが、いよいよ「パンドラの箱」に関する神話について見てみましょう。

磔で鷲に喰われるプロメテウス

eagle001

パンドラの箱を語るには、プロメテウスという神を知る必要があります。なんといっても「パンドラの箱」が作られる原因にもなった神ですので、この神抜きにしては語れません。

プロメテウスはもともとゼウスと敵対するティタン神族(巨神族)だったのですが、先見の明があるプロメテウスは、ティタン戦争でゼウスが勝利することを見抜き、ゼウスに味方します。

しかしゼウスに心服していたわけではありません。また、人間への接しかたには関しては大きな違いがあり、ゼウスは人間に厳しく接しましたが、プロメテウスは人間に好意的でした。

あるときプロメテウスは、牛を神と人間の取り分に分けるという役を買ってでます。しかしこれはゼウスを欺いて、人間に利があるよう細工をするためでした。結果的にはゼウスの思惑通りになってしまうのですが、プロメテウスはこの行いで、ゼウスの怒りを大いに買います。

そして報復としてゼウスは人間の生活を過酷なものに変えました。人間は辛い労働をしなければ収穫が得られないように変えたのです。さらに大切な火を取り上げてしまいました。人間にとっては完全にとばっちりと言えますね(笑)

人間は困り果てていたのですが、見かねたプロメテウスが大茴香(おおういきょう|ナルテークス)という植物の茎を利用して火を隠し、天から火を盗み出して人間に与えてくれました。

ついにゼウスは激怒し、プロメテウスをカウカサス山に磔にします。プロメテウスは毎日、大鷲に肝臓を食べられるというドS過ぎる刑罰を受けます。プロメテウスは不死の神ですので、昼間食べられた肝臓は次の日にはもとに戻ります。この刑罰はヘラクレスが大鷲を射殺するまで、3万年続きました。

さらにゼウスは、人間には火を得た代償に女という災いを与えることにしました。こうしてゼウスはカラカラとお笑いになったそうです。女性が災いって、随分身勝手なストーリーですね(笑)。今らなら女性蔑視で訴えられるな・・・。

神々が協力して造った人間の女「パンドラ」

pandora02

ゼウスは神々に協力させて、人間の女「パンドラ」を造らせます。古代ギリシャ語で、パン=全ての、ドラ=贈り物を表し、“全ての神々からの贈り物”という意味があります。仕上げに、アルゴス殺しで有名なヘルメスという神に命じて、乙女の胸に偽りと甘き言葉・不実の性という性質を植え付けました。

ヘシオドスは、女性に何かトラウマがあったのでしょうか?(笑)実はヘシオドスはかなりの女嫌いだったらしいという話があります。

そしてゼウスはこのパンドラに、決して開けてはイケナイ(かめ)」を持たせ、プロメテウスの弟で愚者のエピメテウスのところに連れていきます。エピメテウスは、プロメテウスから忠告されていたにも関わらず、このパンドラを妻として娶ってしまいます。

そしてある日パンドラは、不実な性が災いし、この甕を開けてしまいます。中にはパンドラが期待したようなものは何もなく、中に詰まっていたのは人間の苦しみとなる、病気や恐怖、ありとあらゆる災いでした。そしてそれらが瞬く間に世界に飛び出していったのです。

それまで人間は何不自由なく暮らしていました。しかしたちまちのうちに、ありとあらゆる厄災に見舞われたのです。

最期に甕に残ったものはエルピス

Maximianus Herculius皇帝下のテトラドラクマ(古代ギリシャの銀貨)エルピスを擬人化したもの

Maximianus Herculius皇帝下のテトラドラクマ(古代ギリシャの銀貨)エルピスを擬人化したもの

パンドラが慌てて蓋を締めたときに、甕の縁に残っていたものがあります。それはエルピスです。エルピスは一般的に、希望と訳されています。古典ギリシャ語でエルピスは希望の他に、予兆や期待の意味もあります。

