2歳の娘がパパを嫌がるのが凹む。理由と役割を考え態度を改めたら・・・

イヤイヤ期

「パパもぅあっち行って!」

喋れるようになった2歳の娘が、父親を完全に拒否。

ママにべったりになりました。

このメチャメチャ可愛い娘から、まさか拒否されるとは。。

と激しく落ち込んでいたら、わりと良くあるケースみたい。

2歳の娘がパパを嫌がる体験と、考えられる理由、態度を改めた結果について書いてます。

スポンサーリンク

2歳の娘がパパを嫌がるのが凹む

「パパもぅあっちいって!」

娘がママと遊んでるときは、わりと頻繁に拒否されます。

これはママを独占したいからなんでしょうけど。

「パパのお家あっちだよ(山の方を指差す)」

「えっ!?」

「ここ私とママのお家」

お出掛けから帰ってきて、車庫に車を入れるタイミングでたまに言われます。

酷すぎて笑えるw

「どーいーて(両手で押してくる)」

娘がママと寝室やお風呂場に入るとき。

「パパもう来ないで(バタンッ)」

ドアを閉めることも。

「アンパンチッ!(グーで)」

傍目には可愛いんですけどね、これは”こっち来るな”っていう意思表示。

このように毎日ちょっとずつ心をエグられ続け・・・だんだん傷が深くなっていきます。

俺、わりと面倒みてると思うけど?

私は自宅で仕事をしているし、妻は里帰りしていないので、娘とは生まれてからずっと一緒。

育児にしても、ミルクにオムツにお着替え、爪切り、お風呂と、妻と分担せずに何でもこなしてきました。

家事についても、お風呂掃除、ゴミ捨て、皿洗い、たまに料理もしてます。

家事も育児もやってる方だと思うんだけど。

しかもちょっと前までは、娘とふつうに仲が良かったのに。

拒否されるようになったのは、なぜなんでしょうか?

2歳の娘がパパを嫌がるのは良くある

調べてみると、同じような人がたくさんいました。

さすが魔の2歳児。ちょっとホッします。(^_^;)

でも、放っておけば娘との関係が改善するってわけでもないみたい。

女児との関係を諦め、2度と修復できなかったってケースをチラホラ見掛けました。

そこで、拒絶される原因を調べてみました。

スポンサーリンク

2歳の娘が父親を嫌がる理由を調べた

妻や娘への暴言、DV、ひどい態度など、そういったものは当然ない前提で。

お酒臭い、タバコ臭い、髭が痛い、など生理的に嫌悪されることも、やってないので外して考えます。

それ以外で、次のようなことが嫌がられるという意見がありました。

  • 短気でイライラしている
  • 娘が一生懸命やってるときに邪魔をする
  • しつこくちょっかいを出す
  • 娘の行動をじっくり待たない

要するに大人げないほど、幼児には嫌われるってことですね。

あと、ママさんや娘さん達の意見で最も多かったのが、“妻の夫に対する態度”

妻の夫に対する態度

妻が夫を尊敬してないとか、愛情がないとか、ひどい場合は嫌ってるとか。

そういったことがあると、娘は機敏に察してママに同調するみたいです。

でも我が家ではそんなことないはず。。なんですけど?

父親の役割は初めての他人?

2歳の娘の拒否反応について、妻と相談してみたところ、

「人間関係を試しているんじゃ?」

「男性とのコミュニケーションを鍛えるためにやってるんじゃ?」

というポジティブな話になりました。

うちではこんな意見にまとまったんですが。

でも実はこれ、子育て本にも同じようなことが書いてました。

「頭のいい子にする最高の育て方」という本。

その中で、ママと娘は出産後もしばらく一心同体で、パパは生まれて初めて会う”他人”という解説がでてきます。

だからパパとの関係は、そののまま他人と自分の関係のベースになるとか。

そしてママがパパを尊重すれば、子供も他人を尊重する子に育つという話がありました。

本の中では、その根拠として国立精神・神経医療研究センターの研究などが紹介されてます。

であれば、拒まれるのも仕方ないんですけどね。

それ以外にこんな説も

思春期とか反抗期の話ですけど、娘というのは遺伝子が近い父親を毛嫌いするとか。

これは近親者を避けるために起きることみたいです。

基本的に思春期での話だから、2歳児に当てはまるのかは分かりませんけどね。思春期こわすぎ・・・。

こういったことを踏まえて、娘への態度を改めてみました。

娘への父親の役割を考えて態度を改めたら・・・

試行錯誤したところ、効果があったのは次の2つの対処です。

娘と2人きりでお出掛け

もっとも有効だったのは、父親と娘の2人だけでお出掛けすること。

2人きりで海岸へ行きました。石を海に投げたり、砂をいじったり、貝殻を拾ったり、帰りにブランコに乗ったりなど。

正直、イヤイヤ期の2歳児を扱い兼ねていたんですが、結果的にこれが良かったですね。

この後から急速に仲良しに戻った気がします。

子供が父親に求めるのは、ドキドキ感や冒険なのかもしれません。

というわけで、よく2人きりで外出するようになりました。

仕事や休息を優先しない

これは非常に難しいと思いますが。

私は仕事の優先度を落としました。

好きでやってる仕事なんで、本当は年中パソコンを触ってたいんですけどね。

でも仕事は諦めて、娘と遊ぶのを優先してます。

おかげでイライラしたり、娘に素っ気ない対応をしてしまうことが無くなりました。

いつでも娘を受け入れるスタンスでいます。

生まれて初めて、自分優先から子供優先になったと思います。

努力の結果

「パパあっち行ってよ〜」

は今でも言うんですが、回数が減ったしマイルドにもなりました。

あと、

「ママあっち行って」

も言うようになりました。

父親の小さい勝利です。(笑)

まとめ

2歳の娘に嫌がられるのは、ほんとショックです。

しかし、ここで身を引いてしまったり拗ねてしまうと、娘との関係を修復できないケースも。

父親の虚像は守りつつ、本当の大人になることが、今求められているのかもしれません。

でも世の中には、ママよりもパパが好きな、パパっ子も多いみたい。

だから何がダメで何が良いかなんて、分かるわけありません。

一つ言えるのは、思考停止が一番良くないはず。試行錯誤を繰り返すしかなさそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です