フローリングにベッドマットレスを直置き!湿気に強い製品と、カビ対策

ベッドマットレス

フローリングにベッドマットレスを直置きして4年。

特に問題なく使えますよ。

よくベッドマットを床に直接置くと、カビが生えるとか聞くけど・・・。

どういった環境でOKなのか、湿気に強いタイプのマットレスと、カビ・湿気対策について書いてます。

スポンサーリンク

フローリングにベッドマットレスを直置き!

フローリングにベッドマットレスを直置きすることに。

原意は、私がベッドのサイズを見誤ったからです。(^_^;)

とりあえず、先に買ったマットレスだけを寝室に運び入れました。するとそのまま、ベッドマットを床に直置きして、何と4年も使ってしまいました。。

でも今まで、ベッドマットの裏側をチェックして、問題があったことはありません。

「ベッドマットを床にダイレクトに置くと絶対カビが生える」

なんて話をよく聞きますけどね。条件によっては大丈夫みたいです。

ではいったい、どういった環境でベッドマットが無事だったのかというと。

住んでいた環境

東京都内の新築マンションの10階に住んでました。

部屋の気密性はわりと高かったと思います。

ただ通気孔があるのと、よく換気扇を回していたので、部屋の中に湿気が溜まることはなかったかなと。

年間を通して、乾燥していた日が多かったように思います。

梅雨の時期は?

東京の春〜夏は予想外に暑いので、梅雨の時期もエアコンは24時間付けっぱなしです。

嫁が家にいたので、春〜夏とエアコンを止めている時間はほとんどありません。

ただ、エアコンは乾燥するので、常に加湿器を付けてました。ですので、部屋の湿度はいつも55〜65%ぐらいです。

冬場について

冬場もエアコンと加湿器は、24時間付けっぱなしでしたね。

あと、このマンションの10階の部屋は、床があまり冷たくならないんですよ。下の階層から上がってくる熱のお陰なのかもしれません。

おかげで、ベッドマットと床との温度差を小さくすることができました。

結露は10℃の温度差で出来るそうなので、結果的にベッドマットの裏側への結露を防いでくれたんだと思います。

汗をかく量について

汗をかく量なんですが、私は多いほうだと思います。

でも嫁はあまり汗をかきません。

このような条件で、ベッドマットは無事だったわけですが。

ベッドマット自体の性能も優れていたのではと思います。

スポンサーリンク

湿気に強いタイプのベッドマットレスとは?

ベッドマットは内部の構造次第で、通気性が全然違います。

代表的なベッドマットの構造といえば、ポケットコイルとボンネルコイル。

ポケットコイルは、マットレス内部に小袋がたくさん詰まっているので、通気性が悪い。いっぽうボンネルコイルは、マットレス内部にスプリングしかないので、通気性が良い言われています。

使っていたベッドマットは、フランスベッドの高気密連続スプリング。これは独自技術らしいんですが。ようするにボンネルコイルに近い構造。だから通気性は、かなり良かったと思います。

またフランスベッドは、意外なことに純日本のメーカー。だから、日本の環境にあった、湿気に強いベッド作りを心掛けています。

実際にフランスベッドの高気密連続スプリングは、湿気が溜まりにくくなっているそうですよ。(参考文献1より)

というわけで、こういった湿気に強いベッドマットを使っていたのも、良かったんじゃないかなと思います。

次は、ベッドマットのカビ湿気対策について。

ベッドマットレスのカビ湿気対策

実はカビや湿気への対策は何もしてなかったんですが。。

いや、本当は何かした方が良いですよね。

一般的には次のようなカビ・湿気対策をすると効果があると言われてます。

ベッドマットを上げる

ベッドマットを上げると、マットの裏側と床を乾かすことができます。

うちの場合は、ベッドマットの裏側が湿っぽくならなかったので、滅多に上げませんでした。

敷きパッドで汗を吸収

ベッドマットの一番上に敷きパッドを被せるのが、汗対策としてよく推奨されてます。

量販店でも安く売ってるので、これは使っておきたい汗対策ですね。

除湿シートをはさむ

今、布団で1人で寝ているのですが、除湿シートはとても役立ちますよ。

これのお陰で、布団の裏側が湿りにくくなりました。

除湿シートを、ベッドマットとベッドパッドの間に挟むと、マットレスへの湿気を防げます。

すのこを敷く

たまに、すのこ自体にカビが生えたなんて話も聞きます。

帝人のベルオアシスという素材を使った除湿シートなら、すのこみたいに使えて、しかも吸湿性がすごい。

口コミでの評判が良いので、私も注目している商品です。

まとめ

フローリングに、ベッドマットレスを直置きしたときの環境や条件について紹介しました。

よくベッドマットを床に置くのはダメって聞きますが。

条件によっては問題なく使えるようです。

ただメーカーも推奨してない使い方なので、オススメはしません。

どうでしてもやる場合は、できる限りカビ・湿気対策をした方が良いと思います。

ところで、フローリングにベッドマットを直置きしている人って、少ないんですかね?意外と多かったりして。。

ちなみにうちでは今は、ベッドマットを畳に直置きして使ってます。(^_^;)

<参考文献>
1. フランスベッド:高密度連続スプリングマットレス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です