花粉の季節の布団の干し方。布団乾燥機と寝る前にすべき対策も紹介

布団

花粉の季節は、布団の干し方に悩みますよね。

何も考えずに外干しすると、後で酷いことに。

外干しするにしても、ちょっとした工夫をすることで、花粉が付く量を減らすことができます。

花粉の季節の布団の干し方、布団乾燥機の便利さ、寝る前にすべきことなどを紹介します。

スポンサーリンク

花粉の季節の布団の干し方

家の中に侵入する花粉の22%は、外に干した布団に付着したものだそうです。

付着による持ち込みは、洗濯物(全体の15%)や布団(全 体の22%)によるものが多くを占めていました

出典:花王株式会社 生活者研究センター「花粉の室内侵入・持込み量とその割合」

何も考えずに外干しすると、結構な量の花粉が家の中に入ってくるわけですね。

そこでオススメなのが、花粉用の布団干しカバーです。

花粉用の布団干しカバー

布団を専用のカバーに入れると、花粉をほぼシャットアウトすることができます。(と書かれている)

このカバーは黒色をした丈夫な不織布。黒色なので熱の吸収がよく、太陽が当たっているところは、かなり熱くなります。

実際、このカバーを使って布団を干すと、ホカホカに仕上がりますよ。

布団をカバーに入れる作業が、すこし面倒くさいですけどね。

布団はどれぐらい干せば良い?

布団を干す時間が長くなれば、そのぶん花粉が付着しますね。

必要最低限の時間で、布団を干したいところです。

布団を干す適切な時間は、布団の種類によって違ってきます。

布団を干す適切な時間

  • 木綿わた・・・日干しで表裏合わせて2〜3時間
  • 羊毛・・・陰干しで表裏合わせて1〜2時間
  • 合成繊維・・・表裏合わせて2〜3時間

布団は長く干し過ぎると素材が痛むので、適切な時間が良いそうです。

参考文献:三輪恵美子 著, 超「快眠」法, 成美堂出版(2005)

花粉の時期に布団を干すならいつ?

布団を干すのに相応しい時間は、湿気の少ない午前10時〜午後2時だとか。

しかしこの時間帯は、花粉の飛散がとても多いです。特に午後2時ちかくは飛散のピークなので、できれば避けたいところ。

そういうこともあって、午前9時〜午前11時ぐらいがベストかなと思います。

花粉の少ない時間帯に関しては、以下の記事に詳しくまとめているので、良ければ参考にしてください。花粉の少ない時間帯が予想できるようになると、毎日の生活がすこし楽になりますよ。

花粉の飛散が少ない時間帯は?湿度と天気の関係も紹介

2018.02.22

布団を干し終わったら

布団を取り込むときは、布団の表面を軽く払うと良いそうです。

表面を払うことで、布団に付着している花粉を半分にすることが。

軽く手で払っただけでも(図11)、タオルは46%、Tシャツは65%、布団は57%の花粉を落とすことができるという結果で した5)。

出典:花王株式会社 生活者研究センター「花粉の室内侵入・持込み量とその割合」

ところで、布団をバンバン叩くのは止めたほうが良さそうです。

これは布団の詰め物を痛めるらしい。その代わりに掃除機を掛けると良いとのこと。

掃除機を掛ければ付着した花粉を減らせるし、ダニの死骸やフンなども減らすことができます。

ふつうの掃除機のフィルターでは花粉を捉えきれないので、掃除機をかけるときは、玄関など場所を選んで使ったほうが良さそうですね。

その他、花粉対策スプレーを吹きかけるという方法もあります。

花粉対策スプレー

花粉対策スプレーには、花粉を固めてしまうものや、花粉を不活性化するものなどあります。

どちらが良いのかは、まだ判断がつかないのですが、こういったものを使うのもありかと。

せっかく干した布団にスプレーするのも気が引けますが、効果はしっかりあるようです。

次は外干しするより、ずっとオススメな布団乾燥機について。

スポンサーリンク

花粉の季節は布団乾燥機が便利

布団乾燥機は、一度使うと手放せないぐらい便利です。

便利だし清潔になるしで、主婦の強い味方。

というわけで、予算が許すのであれば布団乾燥機を強くオススメします。

うちではパナソニックのマット式布団乾燥機を使ってます。ロングヒット商品で、何年もモデルチェンジしてません。

個人的にはこれが完成形だと思うので、愛用し続けています。もちろん他の製品でも良いものはあるでしょうけど。

使い方は簡単で、乾燥用のマットを敷布団と掛布団の間に挟むだけ。あとはタイマーを仕掛けてスイッチを入れれば完了。

一時間後には布団がフワフワに仕上がります。しっかり乾燥していることが分かりますよ。

ダニ対策としても有効。5〜6時間乾燥させることによってダニを殺します。布団乾燥機を掛けた後は、ダニが表面に出てきているので、掃除機をかけるのが効果的だとか。

ダニの死骸やダニのフンなども吸い取れるので、掃除機が良いみたいです。

布団乾燥機は冬場にも大活躍。布団乾燥機を使った後は、布団がホカホカして温かいです。布団が温かいうちに潜り込んで寝るのが幸せ。

さらにこの布団乾燥機で、洗濯物を乾かすこともできます。付属の袋の中に洗濯物をいれて、あとはふつうに乾燥させるだけ。特に冬場は、洗濯物が乾きにくいので活躍すると思いますよ。

最後に電気料金について。布団乾燥機は消費電力が460Wなので、一時間使っても12〜15円程度。気にならないぐらいの金額だと思います。

次は、花粉症の人が寝る前にすべき対策についてです。

花粉症の人が寝る前にすべき対策

特に布団を外に干したときなど、布団や身体に花粉が付着して、寝室まで運ばれている可能性があります。

それ以外にも、窓の隙間や他の部屋などから、少しずつ寝室にも花粉が侵入しています。これは気を付けていても防げません。

一度入り込んだ花粉は室内にたまって、人の動きがあるたびに舞い上がります。そういった花粉を取り除くためにも、ちょっとした掃除がオススメ。

フローリングでも畳でも「クイックルワイパー ふわふわキャッチャーシート」が便利。このクイックルワイパーは花粉も取れるので、これを使います。

掃除をするのが面倒であれば、空気清浄機を付けっ放しにしておくのも良いですね。花粉が空気中に舞っているあいだにキャッチしてくれます。

このようにしておけば、寝ている間も快適。そして朝イチでの、モーニングアタックと言われるひどい花粉症状も防げます。

まとめ

花粉の季節の布団の干し方について紹介しました。

布団を外に干す場合は、花粉用の布団カバーをかけるのがオススメ。

布団を干し終わったら、表面を手やブラシで払いましょう。それだけで花粉の付着が半分になります。さらに布団に掃除機を掛ければ、ダニの死骸やフンなども取れて、完璧ですね。

ただし、もし買えるのであれば布団乾燥機の方が便利。布団を外に干す必要もなくなりますし、ダニ対策もしっかりできます。

なにより花粉が付く心配がなくなり、冬場も布団を感想できるようになるというのは、メリットが大きいかと。洗濯物を乾燥するのにも使えますよ。

花粉の時期で疲れ切っているときこそ、フカフカのお布団で寝たいですね。

寝ている間に花粉を吸い込まないよう、寝室の掃除もマメにしておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です