水道水の塩素を除去する方法を実験!放置、沸騰、レモン、お茶、浄水器など

浄水したシャワーの残留塩素

水道水を、飲み水や調理に使いたい。

そんなとき気になるのが塩素ですね。

何となく身体にも良くなさそうだし、できれば取り除きたいです。

そこで塩素を抜く方法を、いろいろ試してみました。

水道水の塩素を除去する方法についての実験です。

スポンサーリンク

水道水の塩素を除去する方法を実験!

はじめに、塩素や道具について簡単に説明しておきたいと思います。

水道水に残っている塩素は2種類

水道水に残っている塩素には、2種類あります。

遊離残留塩素と結合残留塩素。

塩素の検査をするときは、このうち殺菌力が強い遊離残留塩素を測るのが一般的とのこと。

売っている水道水の検査薬も、ほとんどがこの遊離残留塩素用ですし、残留塩素っていったら、ふつうは遊離残留塩素を指すみたいですよ。

というわけで今回の実験でも、遊離残留塩素を測ります。

ちなみに結合残留塩素とは、すでに他の物質結合しちゃたもの。殺菌力が弱くなってます。

実験のために使った道具

残留塩素測定器

実験のために使った道具は、柴田科学の「残留塩素測定器」。

これにDPD試薬という、残留塩素を色で判別する薬を使います。

水道水の塩素の濃度について

水道水の残留塩素

うちの水道水を測ってみたところ、残留塩素は0.4mg/Lぐらいでした。

いつもよりちょっと濃い目ですが、夏なので仕方ないのかもしれません。

東京など美味しい水を目指す水道水の残留塩素は0.1〜0.4mg/L。しかし夏場などは水が腐りやすく菌が増えやすいので、塩素が濃い目に入ってるって話です。

この残留塩素を実験によって、取り除いていきます。

では早速、実験結果を見ていきましょう。

スポンサーリンク

水道水の塩素除去は放置でOK?

水道水の塩素を取り除く最も簡単な方法は、水を汲み置きして放置すること。

実はこれだけで、塩素って勝手に抜けていくんですね。

でも、どういった条件でどれぐらい抜けるのか分からなかったので実験してみました。

一晩放置

とりあえず500mlのペットボトルに水を汲んで、フタを開けたまま机の上に一晩放置します。

フタを開けたままにするのは、揮発した塩素を逃がすため。

で、翌日これを測ってみると、0.2mg/Lぐらい塩素が残ってました。

汲み置きした水道水の残留塩素

12時間ぐらいだと、こんなもんみたいですね。

おそらくですが、1日〜1日半ぐらい放っておけば、キレイに抜けそうです。

しかし予想よりは残っていたし、もっと早く塩素を抜きたいですね。

太陽光(紫外線)をあてる

太陽光というか紫外線をあてると、早く塩素が抜けると聞きました。

というわけで、透明なカップに1Lの水道水を入れて、日光にさらしてみます。

快晴ってわけじゃなく、晴れてるんだけど薄っすら雲がかかっているような天気。この微妙な晴天のもと、2時間半ほど太陽に晒してみます。

日光を当てた残留塩素

そして測ってみたところ、すっかり抜けてました!

いや〜、太陽光はすごく効果的ですね。

微妙な晴天のもとでも2時間半ほどで抜けたので、青空の日なら2時間ぐらいで、塩素抜けるんじゃないかと。

次は、水道水を沸騰させて塩素を抜く方法について。

水道水の塩素除去は沸騰が一番?

水道水を沸騰させて塩素を抜く方法は、よく水道局なんかでもオススメされてます。

それぐらい確かな方法ということで、実験する前から期待できますね。

一般家庭でよく使っていると思われる、電気ケトルでの煮沸から試してみます。

電気ケトルで煮沸

電気ケトルで沸かした水道水を、ちょっと冷ましてから測ってみたところ。

やっぱり塩素は抜けきっていました!

