七五三の初穂料 のし袋の書き方を解説!金額の書き方やお札の向きも分かる

七五三

七五三の初穂料を入れるのし袋。

買ったは良いけど、どう書くの?

金額はどう書くのか?住所や年齢は書くべきなのか?など結構迷いましたので、のし袋の書き方について、詳しく解説したいと思います。

また、のし袋に入れるお札の向きにも決まりがあるので、あわせて紹介してます。

スポンサーリンク

七五三の初穂料 のし袋の書き方

のし袋

はじめに、のし袋の種類について紹介しておきます。

七五三の初穂料 のし袋の種類

七五三の初穂料に使うのし袋は、以下の3つのいずれかが相応しいとされてます。

七五三の初穂料に使うのし袋の種類
  • 紅白紐で蝶結びの水引ののし袋
  • 紅白紐で蝶結びの水引が印刷されたのし袋
  • 無地の白い封筒

ここでは、この3つのいずれかを使う前提で、書き方を解説していきますね。

まだのし袋を買っていない人は、こちらの記事を参考に、のし袋を購入してください。

七五三の初穂料 のし袋の表書き

のし袋の表側には、2箇所ほど書くところがあります。

まず、のし袋の上部に「初穂料」あるいは「御初穂料」。

次に、のし袋の下部に七五三を迎える子供の名前を書きます。

初穂料書き方

このとき、子供の名前が難しい漢字であってもフリガナは振らなくてOK。なぜなら神社で七五三の申込みをするときに、申込書に名前とフリガナを書くからです。

また地方によっては、名前のすぐ左隣に子供の年齢を書く場合があります。

七五三の年齢は「数え年」で数えるのが伝統的なんですが、今は満年齢でも構わないそうです。

数え年と満年齢の違い

「数え年」は生まれた年を1歳として元旦を迎えるたびに+1歳となります。東アジアで使われた数え方で、韓国以外ではもう使われていません。
「満年齢」は生まれた年を0歳として数え、誕生日がくるたびに+1歳と考えます。現在では標準的な数え方。

表側に書くのはこれだけです。

次は、のし袋に中袋(お金を入れる袋)が付いていた場合、どう書けば良いのかを見てきます。

あわせて金額の書き方についても解説します。

七五三の初穂料 のし袋の中袋(金額)の書き方

もし、のし袋に中袋が付いてる場合は、表側の真ん中に金額を書きます。

例えば一万円を包む場合は「金 壱萬圓」、五千円を包む場合は「金 伍阡圓」など。

一番上に「金」を付け、その下に大字だいじで金額を書くのが正式です。

大字とは漢数字の代わりに用いられる漢字で、壱、弐、参などのように書きます。

よく侍や忍者が出てくる漫画で見かけますね。ワンピースやNARUTOとか。(^_^;)

なぜ大字を使うの?

漢数字の一、二、三などは、線を足すことで簡単に数が変わってしまいます。これを防ぐため大字が用いられます。八世紀の大宝律令でも、帳簿に使うよう定められていました。今でも商法では大字を使っています。

ちなみに、漢数字の「一万円」や数値の「10,000円」でもOKとのこと。

あと、金額の最後に「也」は不要です。「也」を付けるのは、一円以下のお金が存在していた時代の名残です。

つまり以下の書き方であれば、どれでもOKということ。

1万円札を包む場合
  • 金 壱萬圓(大字+旧字)
  • 金 壱萬円(大字+旧字)
  • 金 一万円(漢数字)
  • 金 10,000円(数字)
五千円札を包む場合
  • 金 伍阡圓(大字+旧字)
  • 金 伍仟円(大字+旧字)
  • 金 五千円(漢数字)
  • 金 5,000円(数字)

大字だいじの一覧を載せておきます。必要に応じて、組み合わせて使ってください。

数値漢数字大字
1
2
3
4
5
6
7
8
9

ところで、中袋の裏側には何も書かなくて良いのでしょうか?

中袋の裏側には、住所や子供の名前を書いたりします。でも、必須ではありません。

先にも触れた通り、七五三の祈祷を申し込むときに、申込書に住所や子供の名前を書くからです。

次は、のし袋の裏書きについて見ていきましょう。

七五三の初穂料 のし袋の裏書き

もし、のし袋に中袋が付いてなかった場合、のし袋の裏側の左側に金額を書きます。

金額の書き方は中袋に書いたときと同じ。「金 壱萬圓」のように書きます。

また、水引が印刷になっているのし袋では、裏側に金額を書くところが用意されていることも。その場合は、そこに書けばOKですね。

人によっては、さらに住所や子供の名前を書くこともあるようですが必須ではありません。理由は先にも説明した通り、どうせ祈祷の申込書に書くからです。

以上が、のし袋の表側と裏側、中袋に書くべきことです。

のし袋への記入が終わったら、最後にお札を入れていきます。このときお札の向きに決まりがあるって知ってました?

スポンサーリンク

七五三の初穂料 お札の向きは?

中袋お札

のし袋、あるいは中袋にお札を入れるときは、お札の向きに注意してください。

ここでは仮に、一万円札を入れる前提で説明していきます。

お札を入れるときは、お札を表側にして入れます。お札の表側とは肖像が描かれている面。一万円札であれば、福沢諭吉が書かれているほう。

そして一万円札を反時計回りに90度回して、肖像が上に来た状態で入れます。まぁ図を見れば一発ですね。

お札の向き

お札を取り出すときに、一番最初に肖像画が出てくればOKです。

ところでお札は、必ずしも新札を入れる必要はありません。新札のほうが気持良いというのはありますが。

もし新札が欲しいなら、銀行や郵便局で両替して貰えますよ。

あるいはATMでまとめてお金をおろすと、新札が含まれていることがよくあります。

あとがき

七五三の初穂料を収めるのし袋。

久しぶりに筆ペンで字を書いてみたのですが・・・字が下手すぎる!(艸゚Д゚;)ギャーーー

何だこのヨレヨレ字は。

パソコンばっかり弄ってると、ほんと字が書けなくなりますね。

特に金額を漢字で書いた部分。我ながら失笑です。(汗)

あ、もしいくら包めばよいか悩んでいるなら、以下の記事も読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました