雷は家の中にいれば安全?お風呂は危険なのかと、家電の扱いについても

稲妻

雷の激しい地域に住んでます。

雷が鳴り響くたびに、築40年の我が家は大丈夫なのだろうか。

いつも心配になります。

小さい子供もいるし、木造住宅の家屋は安全なのかハッキリしたいところ。

雷のとき家の中は安全なのか、お風呂は危険なのか、家電の扱いはどうすべきかを書いてます。

スポンサーリンク

雷は家の中にいれば安全?

家の中にいれば、基本的には安全です。

鉄筋コンクリート製の家であれば、なお良し。もし落雷があったとしても、鉄筋が雷を地面へと流してくれるそうです。

雷がすっごく怖い人は、マンションに住むと良いかもしれませんね。

20m以上の建築物であれば、避雷針も義務付けられてますし。

雷で木造住宅は大丈夫?

で、木造住宅はどうかというと。

もし木造の家に落ちたとしても、雷は壁や柱を伝わって地面に流れるとのこと。

ただし壁や柱の近くにいると、感電するかもしれないので危険らしい。

それ以外にも電話線や配線、水道管など金属類に触れていると、電気が流れやすいのでリスクがあります。

ですから屋内にいるときも油断せず、雷が鳴っているときは、壁や天井から1m以上離れた部屋の内側が良さそう。

あと、雷が直撃したときに電灯が割れて飛び散った例もあるので、電灯の真下は避けたほうが良さそう。

木造住宅への落雷って頻繁にあるんでしょうか?

雷は木造住宅によく落ちてる

調べてみたところ、実はそれなりに落ちてます。

最近のニースだけでも、以下のようにたくさん出てきました。

木造住宅への落雷事故
  • 2018年1月1日 埼玉県さいたま市 木造2階建が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかる。2017年12月8日 秋田県南秋田郡 木造住宅が全焼し3人が死亡。
  • 2017年11月26日 秋田県五城目町久保 住宅約200㎡が全焼し、焼け跡から3人の遺体が見つかる。
  • 2017年6月1日 京都府南丹市 木造2階建と物置を全焼、住民は軽症。
  • 2017年6月1日 兵庫県小野市 木造2階建が全焼。出火の10分前に20m先の電柱に落雷があった。
  • 2017年6月1日 岡山県矢掛 屋根の一部が焼けて穴が開いた。
  • 2017年6月1日 滋賀県東近江市 木造2階建が全焼。
  • 2017年4月29日 群馬県前橋市 木造平屋建が全焼。
  • 2017年4月29日 栃木県鹿沼市 屋根の一部が燃えた。

雷って思ったより多く、木造住宅に落ちてますね。

死亡事故も起きてますが、雷によって起こった火事が原因。

家の中にいて、雷が直撃して死んだというわけではありません。

雷で木造住宅が気をつけたいのは火災

もし雷が木造住宅に落ちた場合は、火災に気をつけたいですね。

直接家に落ちてなくても、近くに落ちた雷が原因で出火している例がたくさんあります。

寝ている間に火事になったら、逃げ遅れることもありそうです。

次は、雷がゴロゴロしているときに、お風呂に入っても平気なのかについて。

雷が鳴っているときにお風呂は危険?

雷が鳴っているなかでの入浴は、どっちかというと控えたほうが良さそうです。

入浴だけでなく、洗濯や炊事など水を使うものを避けた方が良いらしい。(参考文献2)

これは雷が近くに落ちた場合、水道管など金属類を伝わる可能性があるので、そこから感電するリスクがあるんだと思います。

で、実際にそんな例があるのかというと。

調べた限りですが、入浴中に感電して負傷したという話はありません。

落雷の影響で窓が割れて、お風呂場で負傷というのはありましたが。

雷ってすこし待てば通り過ぎるので、余裕があるのであれば、すこし待ってからお風呂に入るのが良さそうです。

次は、雷で家電が壊れるかも知れないことについて。

雷で家電が壊れる?

雷が家や近くの電柱に落ちると、異常に高い電圧が電線に流れるそうです。

この現象を「雷サージ」と呼ぶそうな。

これにより、コンセントに繋がっている家電製品が故障したり、最悪の場合、そこから出火して火事になったりもするそうです。

電化製品はコンセントを抜くことで、これを防ぐことができますね。

私も稲光がすごいときは、ノートパソコンのコンセントを抜くようにしてます。あとスマホも充電器から外してますね。

この2つは仕事道具なので、万が一にも壊れると困りますから。

それ以外の家電については、なにもしてません。

壊れると取り返しのつかないものだけ、保護しておけばいいんじゃないかなと思います。

雷は火災保険の対象?

ちなみに、もし雷が原因で電化製品が故障した場合、火災保険で保証してもらえる可能性があります。

これは、家財を保険の対象に入れていればですけどね。

最近は異常気象で雷も増えてきてます。

そういった地域にすんでいる場合は、火災保険を見直したほうが良いかもしれません。

<参考文献>
1. 日本電気学会「雷から命を守るための心得」
2. 東京電気管理技術者協会「電気安全に関するQ&A」

あとがき

私が住んでいる地域は、ほんとうに雷が多くて、いつも戦々恐々しています。

しかも古いお家に住んでいるので、雷が直撃したら消し飛ぶんじゃないかなと。(汗)

「雷なんて滅多に落ちないでしょ?」

と私も思っていたんですが、そうでもありません。

山の中とか木とかに、落ちたあとがありますよ。

田舎道で家族が自転車やバイクに乗るようでしたら、以下の記事も一度読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました