ほっけの栄養と効能が凄い!今夜ほっけが食べたくなる5つの理由

ほっけの開き魚介類

ほっけは、ふっくらした身と、身離れの良さが魅力の魚。

焼きたてのほっけに、レモンをかけて食べるのが最高です。

そんなほっけですが、思ったよりも栄養豊富で様々な効能があります。

今夜ほっけが食べたくなる5つの理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

カルシウムが意外なほど豊富

ほっけ

ほっけは、カルシウムが意外なほど豊富です。

どのくらい豊富かというと、アジやさんまの3倍。

骨ごと食べる小魚や缶詰には及びませんが、骨を外して食べる魚の中ではトップクラス

食品名カルシウム(mg)
ししゃも360
さば缶260
ほっけ開き180
さんま開き60
あじ開き57

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

魚以外の食べものと比べてみても・・・

食品名カルシウム(mg)
アーモンド210
ほっけ開き180
こまつな170
牛乳110
木綿豆腐86

出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)

カルシウムが豊富なアーモンドや、こまつなと比べても見劣りしません。

カルシウムの代名詞ともいえる牛乳より、ずっと多いんです!

(牛乳って、実はそんなにカルシウム摂れるわけじゃない)

ところで、

「ほっけにカルシウム?カルシウムって骨の部分なんじゃないの?」

って思いませんでしたか。

魚の身にはカルシウムが含まれている

これに関しては、私も常々疑問に思っていました。

でも魚のカルシウムって、実は身の部分にも多く含まれています。正確には筋隔っていう、魚の筋肉を包んでいるも白い膜のような部分に含まれてます。

イメージしにくいと思うので、マグロの大トロの握りを思い浮かべて下さい。

マグロの大トロって、白い筋がたくさん入ってたりしますよね。あと、カツオなんかも木の年輪みたいな輪がありますよね。

それらが筋肉を包んでいる筋隔になります。

ほっけの場合は、焼いてしまって分かりにくいですが、身がポロポロと取り外しやすいのは、筋隔に包まれているからだそうです。

ですので、身を食べているだけでも、しっかりカルシウムを摂れるわけです。

ちなみにカルシウムが不足すると・・・

カルシウムが不足すると

カルシウムが不足すると、骨がスカスカになり骨粗鬆症の原因となるほか、様々な症状や病気の原因となりかねません。

カルシウム不足による症状

骨粗鬆症、動脈硬化、高血圧、糖尿病、アルツハイマー病、変形関節症

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、日本人は全年代でカルシウムが不足しています。

<参考文献>
公益財団法人 骨粗鬆症財団
オーソモレキュラー.jp「カルシウム」

スポンサーリンク

ナイアシンが豊富

ほっけは、ナイアシンも豊富です。

ナイアシンは普通に食事を摂っていれば不足しませんが、お酒を飲むなら必ず取りたい成分。

というのも、ナイアシンはアルコールの分解に必要で、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解もサポートします。

酒の肴に「ほっけの開き」を食べるのは、とっても良い組み合わせなんですね。

その他にも、冷え性や中性脂肪、悪玉コレステロールを減らす働きも期待できます。

中年には、最高のおつまみですね。(笑)

DHA・EPAが魚の中でも豊富

DHA(ドコサヘキサエン酸)

ほっけはDHAが豊富。

魚介類の中でも多い方で、ごまさばやニシン、ムロアジと同じくらい。

DHAって言うと、頭がよくなる成分として有名ですよね。(実際に頭が良くなるわけではない)

これは「日本の子供のIQが高いのは魚を食べるから」というイギリス人博士のレポートが発端みたいですが。

その他、血液をサラサラにしたり、コレステロール値の上昇をおさえたり、中性脂肪を減らす効果も指摘されています。

DHAの効果まとめ
  • 血液をサラサラにする
  • 中性脂肪を減らす
  • 脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化を防ぐ

EPA(エイコサペンタエン酸)

