【体験談】35歳男性が頭頂部の薄毛を改善して気付いた2つのポイント!

32歳を過ぎたぐらいから、頭頂部の薄さに悩んでました。

どれぐらい悩んでいたかは、察してもらえるかと思います(汗)

そんな私でしたが35歳を迎えるころには、髪のボリュームが回復し、短髪で過ごすようになってます。

何があったかというと、まぁ結婚したんですね。よく結婚できたなって話は、ここでは置いときます。。

結婚したことで、一部の生活習慣が大きく変わりました。そこに薄毛を改善する大きなヒントがあったんです。

同じように悩んでいる人の役に立てばと思い、そのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

ポイント1:食生活の改善

「なんだそんな当たり前の話かよ」

って思うかも知れませんが、当たり前なだけに大事でした。

当時を振り返ってみて気付いたんですが、頭頂部の薄毛を改善した大きな要因は、間違いなく食生活の改善です。

一人暮らしをしていると、どうしても栄養不足になります。この栄養不足ってのが、想像より遥かに頭皮や毛根にマイナスでした。

それが分かったのは、食生活が改善したことで、髪にハリやボリュームが戻ってきたから。

栄養が十分に摂れる食生活を送っていると、血色がよくなり、髪の状態も良くなってきます。半年ぐらい経つと、傍目にも改善していることが分かったみたい。

飲酒やスナック菓子を食べる量はかえって増えたので、不摂生なものを控えるというよりは、栄養を十分に摂るということが大切です。

というわけで一人暮らしであっても、食生活の改善ができれば薄毛の改善も見込めます。では、どんな栄養を摂るのが良いのでしょうか。

具体的に見ていきます。

必須アミノ酸

髪のタンパク質であるケラチンは、アミノ酸18種類が結合したもので、このうち9種類が必須アミノ酸。必須アミノ酸は食事からしか摂れませんので、肉・魚・卵・大豆などタンパク質の多い食品を、数種類食べることが大切です。

亜鉛

亜鉛はタンパク質の合成に関わっています。不足すると髪のタンパク質であるケラチンが合成されません。その結果、髪が生えなかったり弱々しかったりします。また、亜鉛はキューティクルを整えるコラーゲンの合成にも関わってくる重要なミネラル。

1日必要な量は成人男子が10mg、成人女性が8mg。「平成 27 年 国民健康・栄養調査結果の概要」によると、日本人は20歳過ぎると亜鉛不足です。

★亜鉛を多く含む食べ物
牡蠣、ホヤ、豚レバー、牛肉、ラム肉、卵黄、カニ、ごま、カシューナッツ、アーモンドなど。

一人暮らしなら外食で意識して食べるか、ナッツ類を補助的に食べると良さそう。

ビオチン

ビオチンはビタミンB群の一種。ビオチンは糖質のリサイクルや脂肪酸の合成、アミノ酸の代謝を助け髪の健康を維持する働きがあります。多くの食品に含まれ体内でも合成されるので、普通の食生活をしている分には不足しません。

★ビオチンを多く含む食べ物
レバー、卵黄、ピーナッツ、アーモンド、ヘーゼルナッツなど。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質、糖質、タンパク質からエネルギーを作ったり、頭皮や毛根の再生に使われます。過酸化脂質を分解し、老化を抑える効果もあり。

★ビタミンB2が多い食品
レバー、うなぎ、納豆、アーモンド、卵黄など

一人暮らしでも納豆や卵、アーモンドで摂れます。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質の代謝に関わり、細胞を作るときに欠かせません。頭皮の新陳代謝をよくし、髪の健康を維持します。

★ビタミンB6が多い食品
にんにく、ビスタチオ、マグロ、かつお、鮭、アジ、さんま、鶏肉

魚介類に多いので、刺し身やお寿司を食べるのが良さそうです。

ビタミンA・C・E

ビタミンAは頭皮の健康を保つ働きがあります。ビタミンCは全ての細胞に必要なコラーゲンや、ストレスに抵抗するホルモンの生成に必要。ビタミンEは細胞の老化を防いだり、血流を改善する働きがあります。

ビタミンA・C・Eは一緒に摂ると、お互いに助けあう相乗効果が期待できるので、ぜひ一緒に食べましょう。

★ビタミンAが多い食品
レバー、うなぎ、あなご、しそ、モロヘイヤ、にんじん、春菊、ほうれん草、かぼちゃ

★ビタミンCが多い食品
野菜、果物

★ビタミンEが多い食品
アーモンド、植物油、魚介類

当たり前ですが、野菜を食べるのは大切ですね。

<参考>
日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要
平成 27 年 国民健康・栄養調査結果の概要

とまぁ必要な栄養素をまとめたんですが、一人暮らしでバランスのよい食事を摂るのはなかなか大変です。

卵やナッツ類は自宅で食べれるとして、魚や牛肉などは外食やお弁当のとき選ぶしかないですね。野菜はスムージーなどをまとめて大量に作って、毎日小分けにして飲むと良さそうです。

そういうのが長続きしないという人は、食事のバランスが考えられているおかずを買うのがオススメ。おかずを配達してくれるサービスってのは結構あって、その中でも栄養士が考えたバランスの良いおかずを届けてくれる『ヨシケイ』が便利です。

