青魚の種類の一覧、DHAやEPAの含有量について。そもそも青魚とは?

青魚

青魚は健康に良いって聞きますよね。

頭が良くなるって話も耳にします。

でも青魚って、具体的にどんな魚のことを言うのでしょうか?

イワシやサバが青魚というのは、何となく分かるんですけど。

青魚の種類の一覧、DHAやEPAの含有量、そもそも青魚って何かについて書いてます。

スポンサーリンク

青魚の種類の一覧

青魚には、たくさんの種類があります。

でも全部は紹介しきれないし、実は青魚って明確に分類されているわけではありません。

そのあたりの事情は、後ほど説明しますね。

そこで、スーパーで日常的に見掛ける魚のうち、代表的と思われる青魚をピックアップしました。

<代表的な青魚>

魚の科目 魚の名前
イワシ系 マイワシ
サバ科 マサバ、サワラ、クロマグロ、カツオ
アジ科 マアジ、ブリ
サンマ科 サンマ
トビウオ科 トビウオ
ニシン科 マイワシ、ニシン

クロマグロはよく”本マグロ”という商品名で売られてます。

このマグロやブリなんかも青魚といえるんですが。でも一般的には、大型魚や高級魚をあまり青魚って呼ばない気がします。

タチウオやスズキは、背が青くないので外しました。

この辺りは人によって感じ方が違うと思います。

次は、青魚のDHAやEPAの含有量について。

スポンサーリンク

青魚のDHAやEPAの含有量について

青魚はDHAやEPAが豊富だと言われています。

一体どれぐらい含まれているんでしょうか?

先程紹介した、代表的な青魚について調べてみます。

<代表的な青魚のDHAとEPA>

魚類 DHA(mg) EPA(mg)
マイワシ 870 780
マサバ 970 690
サワラ 1100 340
クロマグロ(赤身) 120 27
クロマグロ(脂身) 3200 1400
カツオ(秋) 970 400
マアジ 570 300
ブリ 1700 940
サンマ 2200 1500
ニシン 770 880

※可食部100gあたりの成分。

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

こうしてみると、クロマグロ(脂身)とサンマに含まれているDHAやEPAが飛び抜けて多いですね。

ただしクロマグロ(赤身)は、ほとんどDHAとEPAが含まれていません。

ということは、中トロ・大トロを食べなきゃ駄目ですね。(^_^;)

この成分データの数値は生食での場合ですから、煮たり焼いたりすると結構違ってきます。

あと獲った季節や場所で、魚の成分はかなり変わるとのこと。だからあくまで参考程度の数値として見てください。

ちなみに、成人が一日に必要とするDHAとEPAは、1g=1000mg以上だそうですよ。(参考文献2より)

最後に、なぜ青魚がハッキリと分類されていないのかについて。

そもそも青魚とは?

鯖

 

青魚とは、一般的に背が青っぽい回遊魚のことを言います。

青物とも言いますね。

広く知られている青魚としては、イワシ、サバ、アジなど。

マグロやブリも青魚なんですが、あんまりそういった印象はないですよね。

青魚とは実用上の言葉。魚の分類として定義されてるわけじゃありません。だから青魚を定義したリストとかは、どこにも無いわけです。

そんなわけで、青魚の種類についてはアヤフヤになりがちです。

ちなみに青魚の背はなぜ青いのかというと。

青魚の背はなぜ青いのか?

青魚の背が青いのは、生息している水深が関係しています。

青魚は海面に近いところを泳ぎます。空から鳥に狙われやすいので、見つからないよう背の色を海と同じ青にしたんだとか。

また、青魚のお腹の色が白いのは、下から狙われるのを避けるため。お腹が白いことで、下から見ると空と同化して見つかりにくくなります。

上下からの攻撃を避けるため、青魚はあんな色になってたんですね。

まとめ

青魚の種類一覧について書きました。

実は青魚って、ハッキリ分類されているわけではありません。一般的には背中が青いものが、青魚と言われています。

青魚をDHAやEPAを摂る目的で食べている人も多いはず。

DHAやEPAが豊富いってのは、どうやら本当みたいですしね。

健康のためにも、毎日とはいかないまでも、なるべく青魚を食べるようにしたいですね。

<参考文献>
1. 著:齋藤洋昭「青魚にドコサヘキサエン酸 (DHA) が多い?」
2. 厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)脂質

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です