ベッドマットレスを直置きで畳の上に!カビや湿気対策、選び方について

布団-ベッドマットレス

ベッドマットレスを畳の上に直置きして寝てます。

もう2年たちますが、今のところ問題ありません。

よくマットレスを畳に直置きすると、カビが生えるとか聞きますけど・・・。

どういった状況で大丈夫なのか、カビや湿気対策、ベッドマットの選び方について紹介してます。

スポンサーリンク

ベッドマットレスを直置きで畳の上に!

田舎に引っ越して、寝室が畳敷きの和室になりました。

捨てられなくて持ってきたベッドマットは、そのまま和室の寝室に運び込んで、今日まで使ってます。

たまにマットレスの裏側をチェックしてますが、何の問題もありません。わずかな湿り気さえないんですよね。

このベッドは今、妻と娘が使ってます。でも引っ越した当初は汗かきの私も使っていたので、わりと心配したんですけどね。

ちなみに、どんな環境で使っているのかと言うと。

家や地域の湿気は?

古い木造住宅なので、気密性はよくありません。

外気の影響を受けやすいです。

住んでいるところは富山県。年間を通して、日本で一番湿度が高い土地です。湿度70〜80%ぐらいが普通で、カラッとした日はほとんどありません。

そんなところに2年も居るのですが、ベッドマットは特に問題がないんですよ。

湿気の酷い夏場も無事でした。エアコンを頻繁につけていたのが、良かったのかもしれませんけどね。

冬場も問題なし

子供が小さかったので、冬場は石油ファンヒーターで寝室を温めます。

部屋が温まった後は、加湿器とオイルヒーターをつけて寝てたんですが、やはりベッドマットは無事なんですよね。

冬場は、寝てる間ずっと部屋を温めてたのが良かったのかもしれません。こうすることで、ベッドマットと畳の間の温度差が小さくなり、結露が起きにくかったのかなと。

その他、和室にベッドマットなので、畳の調湿性が優れていたというのもあると思うんですが。

それ以上に、ベッドマットが優れていたんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

ベッドマットのタイプによっては湿気に強い

ベッドマットは構造によって、湿気の溜まりやすさが全然違います。

メジャーなベッドマットの構造としては、ボンネルコイルとポケットコイルがあるわけですが。

ポケットコイルは、ポケットとなる袋をたくさん内部に抱えているだけに、通気性がとても悪い。それに比べてボンネルコイルは、内部はバネだけですので通気性が良いです。

うちのベッドマットは、フランスベッドの高密度連続スプリングというもの。

フランスベッドの独自技術なんですが、ようはボンネルコイルの発展形です。だから内部の通気性は、とても良かったわけです。

フランスベッドは純日本ブランド

さらにフランスベッドは、名前にフランスって付いてるけど日本の企業。だから日本の環境にあったベッド作りが得意です。

フランスベッドの高密度連続スプリングは、ベットマットレス内部の湿気と、外気との湿度の差を10%以下にするとのこと。(参考文献1より)

だからマットレス内部には、湿気がほとんど溜まらないわけですね。

このようにフランスベッドを使っていたことが、湿気への対策として良かったんだと思います。

次は、湿気を防ぐ対策について。

ベッドマットレスのカビや湿気を防ぐ対策

ベッドマットレスを畳に置く場合のカビや湿気対策を紹介します。

ベッドマットを定期的に立て掛ける

ベッドマットを定期的に、壁に立て掛けるのが良いそうです。

ベッドマットを壁に立てかけると、裏面を乾かすことができるし、ベッドマットを置いていた位置の畳を乾かすこともできます。

さらに日に当てることできれば、最高なんですけどね。

ベッドマットを立てかけた状態で、裏側にエアコンや扇風機を吹きかけるのも良いそうですよ。

敷きパッドで汗を吸収

ベッドマットの一番上に、汗取り用の敷きパッドをかぶせます。

敷きパッドは、簡単に外せて洗濯しやすいのもメリットですね。

除湿シートをはさむ

私も使っているのですが、湿り気を防ぐには除湿シートが欠かせません。

除湿シートをベッドに使う場合は、はさむ位置が大切。

はさむ順番は、下から純にベッドマットレス→除湿シート→ベッドパッド→シーツ→敷きパッド。これが正解みたいですよ。

畳を傷つけない除湿マット

帝人のベルオアシスという素材で作られている除湿マットは、評判がものすごく良いです。

この除湿マットは、スノコのように使えるマット。軽くて薄くて調湿性に優れ、簡単に干すことができます。

とても柔らかい素材で出来ているので、畳を傷つける心配もありません。

このあたりを組み合わせて湿気対策をすれば、より安心かなと思います。

まとめ

ベッドマットレスを畳の上に直接置くのは心配ですよね。

湿気がすごくて、カビてしまったという話をよく聞きますから。恐ろしいことに、ベッドマットだけでなく、畳までカビてしまうこともあるらしいですよ。

ただ、そういったリスクはあるものの、畳の上にベッドマットって子育には便利。子供と一緒に寝るとき、段差が少なくなるし、ベッドマットから落ちても心配いりません。

それにベッドマットは、基本敷きっぱなしでOK。

床よりも高い位置で寝られるので、ホコリを吸い込みにくそうです。

というわけで、決して推奨しませんが。環境によってはベッドマットを畳を直置きしても大丈夫みたいです。

<参考文献>
1. フランスベッド:高密度連続スプリングマットレス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です