五月人形のしまい方と乾燥剤や防虫剤の注意点、しまう場所について

五月人形

五月人形は安いものではないですし、大切にしたいですよね。

しまい方を間違って、錆びたり変色したり、カビが生えたら大変です。

五月人形のしまい方と乾燥剤や防虫剤の注意点、しまう場所について紹介します。

スポンサーリンク

五月人形のしまい方

天気の良い、よく乾燥した日を選んで片付けましょう。

作業を始める前に、次のものを用意しておくと便利です。

お片付けアイテム

  • 手袋
  • メガネ拭き
  • 柔らかい筆
  • 半紙

手垢や手汗に注意

五月人形を扱うときは、手垢や手汗に注意

金属部分に付くと錆の原因となりますし、布に付けば黄ばみの原因となります。

一番良いのは手袋をつけること。でも、細かい作業はちょっとやりづらい。

私の場合は、細かい作業をするときは、手を洗剤でよく洗って乾燥させ、エアコンをきかせて、素手でやっちゃいますけどね。(^_^;)

ホコリを払う

毛ばたきですと、どうしても細かいところまで届きません。

そこでオススメなのが、柔らかい筆。これで掃除すると、隙間にたまったホコリを綺麗にかき出してくれます。

うちでは専用の筆を一本買って、五月人形と一緒にしまってます。

金属部分に付いた手垢を拭き取る

兜や刀など、子供のターゲットになりやすいところは、手垢がベットリ。

手垢は錆の原因となるので、柔らかい布でシッカリ拭き取ります。

オススメは100均のメガネ拭き。メガネ拭きといっても、パソコン用やスマホ用の大きいものも売られているので、それを使うと便利ですよ。

兜や鎧、人形をしまう

兜や鎧、人形などを、御櫃や桐箱、小箱などにしまいます。

このとき隙間に半紙を詰めて、湿気対策とします。新聞紙を使うと、擦れてインクが移る可能性があるので注意。

人形をしまうときは、顔に半紙を巻きつけておくと、思わぬ傷を防ぐことができます。もともと人形の顔には、白い紙が巻きつけられていたはずですけどね。

また、それぞれの容れ物には、防虫剤を入れないようにします。理由は後ほど説明しますね。

ダンボールに収納する

中身を収納した御櫃や桐箱、小箱などを、大きいダンボールに入れます。

買ったときに収まっていたダンボールがあると思いますので、恐らくそれに入れますよね。

やはり湿気対策とショック吸収を兼ねて、半紙や新聞紙を詰めておきます。

ダンボールを閉じるときは、湿気が入り込まないようテープでシッカリ塞ぎましょう。OPテープだと重ねて貼ることができるので、何度も貼ったり剥がしたりするのに向いてますよ。

