台風の窓ガラス対策を賃貸で。割れたときの対処と賠償責任は誰にある?

窓ガラス

最近は、ものすごい台風が上陸するようになりましたね。

賃貸住宅に住んでいるのですが。

台風による窓ガラスの揺れが、ふつうじゃありません。

いつ割れるのかと思って、強風のたびにドキドキしてます。

賃貸での窓ガラス対策と、割れたときの対処、賠償責任について書いてます。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策を賃貸で!

賃貸の一戸建てに住んでいるのですが、雨戸がありません。

だから最初は、ベニヤとかダンボールを窓の外に貼ろうかなと。

でも最近の台風は、看板がふっ飛ぶぐらい強力。あの爆風で飛んでしまったら、どんな被害を引き起こすか分かりません。

そこで窓の補強はあきらめて、窓ガラスが割れた場合の対処だけを考えました。

窓ガラスが割れた場合の対策

窓ガラスが割れても被害が少なくなるよう対策しておきます。

一番簡単なのは、窓ガラスに内側からテープを貼る方法。テープをイギリスの国旗(米印)みたいな形で、窓ガラスに貼り付けます。

すると、もし窓ガラスが割れたとしても、ガラス片が飛散しにくいんだとか。(参考文献2)

戦時中も窓ガラスが飛び散るのをふせぐため、テープを貼っていたみたいです。

テープの種類は、ガムテープや布テープでOK。でも後始末を考えたら、引っ越しなどで使う“養生テーブ”がベスト。

あとは、”飛散防止フィルム”というのもあります。このフィルムを窓ガラスに貼っておけば、ガラス片が飛び散りません。

でもこのフィルムは剥がすときが大変。実家の窓ガラスに貼ったことがあるんですが、2度と剥がせない感じでした。(汗)

というわけで、オススメは養生テープによる簡易的な方法。

この上からカーテンをしておけば、被害を最小にできるかなと思います。

<窓ガラスの補強>

  • 養生テープを窓に貼る(米印のように)
  • 飛散防止フィルムを貼る

このように窓ガラスが割れる前提での対策をしたら、次は窓を塞ぐための対策を考えておきます。

スポンサーリンク

台風で窓ガラスが割れたときの対処

実際に窓ガラスが割れたわけでないので、あくまで想定でなんですが。

窓ガラスの割れた範囲が小さい場合

窓ガラスの割れる範囲が小さければ、テープで塞げると思います。

オススメは強力粘着テープ

似たような商品は他にもありますけど、他と比べて安いので。

私はこれでよく老朽化したカーポートの屋根を修理してます。信じられないぐらい強力で、よくくっつきます。暴風雨でも全く剥がれません。

窓ガラスが割れた範囲が小さければ、このテープとダンボールで塞げると思います。

窓ガラスが大きく割れた場合

窓ガラスが大きく割れてしまった場合は、何かで蓋をしないとですね。

私は10000円ぐらいで買い換えられるから、畳か本棚を使う予定でした。

畳は剥がして窓の近くに立てかけておき、本棚はカラにした状態にしておきます。この状態で、待ち構えていましたね。

それ以外にも、窓を塞ぐのに必要そうなものを準備しておきました。

窓ガラスが割れたときの用意

  • ガラス片を踏まないための靴
  • ゴムコーティングの軍手
  • 強力粘着テープ
  • ダンボール
  • ビニールシート

ところで、もし窓ガラスが割れたあと、放置したらどうなるんでしょうか?

調べた感じだと、最悪の場合、屋根が吹っ飛ぶことも。

窓ガラスが割れたのを放って置くと屋根が飛ぶ?

よく台風などで屋根が吹っ飛ぶ映像がありますね。

あれって、家の中に風が吹き込んだのが原因みたいです。(参考文献1)

窓が割れると、家の中にものすごく風が吹き込むわけですから、屋根が飛ぶリスクも高くなりますね。

それを防ぐために反対側の窓やドアを開けると良いという話もあります。(参考文献2)

よっぽどの台風じゃない限り、私はやりませんけどね。(汗)

次は、台風による被害は誰が補償するのかについて。

台風による賃貸物件の被害の賠償責任

建物に関する被害は貸主

台風で窓ガラスなど建物に被害があった場合は、貸主が補償するみたいです。

賃貸物件について、以下のような民法があります。

賃貸人は、賃貸物の使用及び収益に必要な修繕をする義務を負う

出典:民法第606条

賃貸人とは貸主のこと。つまり、大家さんとか管理会社さん。

ただし借り手に過失があった場合は、自己責任になることもあります。ここでいう過失ってのは、以下のような行為を意味します。

  • 雨戸があるのに閉めていない
  • 窓が開いてた
  • 庭に植木鉢などを置いていて、それが飛来した

台風が来るわけですから、こういった当然のことは対応しておきたいですね。。

家財に関しては住んでる人

窓ガラスが割れて家財が濡れてしまったり、飛来物で家財が壊れた場合など。

これは借り手の責任になるそうです。

だから火災保険に入っておくのが大切なんですね。

賃貸物件を契約するときに、普通は火災保険に入ってると思います。

契約している保険会社に、すぐ連絡しましょう。

火災保険の適用には報告と証拠が大事

保険会社には早めに連絡したほうが良いみたいです。

早く修理して欲しいですしね。

あと被害にあったところを、日付入りで撮影しておくのが大事みたい。

ようするに台風で壊れたことを、なるべく証明できるようにしておきます。

まとめ

賃貸物件において、台風の窓ガラス対策をどうするのか、私の場合の対応について書きました。

賃貸物件だと窓ガラスをあまり補強できません。

というわけで私は、窓ガラスが割れたときの準備をして台風をやり過ごしました。

台風が来ると、いつもドキドキしながら窓のきしむ音を聞いています。

次の台風シーズンまでに、安心できるお家に引っ越したいです。。

<参考文献>
1. YKKAP「住まいのリスクとシャッターの防災・防犯効果」
2. 京都大学防災研究所「台風時の強風災害に対する対応」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です