五月人形の由来と武者人形・兜・鎧の意味

五月人形

「こどもの日」に飾る、五月人形。

祝う方になると、由来も気になるものですね。

五月人形というと、武者人形、兜、鎧が思い浮かびます。

それぞれどんな意味があるのか、分かりやすくまとめました。

スポンサーリンク

五月人形の由来

五月人形とは、正確には武者人形のこと。

でも、兜や鎧を思い浮かべる人も多いと思います。

そこで武者人形だけでなく、兜や鎧も合わせて、その成り立ちを見ていきます。

始まりは「端午の節句」

「端午の節句」は古代中国が起源。

病にかかりやすい時期に、薬を採取したり厄災を祓うための行事でした。

これが中国から日本の宮廷に伝わり、菖蒲で作った菖蒲鬘あやめかずらを被って行うようになります。菖蒲は昔から薬草とされ、邪を祓う力があると信じられていました。

庶民の間にも広がり、菖蒲を軒下にぶら下げたりしたようです。

「端午の節句」が武家で盛んになる

鎌倉時代になり武家社会となると、菖蒲が尚武しょうぶ(※武を尊ぶこと)に通ずるということで、「端午の節句」が盛んに行われます。

「端午の節句」は男の子の成長や栄達を願う儀式となりました。

武家では座敷に兜や鎧など武具を飾り、屋外には幟や吹流しを飾ったそうです。これは梅雨になる前に、武具の手入れをするためだったという話もあります。

兜の上に武者人形

江戸時代になると、幕府が「端午の節句」を公式な行事として定め、諸大名を集めて盛大に祝うようになりました。

町民にも広まり、武家を真似て紙や木で作った武具や幟を、屋外に飾り始めます。このとき菖蒲鬘が変化した菖蒲兜しょうぶかぶとも、一緒に飾られます。

菖蒲兜は、菖蒲や柏の葉、薄削りの木片などで作られていました。最初は人形の絵や彫り物などが、飾り付けられていたそうですが、いつしか兜の上に人形が載るようになります。

甲人形

天和長久四季あそび(1681〜1684)

これが兜人形とよばれ、「端午の節句」に欠かせないものになっていきます。この人形には邪を祓う呪的な意味と、神霊を迎える「依代」としての意味がありました。

やがてこの人形は菖蒲兜から離れ、独自に飾られることに。だんだん小型化し精巧になり、江戸中期には武具と一緒に座敷に飾られるようになりました。

これが今現在の武者人形につながっていきます。

ところで菖蒲兜に人形が載るより以前、草で作った馬に紙人形を乗せて、戸口にたてる風習がありました。この風習の方が古いので、こちらが武者人形の原点という話もあります。

また古代中国の「端午の節句」では、ヨモギで作った人形や虎を門戸にかける風習がありました。もしかしたら、この人形が伝わっていたのかもしれませんね。張子の虎を飾る風習もあるわけですし。

《参考文献》
加納克己著, 日本操り人形史: 形態変遷・操法技術史, 八木書店 (2007/12)
コトバンク「五月人形」
日本玩具博物館「端午の節句」

次は、武者人形、兜、鎧のそれぞれの意味を見ていきます。

スポンサーリンク

五月人形の武者人形の意味

五月人形

武者人形は、もともと菖蒲兜の上に載っていた人形でした。

あるいはそれより前に、紙人形として戸口に立っていた話もあります。

武者人形の役割は、厄災を避けるためのもの。また、神様に来てもらうための依代だったそうです。

依代として神様に降臨してもらい、男の子が立派に育つことや無病息災を願ったわけです。

現代では、子供の身代わり的な意味もあるとか。これは雛人形の影響なのかもしれません。

しかし、どの意味も子供を思う親の気持ちから来ているので、根源にある願いとしては同じものですね。

武者人形の意味

  • 厄災を避けること
  • 立派に育つことや無病息災を祈る対象
  • 身代わり人形

次は、五月人形の兜についての意味です。

五月人形の兜の意味

兜飾り

五月人形で使われる兜は、もともとは宮廷で使われた菖蒲鬘でした。

菖蒲鬘は、薬草である菖蒲で作られてるので魔除けの意味があります。

これが鎌倉時代には菖蒲兜に。そして江戸時代初期には、庶民の間にも広まりました。

菖蒲兜は最初、もっと簡易なものだったのですが、庶民の間に広まるとだんだんと華美を競うようになります。小型化され精巧になり、遂には本物と同じ材料で兜が作られるようになりました。

こうして江戸時代後期には、現代まで続く飾り兜となったのです。

ちなみに、飾り兜になる前の削掛の兜(檜兜)は、今でも皇室の節句会で使われてますよ。

兜ですので身を守るという意味で捉えている人も多いようです。

五月人形の兜の意味

  • 本来は菖蒲による魔除け
  • 身を守るもの

次は、五月人形の鎧について意味です。

五月人形の鎧の意味

五月人形の鎧が「端午の節句」に飾られるようになったのは、武家社会となってからです。

ちょうど梅雨の前に手入れをする時期なので、武家では武具や幟を出していたという話もあります。

これだと鎧には、あまり意味が無いことになりますね。(^_^;)

戦前は武者人形や菖蒲兜が主役で、鎧飾りは脇役だったそうです。そういったポジションから考えても、あまり深い意味はないのかもしれませんね。

現代では鎧はこどもの身を守り、災いを避ける願いを込めて飾るとも言われています。

五月人形の鎧の意味

  • 身を守るもの

まとめ

五月人形の由来と、武者人形・兜・鎧のそれぞれの意味を紹介しました。

一番由緒があるのは実は兜だったんですね。だから「こどもの日」に兜だけを飾るスタイルもあるわけです。

そして武者人形が実は兜の上に載っていたというのは、おもしろい由来です。

なぜ兜をかぶせた武者人形としなかったのか・・・。(^_^;)

武者人形には、厄災を避けるという意味だけでなく、依代としての意味もありました。だから丁重に扱わないと、神霊じゃないものが降臨するかもしれませんよ。

今も昔も、武者人形のように立派に育って欲しいという願いは変わりませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です