花粉症の人はお花見どうしてる?辛い症状とその対策についても

お花見会場

お花見の季節となりましたが。

同時に花粉も凄いことになってるわけで。

花粉症の人は、お花見どうしてるんでしょうか?

薬を飲んでマスクをつけて、なんとか行ってるのか。

お家で引き篭もっているのか。

その辺りのことと、行ったときの辛い症状、対策について書いてます。

スポンサーリンク

花粉症の人はお花見どうしてる?

重度の花粉症ですが、私の場合は毎年参加してますね。

花粉症でもお花見は、楽しいものです。

行けば目はカユカユ、鼻水ダラダラ、くしゃみ連発になるのですが。。。

そして帰ってからも、楽しんだツケで鼻詰まりがひどくなって、頭がぼーっとなって悪寒がするのですが。

それでも、毎年懲りずに行ってます。

というか去年の苦しみを、翌年には忘れてしまっている気がします。(笑)

ちなみに、アルコールで花粉症って悪化してる気が。

花粉症はアルコールで悪化する

私の経験からいうと、アルコールが入ると花粉症って悪化します。

実際、アレルギー反応の原因であるヒスタミンは、アルコールによって増えたりするそうな。

また、アルコールによって血の流れが良くなり、目のかゆみとか鼻詰まりが酷くなるとのこと。

まぁ最近は大人になりましたら、下手に飲みすぎることもないですし。

やはり加減が大切になってきます。

お花見に長居すると花粉症が悪化する

花粉の時期に、自然の中にいれば、そりゃ悪化しますよ。

ここは一つ大人の判断で、短い時間で切り上げるようにしてます。

毎年のように遅めに行って。そして早めに上がること。

これこそが、花粉症の人がお花見を楽しく過ごす秘訣じゃないかなと。

いつも温かい差し入れを持って行くので、遅めの到着はかえって喜ばれます。

お花見って、いつも寒いんですよね。

次は、花粉症で花見に行くとどうなるか。

スポンサーリンク

花粉症で花見に行くと症状はどうなる?

典型的な花粉症の症状がツライです。

お花見は、野ざらしだから身体も冷えるし。

アルコールも入って花粉症が悪化するし。

何一つ花粉症がよくなる条件がないってのも、お花見ならではですね。

花粉症で目が痒くなる

桜舞い散る場所は、花粉もかなり舞ってます。

まず目が痒くなります。

そこに酒が入って、涙目っぽくなりますね。

花粉症で鼻がぐじゅぐじゅ

鼻はグジュグジュになります。

ティッシュは必需品で、鼻の下が赤くなるほど。

やはり長時間いるのは無理な気がします。

花粉症でくしゃみ連発

くしゃみも、スイッチが入れば連発。

マスクが汚れてしまうと、その後かなり大変なことになるので、マスクは予備を用意するのが大切。

花粉症で身体がだるくなる

花粉を吸いすぎると、身体がだるくなりますね。

お酒で疲れもにじみ出てきて、ぐったりします。

帰ってからもずっとダルいから、あとは寝て過ごします。

少し寒けもする

これは花粉症に限らずですが、お花見って毎年だいたい寒いんですよね。

だからホッカイロを大量に持っ行って、備えるようにしてます。

でも花粉を吸いすぎるのが、あとから寒気がしますね。

最後は、花粉症で花見に行くための対策について。

花粉症で花見に行くなら対策は?

典型的な花粉症の対策が必要です。

花粉症の薬

これは基本中の基本ですね。

ただ、意外と知られていないのが、花粉症の薬にも強さがあるってこと。

野外に長くいるなら、花粉症の薬は強めが良いですよ。

そして当日だけ飲むのではなく、アレルギー症状が出てからは継続的に飲んでる方が、効きが良いです。

強めの花粉症の薬は、病院で処方してもらいましょう。

花粉症対策用の眼鏡

最近は、花粉症対策用のメガネが安く売られてます。

ゴーグルみたいな作りになっていて、左右の隙間から花粉が侵入しません。

野外で使うなら、これかなり良いですよ。

花粉用のマスク

マスクは基本の装備ですね。

お酒を飲んだりオツマミを食べるときは、マスクをずらします。

思わぬくしゃみで、マスクの中がビッチョリになることあるので、予備が必要。

ノンアルコールビール

花粉症の薬を飲んでるときは、アルコールは飲まないほうが良いとのこと。

花粉症も悪化しますしね。

そこで、ノンアルコールビールを用意するのも良いですよ。

最近のノンアルコールビールは十分美味しいですし。

(ノンアルコール甘酒も意外と美味しい)

飲み過ぎの防止にもなるので、わりとオススメです。

まとめ

花粉症の人がお花見をどうしてるのかについて、私のケースを書きました。

重度の花粉症ですが、楽しく行ってますよ。

行った後、花粉症が多少ひどくなって後悔するのは、もー仕方ありません。

毎年のようにお花見行くうちに、それなりに対策というかバランスが取れるようになりました。

お花見は長時間参加しない、花粉症対策をバッチリする、あまりお酒を飲まないようにするなど。

こうすると、それなりに楽しめて、良い思い出となります。

あとは絶対寒いので、温かい格好と、ホッカイロを多めに用意するのが大切。

それでは良いお花見を♪

花粉症の人には、以下の記事もオススメです。

乾杯

花粉症はアルコールで悪化する?お酒の種類と、薬との関係も紹介

2018年3月15日
睡眠不足

花粉症による鼻づまりで寝れないときの対策と予防まとめ

2018年3月8日
スギ花粉

花粉が多く飛ぶ時間帯は?多く飛ぶ条件や、多い場所も紹介

2018年3月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です