花粉の飛散が少ない時間帯と、湿度と天気の関係について

花粉の激しい季節となりました。

洗濯、布団干し、お買い物など、なるべく花粉の少ない時間帯に済ませたいですね。

そこで花粉の飛散が少ない時間帯と、花粉の飛散に大きく関係する湿度と天気について書いてます。

スポンサーリンク

花粉の飛散が少ない時間帯は?

まず、環境省の花粉マニュアルに載っているグラフを見てください。

このグラフを見ると、花粉の少ない時間帯は、夜21時〜朝9時だというのが分かります。

夜中は花粉の飛散が少なくなるみたいですね。

15時〜16時もその前後の時間と比べれば、いくらかマシ。

でもこれだけだと、参考データとして少なすぎるので、他のデータも見ていきます。

花粉の飛散量グラフ

出典:大洲内子花粉症研究会「現在の花粉飛散状況」

これは愛媛県大洲市で観測した花粉の観測データ。観測日として2018年2月19日〜20日を選びました。

環境省のグラフと似たようなグラフになっていますね。

こちらのグラフだと夜21時〜朝11時が、花粉の少ない時間帯となります。

さらに、別のデータも見ていきます。

これは環境省の花粉観測システム「はなこさん」が観測したデータ。2018年2月15日〜19日の東京都小平井市のデータを参考にしました。

するとやはり、今まで見たグラフと似たような形になっています。

花粉が少ない時間帯も、夜20時〜朝8時と似たような感じ。朝11時〜昼14時も、やや花粉が少ない時間帯となってます。

ここまでのデータを参考にまとめると、花粉の少ない時間帯はだいたい以下のとおり。

花粉の少ない時間帯

  • 夜21時〜朝8時

日によっては、お昼過ぎに花粉が少なくなることもありますが、何時〜何時なのか特定することはできません。

この花粉が少なくなった時間帯は、恐らくは気温が上がったのだと思います。

次は、気温が上がると花粉が減る理由について。

スポンサーリンク

花粉と湿度の関係

花粉の飛散には湿度が大きく影響しています。

花粉は湿度が高いと飛ばない

湿度80%を超えると、花粉はほとんど飛ばないそうです。

なぜ湿度が高いと、花粉が飛ばないのかといえば、それは単に花粉が湿って重くなるから。

 

そして湿度の変化には、気温が影響しています。

湿度と気温の関係

気温が上がると、空気が含むことのできる水蒸気量って増えます。すると、相対的に湿度って下がります。

逆に気温が下がると、空気が含むことのできる水蒸気量は減ります。すると、相対的に湿度は上がります。

つまり気温が上がると湿度は下がり、気温が下がると湿度は上がるということ。

・・・いかにも混乱しそうなので、簡単にまとめました。

気温と湿度の関係

  • 気温上がる→湿度下がる
  • 気温下がる→湿度上がる

これはスポンジに例えて考えると、分かりやすいかなと。

小さいスポンジと大きいスポンジに、それぞれ同じ量の水を吸わせます。

すると、小さいスポンジの方が、よく湿ることになりますね。大きいスポンジの方は、小さいスポンジと比べると相対的に湿り具合が少ないことになります。

このように、ふだん使っている「湿度」とは、相対的なもの。だから相対湿度とも呼ばれます。

花粉が夜になると少なくなる理由

夜になって気温が下がる→湿度が上がる→花粉が重くなって落ちてきます。

それにより、夜間〜早朝は花粉が少なくなるわけです。

ということを考えると、室内にいるときは空気清浄機だけでなく加湿機もつけたほうが効果がありそうですね。

次は、花粉と天気の関係について。

花粉と天気の関係

雨の日の花粉

雨の日には花粉が飛ばないって聞きます。

これは恐らく正解で、雨の日=湿度が高いから。

雨の日は、スギやヒノキの雄花が濡れて開かないというのも影響しているようですけどね。

湿度が高い日の花粉

ところで、晴れの日や曇りの日でも、湿度が高ければ花粉の飛散は少ないはず。

理屈で考えればそうなりますよね。

ただし、風向きと風の強さに注意が必要みたいです。

風に強い日の花粉

花粉は風によって300km離れたところまで飛ぶのだとか。それに、一度地面に落ちた花粉も、強い風で再び舞い上げられたりします。

逆に言えば、風がない日は、花粉も少なくなるかも。

風が弱ければ、遠くから花粉が運ばれてくることもありませんから。それに、地面に降り積もった花粉が舞い上げられることもありません。

花粉の少なくなる天気とは

まとめると花粉が少ない天気とは、以下になります。

花粉が少ないと予想される天気

  • 雨の日
  • 湿気が高い日
  • 風が弱い日

もちろん、必ず少なくなるわけじゃないでしょうね。

自然環境には、さまざまな条件がありますから。

 

まとめ

花粉の飛散が少ない時間帯と、花粉と湿度、天気の関係について書きました。

いくつかのデータを参考にすると、花粉の飛散が少ない時間帯は夜21時〜朝8時。

夜間〜早朝が一番花粉が少ない時間帯となります。

花粉の飛散が少ない時間帯

  • 夜21時〜朝8時

 

また、花粉の飛散には湿度が大きく影響しています。

湿度が高ければ、花粉の飛散は少なくなります。そして湿度は、気温に合わせて上がったり下がったり。

あくまで傾向としてですが、以下のように考えられるかなと思います。

気温と湿度と花粉の関係

気温が上がる→湿度が下がる→花粉が多い
気温が下がる→湿度が上がる→花粉が少ない

天気については、やはり雨の日には花粉が少ないようです。あとは湿度の高い日や、風の弱い日なんかも花粉が少ないのではと。

こういった傾向を知っておけば、すこしでも生活しやすくなるんじゃないかなと思います。

花粉に悩む人は、以下の記事もおすすめ。

スギ花粉

花粉が多く飛ぶ時間帯は?多く飛ぶ条件や、多い場所も紹介

2018年3月5日
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です