と、その前に乾燥剤と防虫剤を入れます。乾燥剤と防虫剤の取り扱いには、注意点があるので紹介しますね。

スポンサーリンク

五月人形のしまい方 乾燥剤や防虫剤の注意点

乾燥剤の注意点

乾燥剤は、箱の容量に合わせて、適切な量を入れましょう。

どのぐらい入れれば良いのかは、乾燥剤が入っていた箱の裏側などに書いてあります。

たいていは、大きめのダンボールでも1個程度。たくさんいれると、乾燥し過ぎるかもしれません。

「乾燥し過ぎると人形の顔がヒビ割れするかも」なんて話もあります。まぁ乾燥剤でヒビ割れなんて無いと思うんですけどね・・・一応。

乾燥剤の注意点

  • 入れ過ぎないこと

うちでは以下の製品を、ダンボールに1個だけ入れてます。

防虫剤の注意点

防虫剤を使うときは、いくつか注意することがあります。

まず、防虫剤の種類によっては、逆に五月人形を痛める可能性があるということ。

防虫剤って臭気というかガスを発生させることで、虫を寄せ付けないようにしてます。

この臭気が金属を傷めたり、プラスチックを溶かしたり、木や布を変色させたりすることがあるんですね。だから、防虫剤の種類は重要です。

また、別の系統の防虫剤と混ぜると、化学反応を起こすことがあります。すると、やっぱり五月人形を痛める可能性があるんですね。

混ぜて使うことなんてないと思うでしょうが、これは防虫剤を切り替えるタイミングで起こりえます。実は2つの防虫剤を一緒に入れなくても、混ざることがあるんですよ。

防虫剤の臭気って箱の中や人形に染み付いているそうです。だから新しく別の種類の防虫剤を使うと、結果的に2種類が混ざってしまうことになるんですね。

ですので防虫剤は、一度使ったら同じ製品を使い続けることが大切。

ただし、正確にいえば種類によっては混ぜても大丈夫。そのあたりは製品に書いてますので、買う前に確認してください。

最後に、防虫剤を入れ過ぎないこと。

ついたくさん入れたくなりますが、あまり入れ過ぎると臭気が発生し過ぎて、先に紹介したような被害が起こりえます。

たいていは大きめのダンボールでも、1個入れる程度で十分なはず。適切な量については、製品に説明がありますので、そちらを確認してください。

防虫剤の注意点

  • 五月人形向けの種類を選ぶ
  • 複数の種類を混ぜて使わない
  • 入れ過ぎないこと

うちで使っているのはコレ。乾燥剤ではなく調湿剤を使ってます。これは湿気を防ぎつつも乾燥し過ぎないようにするもの。これをダンボールの中に1個だけ入れてます。

次は、五月人形をしまう場所について見ていきましょう。

五月人形をしまう場所

五月人形をしまうのに相応しいのは、湿気が少なく温度が一定の場所です。

湿気は大敵ですので要注意。こどもの日に甲冑を飾るのも、もともとは梅雨入り前の虫干が起源といわれています。

湿気の少ない場所

空気が滞っている場所は、湿気が溜まりやすいそうです。逆に言えば、風通しが良い場所は湿気が少ない。

最近の家は気密性が高く、外部からの影響を受けにくくなっています。だから、エアコンをつけていれば、家の中が湿気ることもないのでしょうが。

温度変化の少ない場所

五月人形は兜や鎧など金属類も多いので、温度変化の激しい場所では、結露してしまいます。

結露すると、金属部分に錆が発生するかもしれません。

直射日光の当たる物置や、日当たりがよい部屋などは避けたほうが良さそうです。

日陰で温度変化の少ない場所のほうが向いています。

押し入れはどうなの?

たいていの家では、収納場所の選択肢などありませんよね。

ふつうに押し入れにしまうと思います。

押し入れにしまう場合は、なるべく上にしまった方が、湿気が少なく適しています。そして、できればスノコを敷くと、風通しが良くなって湿気が溜まりにくくなります。

さらに、乾燥剤や新聞紙などを入れて湿気対策をすれば安心ですね。

収納場所がないとき

マンションに住んでいると、五月人形をしまう場所がなくて、困ってしまうことがありますね。

そんなときは、トランクルームを検討してみるのもありかと思います。

トランクルームは24時間空調がついていて、湿気や温度変化の心配がありません。監視カメラやスタッフの巡回、カードキーなどがあって、セキュリティー的にも安心です。

五月人形と一緒に、季節ものの洋服もしまえますね。

借りるのなら、火災や盗難補償が付いている大手がオススメ。

» キュラーズ

» ハローストレージ

まとめ

五月人形のしまい方を中心に紹介しました。

五月人形には兜や鎧など、金属部分が多いので錆に気を付けたいですね。

防虫剤は使い方を誤ると、返って五月人形を傷めます。防虫剤は入れ過ぎに注意と、同じ製品を使い続けるのがポイントです。

うちは古い一軒家に住んでいて、しかもかなり湿気の強い地域。でも、しっかり湿気対策をしているので、押し入れにダンボールでも問題なく保管できていますよ。

五月人形は子供の成長を願うもの。なるべく大切に扱いたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です