象印の加湿器はお手入れ簡単!加湿力も高いけど、電気代がネック

象印-加湿器冬支度

加湿器を新しく買うなら、掃除の手軽さは大切ですよね。

その点、象印のスチーム式加湿器は、お手入れがとっても簡単。

フィルターの掃除とかはなくて、ほんとワンタッチで終わります。

いかに掃除が簡単なのかと、加湿力、電気代について書いてます。

お掃除すっごい楽ゥゥ♪

スポンサーリンク

象印の加湿器はお手入れが簡単!

象印のスチーム式加湿器。見た目はただのマホービン。

私はEE-RM-50を使ってるのですが、どの製品でもお手入れの仕方は同じ。

どれぐらいお手入れが簡単なのかと言うと・・・

ほんと、「クエン酸と水を入れて洗浄ボタンを押すだけ」です。

象印の加湿器をクエン酸で洗浄する

この加湿器は、内側に汚れが付きます。

白い粉みたいなのがこびり付くのですが、これは水道水に含まれるカルシウム成分。すわなちカルキ。

象印-加湿器

茶色の汚れは、金属イオンによるもの。

どちらにしろクエン酸が有効です。

説明書にある通りクエン酸を30gほど容器に入れ、水を満水にしてボタンを押すだけ。

後は放っておくだけで、1時間30分後にはお手入れ完了です。

だいたい1〜2ヶ月に1回ぐらいは、このクエン酸洗浄をした方が良いらしいですよ。

とはいえ、ついつい先延ばしにしてしまうのが人間ですね。

実は1シーズンに1回しか掃除してません。

すっかり汚れてしまった場合は、クエン酸を1.5倍ぐらい入れて、2〜3回洗浄すると綺麗になります。

残念ながら、完全には綺麗になりませんでしたけど。

というわけで新しく買う人は、2ヶ月に1回ぐらいは洗浄したほうが綺麗に使えますよ!

加湿器の蓋の周りのお掃除も簡単

象印の加湿器は、蓋の周りのお掃除も簡単です。

蓋そのものがワンタッチで外れますから。

さらに蓋の上に付いてる、網の部分もサクッと取れます。だから、蒸気口のまわりを簡単に掃除できるんですね。

象印-加湿器

というわけで、お手入れはものすごく簡単でした。

次は、加湿力はどれぐらいなのかについて。

スポンサーリンク

象印の加湿器は加湿力も高い

象印の加湿器は、スチーム式なので加湿能力がとても高いです。

製品仕様でも350〜480mL/hと、1時間に加湿できる量としてかなりのもの。

実際に使ってみた感想としても、加湿力にはかなり満足できます。

沸騰し始めると蒸気が出て、すぐに部屋の空気がシットリするのを感じることができますよ。

10畳ほどのリビングで使ってるんですが、加湿能力は十分ですね。

古いお家なので気密性が低いんです。

また、シャープのハイブリッド式の加湿器と比べても、加湿するスピードは象印の方が圧倒的に早い。水蒸気だから、当たり前なんですけどね。

ただし個人的には、象印の加湿器はちょっと加湿し過ぎなんじゃって思うことがあります。

運転モードを「標準」にして加湿していると、空気がベタ付き始めて、窓の結露が凄いことになるんですよ。

ちょっと湿度高めかも。

だから、すこし時間がたった後は、運転モードを「ひかえめ」にして使ってます。どうも湿度センサーがイマイチな気がして。

と、まぁこれは私の感覚なので、人によって感じ方は違うと思います。

次は、ネックとなる電気代について。

象印の加湿器は電気代がネック

象印の加湿器はスチーム式なので、電気代が高くなるのは、やむを得ないんですが。

製品仕様では、消費電力が最大で985W。そのあとは加湿するたびに、最大で305〜410Wぐらい消費することになります。

電気代の目安はいくらになるのかと言うと、公式サイトにピッタリな回答がありました。

電気代の目安

2.2Lタイプ:強運転で時間あたり8円
3Lタイプ:強運転で時間あたり11円

※参考:ZOJIRUSHI「よくあるご質問(FAQ)」

つまり、3Lタイプの加湿器なら1日あたり最大264円。1ヶ月あたりなら最大7920円ってことですね。

でも実際はこんなに長時間加湿しないでしょうし、強運転もないと思うので、もっとずっと安いと思います。

あと部屋の気密性とか、電力会社の料金設定によっても、違ってきますね。

電気代がちょっとね〜。

というわけで一概にいくらとは言えませんが、それなりに電気料金が掛かってそうです。

やっぱり、ハイブリッド式など他の方式の加湿器と比べると、ちょっと高いですね。ハイブリッド式は、月に数百円ですから。

あとがき

象印のスチーム式の加湿器は、お手入れがものすごく簡単です。

それだけの理由で買ってもおかしくない。。

気化式の加湿フィルターの掃除って、面倒くさいですからね。。

電気代が気になる人は、ハイブリッド式を検討してみも良いと思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました