寝室の加湿器でおすすめは?布団が湿らず結露も少なめ、静かで電気代が安い!

加湿器 冬支度

喉が乾燥するから寝室に加湿器が欲しい。

と思っても、何を買ったら良いか分かりませんよね。

そこで加湿器を4台使っている私が、寝室にピッタリの製品を紹介します。

静かで電気代も安いですよ。

気づいたら4台になってました。

スポンサーリンク

寝室の加湿器でおすすめは?

寝室の加湿器でおすすめなのは、シャープのハイブリッド式加湿器

うちでも2台持っていて、どちらも寝室で使ってます。

冬場の乾燥している季節がメインですが、夏場にエアコンの乾燥を抑えるのにも使えますよ。年中使えて使い勝手が良いです。

また、プラズマクラスター搭載で、様々な効果を期待できます。

プラズマクラスターの効果

鵜呑みにしているわけじゃないけど、プラズマクラスターも期待できます。

プラズマクラスターは、ウイルスを無効化する働きがあるので、風邪やインフルエンザを予防するのにピッタリ。

実際、病院などの施設では、プラズマクラスターをよく使ってますよね。

小児科でよく見掛けた。

また、カビ菌を除菌する効果もあるので、加湿によるカビを防ぐのにも役立ちます。

こういった効果で、空気を浄化してくれます。

喉が乾燥しなくなる

加湿器をつけているのと、つけていないのでは大違い。

一番の悩みであった喉の乾燥も、すっかり良くなりました。

毎朝のように喉が痛かったのですが、加湿器をつけてからは喉が痛みません。

その他にも、この加湿器で良かったと思う点はたくさんあります。

シャープのハイブリッド加湿器を選ぶ理由
  • 加湿しすぎない
  • 湿度センサーが優秀
  • 静音運転
  • 電気代が安い
  • タンクが大容量

次は、加湿しすぎないというメリットについて。

加湿器で布団が湿ったり結露する?

加湿器のタイプによっては、布団が湿ったり窓の結露が凄いことになります。

これは加湿器のタイプが、スチーム式や超音波式の場合。

スチーム式は鍋で湯を沸騰させるようなものだし、超音波式は部屋中に霧吹きしているようなもの。

布団が湿ったり窓が結露するのも当然ですよね。

なんとなくお布団がシットリ。

また、湿度センサーによる違いも大きいです。

製品によっては、空気が湿っぽくなり過ぎたり乾燥したままだったりと、感度がイマイチなことが。

しかしシャープの加湿器は、そのあたりの感度がとっても優秀。「うるおい自動運転」で動かしていれば、もっとも適切な55-65%の湿度を維持します。

さらに「おやすみ自動運転」にすれば、加湿量を抑えるため、湿度が高くなりません。

次は、静音性と電気代について。

シャープのハイブリッド式加湿器は静かで電気代も安い

寝室でも静か

これはシャープに限らずですが、ハイブリッド式は音が静かです。

もちろん、強運転などにした場合は、「ゴー」って音がしますけどね。

自動運転にしている分には静かなので、寝ている間も全く気になりません。

電気代が安い

ハイブリッド式の加湿器は、水を吸ったフィルターに風や温風を当てて、水分を気化しています。

温風を使うときは別ですが、普段は風をフィルターに当てているだけ。つまりファンが回っているだけなので、ものすごく燃費がいいんです。

シャープのハイブリッド式加湿器の電気代については、次のような参考があります。

最新の標準モデルであるHV-H55の場合ですが。

自動エコ運転:約0.7円/時間
静音運転  :約0.4円/時間

出典:SHARP加湿器 > HV-H55 > 仕様/寸法

たいていは「自動エコ運転」で動かすと思います。だから8時使っても56円、1ヶ月使っても1680円。

実際には加湿しない時間も多いので、もっと安いと思います。

これなら安い!

これぐらいの料金なら、冬の間中つかっても気になりませんね。

タンクが大容量

シャープの加湿器は、大きいものだと4.0Lのタンクが付いてます。

これだけ水が入ると、一晩で水が無くなることがありません。

夜中に水が切れる心配もないわけです。

お手入れが大変

ハイブリッド式の最大の弱点が、お手入れの面倒臭さ。

でもまぁスチーム式以外の加湿器は、どれも手間が掛かるんですけどね。

加湿フィルターをクエン酸に付けたり、タンクやトレイを洗ったりと面倒です。

しかし、多少のデメリットはありますが、総合的にはかなり優れた加湿器ですよ。

あとがき

シャープのハイブリッド式加湿器を使ってから、喉の痛みがなくなりました。

プラズマクラスター搭載で、カビやウイルスの除菌になるもの良いですね。

マンションの洋室と木造住宅の和室で使っていましたが、いままで布団が湿ったり、カビが生えたことは一度もありません。

寝室で使うなら、これが一番使いやすいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました