花粉症の薬は市販と病院どっちが安い?処方箋だといくらか、何科で貰うのかも紹介

花粉症の薬

花粉の季節は、薬なしでは過ごせませんね。

どこへ行くにも薬は手放せません。

そんな花粉症の薬ですが、市販で買うのと病院で貰うのどっちが安いんでしょうか?

その辺りのことと、処方箋はいくらか、行くなら何科にすべきかを紹介します。

スポンサーリンク

花粉症の薬は市販と病院どっちが安い?

花粉症の薬は、値段だけで比べると市販の方が安あがりです。

というのも最近は、安いジェネリック薬が市販されるようになったから。

例えば「アレグラ」のジェネリック薬である「アレルビ」は、たいへんコストパフォーマンスに優れた市販薬です。

「アレルビ」はなんと56錠入りで1200円ちょっと。この値段は、病院で処方されるジェネリック薬と並ぶほど安い。しかも診察料が掛からない分、こちらがお得です。

「スカイブブロンHI」という薬はさらに安い。やはり「アレグラ」のジェネリック薬で、こちらは60錠で1100円弱

花粉症の薬として「アレグラ」を使っている人も多いと思います。そういった人には、この「アレルビ」か「スカイブブロンHI」がピッタリですね。

「アレルビ」の方が扱っているお店が多いです。

この他、「鼻炎薬Aクニヒロ」という薬も安い。48錠入りで、なんと600円ちょっと。「アレルビ」と同じ製薬会社が出しています。

「鼻炎薬Aクニヒロ」は、第一世代に分類される薬で眠気が強め。そういったデメリットはあるものの、強めの薬を市販で手に入れたい人には向いていると思います。

次は、花粉症の薬を病院にいって処方してもらうといくらになるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

花粉症の薬を病院で処方して貰うといくら?

花粉症の薬を病院に行って処方してもらうと、処方箋代の他に診察料が掛かってきます。

私がある診療所に行ったときの料金を、参考にしてみましょう。

アレルギー科の診療所の料金

  • 初診料+処方箋料:1060円
  • 処方箋:1060円(30日分)

私の場合は、アレルギー性鼻炎なのが分かっていたので、何も検査をせず薬だけ処方してもらいました。

風邪かどうかの検査やアレルゲンの検査をすると、もっと高くなります。

また、初診料は282点(=2820円の三割負担で940円)と決まっていますが、設備や検査によっては、プラス料金が掛かってくることがあります。

処方箋代については、薬の種類だったりメーカーだったり、ジェネリック薬があったりなかったりで値段が違うので、一概にいくらとはいえません。

このとき処方してもらった薬は、「タリオン」のジェネリック薬「タナベ」。「アレグラ」よりも強い薬です。というわけで値段は参考程度にしてください。

ただ病院に行って処方して貰うメリットは、料金だけではないので、その点も考えて判断しましょう。

私の場合は「アレグラ」だとちょっと効きが弱くて、もう少し強いのが欲しくて病院に行きました。強いと言っても、なるべく眠くならない第二世代の薬が欲しかったんです。

その点、処方してもらった「タナベ」は、希望に沿うものでした。

このように、薬の強さを考えて処方してもらいたい場合など、病院に行ったほうが良いときがあります。

では病院に行くとして、いったい何科に掛かればよいのでしょうか?

花粉症の薬は病院の何科へ行くべきか?

花粉症みて貰うのに相応しいのは、耳鼻科やアレルギー科って思いますよね。

花粉症の症状をみて適切な薬を処方して欲しい場合など、そのほうが良いと思います。

ただ耳鼻科やアレルギー科は、この時期メチャメチャ混んでたりします。そういったときは内科も良いですよ。内科でも花粉症の薬を処方してくれます。

ちなみに私は今まで、以下の診療科を受けに行って、花粉症の薬を処方してもらったことがあります。

花粉症の薬を処方してくれた診療科

  • 耳鼻科
  • 耳鼻咽喉科
  • アレルギー科
  • 内科
  • 漢方内科
  • 皮膚科
  • 胃腸科
  • 消化器内科

だいたいが他の病気の診察に行ったときで、ついでに薬(アレグラ)が欲しくてお願いしました。

言ってみると意外と処方してくれますよ。(汗)内科を併設しているから可能なのかもしれませんが。

この場合は他の病気のついでなので、花粉症のために使ったお金は処方箋代だけ。薬の代金だけを考えれば、市販のものより安くなったりします。

通院しているのであれば、かかりつけの医師に相談してみても良いと思いますよ。

まとめ

花粉症の薬は、市販のほうが安くなる可能性があります。

一昔前は、病院で処方してもらったほうが安かったんですけどね。

ジェネリック薬が市販で買えるようになったのが大きいと思います。

薬の効き目も値段も、毎年のように新しい良いものが出てきているので、花粉の時期には新しい薬をチェックするようにしましょう。

また花粉症の薬が効かないと感じたら、別のものに変えてみてください。

花粉症の薬には強さや相性があるので、自分にあったものに変えれば、症状が治まるかもしれません。私も強い薬に変えました。

ただし薬が強くなると、たいてい眠気も強くなるので運転には十分注意。薬によっては運転するなと書いていますので、要チェックですよ〜。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です