>>【ヨシケイ】冷凍弁当1食あたり170円★初回限定キャンペーン中

種類も豊富で味付けも濃くなくて、まずまず美味しい。『ヨシケイ』のサイトでは、一週間単位での注文を推奨してますが、必要なときに必要なだけ頼むことも可能です。

うちではまとめ買いして冷凍庫に積んでおき、必要なときだけ食べてました。

それ意外にも、自社製の手作りお惣菜にこだわった『ちくや』も、なかなか美味しくてオススメ。一食分ずつの小分けなパックに入ったおかずを、お手頃価格で購入できます。季節毎に、おかずのラインナップが変わるのも嬉しい。

>>【知久屋】化学調味料・着色料・保存料が無添加のお惣菜

この辺りを利用すると、かなり良いんじゃないかと思います。

それでは次のポイントを確認していきます。

スポンサーリンク

ポイント2:良質なシャンプーを使う

これも後から気付いたんですが、結婚してからは良質なシャンプーを使うようになってました。

シャンプーは嫁が選んだものを使っていたのですが、それはたいていオーガニックだったり自然派だったりと、髪に良さそうなものばかり。

詳しいところは分からないのですが、使い心地が違うことは確か。なんというか、サラサラッとした仕上がり。

そのお陰なのか、以前はよく頭皮に痒みがあったんですが、それが全く無くなりました。そして長く使っているうちに、髪にハリと艶が出てきて、美容院で褒められるまでに。(^_^;)

というわけで2つめのポイントは、シャンプーです。

よく薬用の育毛シャンプーとか広告をみますが、成分が良ければ、ああいったものも案外効くのかもしれません。

良質なシャンプーには、値段が高いなりの良さがあると実感しました。頭皮に痒みを感じていたり、髪にハリや艶がないと感じているなら、一度試してみて見ることをオススメします。

参考までに、うちでよく使っていたシャンプーはこれ↓

薄毛の改善ポイント2つを紹介しました。次は、その当時どんな生活をしていたのか振り返ってみます。

薄毛になったときの生活はどんなだった?

32歳を過ぎた頃は仕事もそれなりに忙しかったのですが、なによりも不規則で不健康な生活をしていました。

システム開発の仕事をしていたので、徹夜になることや深夜遅くまで作業することは日常。朝起きる時間もマチマチです。

外食がほとんどで、うちで食べるときはスーパーやコンビニで弁当を買ってました。飲みに行ったら深夜まで飲むことが多く、休日はよく二日酔いでしたね。

土日に運動とかそういう習慣もないので、たまにマラソンする以外は運動はしません。せめて良かったのは、タバコは吸わないということ。

今から思うと、まあまあ酷い生活です(^_^;)

そんな生活をずっと続けていた30代だったのですが、結婚して薄毛が改善し始めたときは、生活の一部も変化していました。

薄毛が改善し始めた生活はどうだったのか?

仕事の忙しさは、実は結婚してからのほうが2倍ぐらいあったし、それに合わせてストレスも大きかったです。その結果、お酒を飲む量は増え、二日酔いもそれなりしていました。

それでも、生活に一定のリズムができ、朝あまり遅くならない時間に起きるようになりました。それに食事のバランスが整って、野菜をかなり食べるようになってます。

あとはシャンプーが変わったし、お風呂に浸かるようになりました。

こんな感じで、生活の一部が改善したのは間違いないです。

ちなみにこれを、良く言われる薄毛の原因と比べてみると・・・

よく薄毛の原因といわれるのは

よく薄毛の原因と言われるものには、以下があります。

  1. ストレス
  2. アルコール
  3. 食べ過ぎ
  4. 睡眠不足
  5. 加齢
  6. 遺伝
  7. 偏った食生活
  8. 喫煙
  9. 不規則な生活
  10. 紫外線
  11. 合わないシャンプー

ところが私の場合は1〜6はそのままに、7〜10を改善しただけで良くなりました。

だから“薄毛の原因”も人によって違うってことですね。ちなみに遺伝的には、祖父がツルツルで父親もかなり怪しい感じです。

ストレスの大きい忙しい環境にいる人も、実は薄毛の原因は違うところにあるのかも知れません。育毛剤やら育毛シャンプーを買うより、食事を改善する方が効果あるかもですよ。

ということで、私の場合は生活を改善してから1年程度で、髪のボリュームが戻りました。

それからしばらく経ってますが、37歳を迎えての髪の状態はというと・・・

37歳を迎えての頭髪の状態

頭

35歳のときよりはボリュームが落ちてますが、薄かった当時と比べればかなり改善してます。

残念ながら32歳ごろの頭頂部の写真は撮ってないので、ビフォー・アフターはお見せ出来ませんが、晴れの日に出歩きたく無いほど悪化してました。

この程度には改善できたという意味合いで写真を載せておきます。

まとめ

以上、35歳で頭頂部の薄毛を改善したときのポイント2つを紹介しました。

私の体験から導き出せる薄毛の改善ポイントは、

  • 栄養が十分摂れる食生活に切り替える
  • 良質で肌に合うシャンプーに切り替える

この2つだけです。

この2つを守ることによって、だいたい1年程度で改善しました。

その他、一般的に薄毛の原因と言われているものでも、振り返ってみると当てはまらなかったことが、たくさんあります。

  • ストレス
  • アルコール
  • 睡眠不足
  • 加齢

この辺りは、私にとっては原因ではなかったようです。

ネットを調べると育毛剤や育毛シャンプーを売りつけるための記事ばかりが目について、本物の体験談なのか疑わしいことが多いです。

そんな記事をよんで、育毛剤や治療に通ってみたけど効果が無いって人は、食生活とシャンプーを見直してみるとイイかもしれません。

もし、「私はこうやって改善したよ!」なんて情報があったら、この記事に追加するので、気軽にコメント書いて貰えると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です