おかげで人間は、どんな病や災いにあっても、希望を持って生きられることになりました。

甕の縁に残ったものなら、外に出て拡散してないじゃん?みんな希望を持てないはず?と思ったけど、そんなことを気にしてたら読めない神話の世界ないんだから黙っときます。(笑)

一般的には、「人間の手元に希望が残った」と捉えるようです。

エルピスに関しては、他にも様々な解釈があります。災いを封じ込めた壺なのだから、エルピスも災いだとする説など。ただ「イリアス」に登場するゼウスの神殿にも、善と悪とが一緒に入っている甕が出てくるので、「パンドラの箱」も善悪の混じっていたもの。つまりエルピスは希望でいいんじゃなという話もあります。

余談だけど箱舟にはパンドラの娘が乗る

noahsark

プロメテウスの息子デウカリオンは、エピメテウスとパンドラの娘ピュラーを娶ります。完全に従兄弟同士なんだけど。

プロメテウスの予言に従い、デウカリオンは箱舟を建造し食料を積んで用意していました。するとゼウスは青銅時代の人間を滅ぼそうと、大雨を降らせ陸地をすっかり水底に沈めてしまいます。

9日9夜水上を漂ったあと、パルナッソス山に漂着した2人は、その地に降り犠牲を捧げます。するとゼウスがヘルメスを通して「なんでも願いごとを叶えてやろう」と伝えます。

2人は「人間の仲間がほしい」と願い、その願いによりデウカリオンが投げた石は人間の男に、ピュラーの投げた石は人間の女へとなったのです。

箱舟も大変有名な話ですが、まさかパンドラの娘が乗っていたとは思いませんでしたね。

コレでようやく「パンドラの甕」の語源が分かりましたね。あれっ、でも「パンドラの箱」じゃなかったけ?なぜ甕が箱になったのか不思議に思いますよね。次はそれを見てみます。

甕が箱になったのはなぜ?

pandora03

ヘシオドスが書いた原書の「仕事と日」では、箱のことを古代ギリシャ語でピトスと書いています。ピトスとは、甕・壺のこと。

つまり元々は、甕・壺だったものが、いつのまにか箱になって伝わっているわけですね。

これはルネサンス時代、ギリシャ語からラテン語への翻訳の際、エラスムスという進学者が、ピトスを箱と解釈したのが始まりみたいです。

まとめ

以上、「パンドラの箱」についてまとめてみました。

パンドラとは人間の女のことで、全ての神々によって人類(男)に贈られた物という解釈だったんですね。完全に女性蔑視なんで、ギリシャ神話じゃなかったら絶対怒られてますね(笑)。

パンドラに関しては諸説があり、神々が女に贈り物を与えたからパンドラという説もあります。ちなみにアポロドーロスの「ギリシャ神話」では、パンドラはプロメテウスが造ったものとされています。このあたりは大昔の神話なので、変遷や諸説があるということで。

そしてパンドラの箱に最期に残ったものはエルピス≒希望でした。なんか個人的には箱の中に残っているなら、出さないと駄目なんじゃね?とやっぱり思うんですが、「希望が手元に残った」と考えるのが一般的ということでした。

パンドラの娘が箱舟に乗っていたのも驚きです。箱に縁がある女性ですね(笑)

そしていつも思うのですが、ギリシャ神話に登場する最高神ゼウスの多重人格でサイコパスで奔放な性格はいったい何なんでしょうか?(笑)こともあろうにこれが全知全能の神とは。。

しかしここには理由があると思います。恐らく様々な神話や伝記をまとめるのに、統一した主体となる神が必要で、そのためにゼウスは1人で複数の役をこなす必要があり、すっかりこんな人格崩壊者として描かれようになってしまったのでは?と思います。

「パンドラの箱」は、どんな時代でも使われる言葉ですね。最近ではモンストや、パスドラといった人気スマホゲームでも使われているようです。言葉の意味をしっかり抑えて、ぜひ普段使いしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です