当たり前なんですが、なんだか嬉しいです。

ちなみに電気ケトルって沸騰した後も、しばらくボコボコしますよね。

実はあれって、塩素だけでなくトリハロメタンを抜くのにも良いと思いますよ。きっとそのへんも考えられて作られてるんですね。

トリハロメタンについては、ここでは触れないので、興味がありましたら以下の記事で。

妊娠中に水道水を飲んでも良いの?トリハロメタンの除去とお風呂の影響も

2018.06.18

次に、電気ポッドも試してみます。

電気ポッドで煮沸

うちで使っている電気ポッドは、カルキ抜きとかついてない、本当に普通のやつです。

要するに安いモデル。(^_^;)

で、沸かした水道水を冷まして計測してみると。

電気ポットで沸かした残留塩素

予想通り塩素は抜けきってました!

蒸気セーブモードとか付いている上位モデルだと、かえって塩素が溜まってしまうかもしれません。

というわけで普通の電気ポットで水道水を沸かししても、塩素はしっかり抜けました。

恐らくヤカンや鍋などで沸かしたときも、きっとキレイに塩素は抜けると思います。

次は、レモンで塩素を除去する方法について。

水道水の塩素除去はレモンが早い

水道水の塩素除去にはレモン汁が有効と聞きましたので、早速試してみます。

100mlの水に、果汁100%のストレートレモン汁を5滴ほど垂らしました。

小さじでいったら、だいたい1/5ぐらいです。

これを残留塩素測定器に入れて測ってみると・・・すごい!

レモン水の残留塩素

たった5滴でも塩素は除去できました。この様子だと、レモン汁はもっと少なくても大丈夫だったと思います。

ちなみに、このレモン水を飲んでみたところ、ほんのりレモンの味が。これぐらいの味がする程度でも十分ということです。

レモン水というのは、わりと意味のある飲み物だったんですね。

水道水の塩素除去にはビタミンC

塩素にはビタミンC(アスコルビン酸)が有効です。

ビタミンC(アスコルビン酸)と塩素が反応して、塩素が除去されるんですね。

つまりビタミンCが豊富に含まれていれば、他の食べ物でも同じ結果が期待できるということ。

実際、塩素除去のための製品には、ビタミンCを使ったものも、たくさんあります。

というわけで次は、ビタミンCが豊富なお茶でのテスト。

水道水の塩素はお茶でも抜ける?

水道水の塩素はお茶でも除去できるのか試してみました。

使用したのは抹茶。煎茶がありませんでした。(汗)

100mlの水に、抹茶をだいたい小さじ1/5ぐらい溶かします。

もちろん、お湯ではなくて水出し。

そうして測ってみると、やっぱり塩素は抜けてました。

お茶の残留塩素

抹茶なので薄緑色が付いていて、ちょっと分かり難いですが、塩素が反応したときのピンク色がまったく出ていません。

ちなみに、残留塩素測定器を汚したくなかったので、このときだけはビーカーで試しました。

お茶でも大丈夫だったので、きっとローズヒップでも塩素除去ができると思います。ま、水出しのお茶やハーブティーを飲む機会は、あんまりないと思いますが。

次は、に浄水器の効果を確認します。

水道水の塩素除去は浄水器が便利

浄水器で本当に水道水の塩素が抜けるのか試しました。

抜けてなかったら問題ですけどね。(笑)

浄水器といっても、うちで使っているのは安くてシンプルなやつ。ほんとうにコンパクトなので、これで塩素抜けるのかちょっと不安もありました。

試してみたところ、本当にしっかり抜けてます!

浄水器の残留塩素

さらに、塩素以外にも有害物質を取り除いてくれるところがナイス。塩素を取り除きたい人は、とりあえず付けてみても良いんじゃないかと。

スイッチで切り替えると、シャワーが使えるのも便利です。

まとめ

水道水の塩素を除去する方法について実験しました。

本当に塩素が抜けるのか疑問だったので、実験でしっかり確認できて良かったです。

特に紫外線にあてると2時間半程度で塩素がなくなるのは驚きでした。もちろん環境によって違ってくるとは思いますが。

浄水器がない場合など、金魚やメダカの水を作るときに、紫外線がてっとり早くて良さそうですね。

飲み水として使う場合は、やっぱり沸騰させるのが安心です。塩素とトリハロメタンを除去できるので、身体には一番良さげですね。

でも結局のところ、浄水器が便利なんですが。(^_^;)

ちなみにお風呂の塩素対策は、以下の記事にまとめてます。良ければ。

水道水の肌荒れ対策!塩素除去のシャワーやお風呂、洗顔でツルツルに

2018.06.26
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です