ほっけはEPAも豊富です。

いわし・さば・あじなど青魚に多く含まれるといわれるEPAですが、ほっけも負けてません。

魚介類の中でもかなり多い方で、日常的に食べる魚としてはトップクラス。

EPAには血液サラサラにする効果があり、中性脂肪を減らしたり動脈硬化を防ぐのに役立ちます。

EPAの効果まとめ
  • 血液をサラサラにする
  • 中性脂肪を減らす
  • 血管を若く保つ
  • 脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化を防ぐ
  • 紫外線によるダメージを減らす
  • ドライアイの改善

これらDHA・EPAは必須脂肪酸なのですが、体内ではほとんど作られません。

どちらも不足すれば様々な身体のトラブルとなります。

積極的にほっけを食べて補充したいですね。

ビタミンDもまーまー含まれている

ほっけの刺身 – 北海道で食べられる

ほっけには、ビタミンDもまーまー含まれています。

ビタミンDを多く含む食品は、魚介類、卵類、きのこ類などに限られているので、ぜひ摂取したい成分。

ちなみに、日光を浴びることで皮膚からも生成されます。

ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を助けたり、血液中のカルシウムを骨まで運ぶ働きがあります。

その他、免疫力アップや糖尿病、自閉症に効果があるかもしれないと期待されてます。

ふだん日光を浴びない人は、意識して食品から摂りましょう。

また、脂溶性のビタミンなので、脂と一緒にとると吸収率が高まります。そういった意味でも、脂のノッたほっけは最高ですね。

亜鉛が含まれている

ほっけのフライ

ほっけには亜鉛も含まれています。

亜鉛はタンパク質やコラーゲン合成に関わる大事な成分。

平成 27 年 国民健康・栄養調査」によると、日本人はやや亜鉛不足です。

ほっけに含まれている亜鉛は多くはないのですが、大切にしたいところ。

主な亜鉛の働き
  • 皮膚の健康を維持する
  • 味覚を正常に保つ
  • ビタミンAを活性化させ抗酸化作用
  • 免疫力アップ
  • 髪や肌を健康に保つ
  • 生殖機能アップ
  • 新陳代謝を高める

亜鉛は汗とともに流出するので、身体を多く動かす人ほど必要です。

あと、よくお酒を飲む人も、アルコールの代謝に亜鉛が使われるので、積極的にほっけを食べましょう。

亜鉛が不足すると、様々な症状に悩まされます。

亜鉛が不足したときの症状
  • 味覚障害
  • 発育不全
  • 男性不妊
  • 皮膚の病気や脱毛
  • 免疫力の低下
  • 情緒不安定、うつ病など

亜鉛は水溶性なので水に溶けて流出してしまいます。

そういった意味でも、焼いて食べるのが良さそう。

さらに亜鉛の吸収率は30%と低いのですが、動物性たんぱく質と一緒に食べることで吸収率が上がります。

ほっけの身は、亜鉛の食べ方としてもバッチリですね。

あとがき

ほっけは、思ったよりもずっと栄養豊富。

身体にも良いことが分かったので、ますます美味しく食べられると思います。

今夜のおかずに、ほっけはいかがでしょうか?

ちなみに縞ほっけより、真ほっけの方がずっと美味しいですよ。

北海道産の真ほっけは、脂が乗っていて身が上品です。

(縞ほっけは大味なことが多い・・・)

↓最高級の真ほっけ。

「ほっけは好きなんだけど、魚焼きグリルが汚れるのがな〜」

って人は、以下の記事も読んでみてください。

\ヘルシーで健康的なお魚生活になるよ!/

→魚焼きグリルを汚したくない人!グリルプレートがガチで良いよ

コメント

  1. Mr.KJ より:

    ホッケ爆釣りしてきたばっななので、非常に勉強になりました!
    ありがとうございます!
    釣り友達からリンク送られてきて、拝見しました。
    これで、バクバク楽しくホッケを食べれます(笑)

    • 関心タロウ関心タロウ より:

      ホッケ良いですね〜!
      爆釣って、そんなに釣れるものなんですね。
      釣れたてのホッケ、一度食べてみたいです。(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました