花粉の飛散が少ない時間帯は?湿度と天気の関係も紹介

洗濯、布団干し、お買い物など、花粉の少ない時間帯に済ませたいですね。

そこで花粉の飛散が少ない時間帯と、花粉の飛散に大きく関係する湿度と天気について紹介します。

スポンサーリンク

花粉の飛散が少ない時間帯は?

まず、環境省の花粉マニュアルに載っているグラフを見てください。

このグラフを見ると、花粉の少ない時間帯は、夜21時〜朝9時だというのが分かります。夜中は花粉の飛散が少なくなるみたいですね。

15時〜16時もその前後の時間と比べれば、いくらかマシ。

でもこれだけだと、参考データとして少なすぎるので、他のデータも見ていきます。

花粉の飛散量グラフ

出典:大洲内子花粉症研究会「現在の花粉飛散状況」

これは愛媛県大洲市で観測した花粉の観測データ。観測日として2018年2月19日〜20日を選びました。環境省のグラフと似たようなグラフになっていますね。

こちらのグラフだと夜21時〜朝11時が、花粉の少ない時間帯となります。

さらに、別のデータも見ていきます。

これは環境省の花粉観測システム「はなこさん」が観測したデータ。2018年2月15日〜19日の東京都小平井市のデータを参考にしました。

するとやはり、今まで見たグラフと似たような形になっています。花粉が少ない時間帯も、夜20時〜朝8時と似たような感じ。朝11時〜昼14時も、やや花粉が少ない時間帯となってます。

ここまでのデータを参考にまとめると、花粉の少ない時間帯はだいたい以下となります。

花粉の少ない時間帯

  • 夜21時〜朝8時

日によっては、お昼過ぎに花粉が少なくなる時間帯がありまが、何時〜何時なのか特定することはできません。

この花粉が少なくなった時間帯は、恐らくは気温が上がったのだと思います。気温が上がると花粉が減る理由は、次の「湿度」の項目で説明します。

スポンサーリンク

花粉と湿度の関係

花粉の飛散には湿度が大きく影響しています。

花粉は湿度が高いと飛びません。湿度80%を超えるとほとんど飛ばないようです。

なぜ湿度が高いと花粉が飛ばないのかといえば、それは単に花粉が湿って重くなるから。

以下の参考文献に載っているデータをみても、湿度が高い時間帯は花粉の飛散がとても少ないことが分かります。残念ながら文献のグラフは転載できませんが。

参考文献: 斎藤洋三、井手武、村山貢司著, 「花粉症の科学」科学同人(2006)

湿度の変化には、気温が影響しています。

気温が上がると、空気が含むことのできる水蒸気量って増えます。すると、相対的に湿度って下がります。

今度は逆に気温が下がった場合、空気が含むことのできる水蒸気量は減ります。すると、相対的に湿度は上がります。

つまり気温が上がると湿度は下がり、気温が下がると湿度は上がるということ。

気温と湿度の関係

  • 気温上がる→湿度下がる
  • 気温下がる→湿度上がる

これはスポンジに例えて考えると分かりやすいかなと。

小さいスポンジと大きいスポンジに、それぞれ同じ量の水を吸わせます。

すると、小さいスポンジの方が、よく湿ることになりますね。大きいスポンジの方は、小さいスポンジと比べると相対的に湿り具合が少ないことになります。

このように私達が日常的に使っている「湿度」とは、相対的な量として考えるもの。だから相対湿度と呼ばれることも。

ですので夜になって気温が下がると、湿度が上がって花粉が重くなって落ちてきます。それにより、夜間〜早朝は花粉が少なくなるわけです。

室内にいるときは、空気清浄機のほかに加湿機もつけると効果的ですよ。加湿空気清浄機などもオススメです。

次に花粉と天気の関係を紹介します。

花粉と天気の関係

雨の日には花粉が飛ばないって聞きますよね。

これは正解で、雨の日=湿度が高いから。また雨の日は、スギやヒノキの雄花が濡れて開かないというのも影響しています。

だから晴れの日や曇りの日でも、湿度が高ければ花粉の飛散は少ないはず。

ただし、風向きと風の強さには要注意。花粉は風によって300km離れたところまで飛ぶことがあるそうです。一度地面に落ちた花粉も、強い風で舞い上げられたりします。

逆に言えば、風が弱い日であれば、花粉は少なくなるかも。風が弱ければ、遠くから花粉が運ばれてくることもないし、地面に降り積もった花粉が舞い上げられることもありません。

まとめると花粉が少ない天気とは、以下になります。

花粉が少ないと予想される天気

  • 雨の日
  • 湿気が高い日
  • 風が弱い日

しかしもし、雨の日に花粉の症状が悪化するような気がする人は、以下の記事を参考にしてみください。その理由が分かります。

花粉症が雨の日にひどいのはなぜ?花粉は飛ばないはずじゃ…対策も紹介

2018.02.16

まとめ

花粉の飛散が少ない時間帯と、花粉と湿度・天気の関係を紹介しました。

いくつかの観測データを参考にまとめると、花粉の飛散が少ない時間帯は夜9時〜朝8時。つまり夜間〜早朝が、一日で一番花粉が少ない時間帯となります。

花粉の飛散が少ない時間帯

  • 夜9時〜朝8時

この時間帯だと、洗濯や布団干しはできませんね。洗濯や布団干しは、室内で乾燥機にかけたり、布団乾燥機を利用したほうが良さそうです。

花粉の季節の布団の干し方。布団乾燥機と寝る前にすべき対策も紹介

2018.02.27

また、花粉の飛散には湿度が大きく影響しています。湿度が高ければ、花粉の飛散は少なくなります。そして湿度は、気温に合わせて上がったり下がったりします。

あくまで傾向としてですが、以下のように考えられます。

気温と湿度と花粉の関係

気温が上がる→湿度が下がる→花粉が多い
気温が下がる→湿度が上がる→花粉が少ない

ただし風が強いと、花粉を遠くから運んできたり、地面にたまった花粉を舞い上げたりするので注意。

天気については、やはり雨の日には花粉が少ないです。あとは湿度の高い日や、風の弱い日なんかも花粉が少ないと考えられます。

こういった傾向を知っておけば、花粉による被害を少しでも減らすことができますね。

花粉が多く飛ぶ時間帯は?多く飛ぶ条件や、多い場所も紹介

2018.03.05
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です