加湿器と加湿空気清浄機はどっちがオススメ?別に買うメリットとデメリット

加湿器 冬支度

加湿器と加湿空気清浄機は、どっちを買うのが正解か悩みますよね。

加湿器だけがいいのか、空気清浄機能もあった方が良いのか。

うちでは、もともと加湿空気清浄機を使ってました。

でも今は加湿器と空気清浄機を、それぞれ別で買い揃えています。

なぜそうなったのか、メリット・デメリットについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

加湿器だけを別に買うメリット

私としては加湿器を単体で買ったほうが、メリットが大きいように感じました。

加湿器を単体で買うメリット
  • 加湿方式が選べる
  • 加湿量を選べる
  • タンクの容量を大きくできる
  • 使わない間は仕舞っておける

このあたりが大きいかなと。

なぜそう思ったのか解説しますね。

加湿方式が選べる

加湿器を単体で買うと、ハイブリッド式、スチーム式、超音波式、気化式などから、お好みの加湿タイプを選ぶことができます。

加湿方式は、生活にあったものを選ぶのが大切。

というのも加湿量、静音性、安全性、電気代など全く違いますから。

私としては、ハイブリッド式が一番使いやすいかと思います。うちでもシャープのハイブリッド式加湿器を2台使ってますし。

また、スチーム式も掃除の手間いらずという点で、とても使いやすい。こちらも象印の製品を1台持ってます。

ちなみに加湿空気清浄機では、ほとんどの製品では気化式が採用されてます。

気化式は電気代が安いものの、実感として湿度があまり高くならないんですね。

うちは赤ちゃんがいたり、喉や肌の弱い家族がいるので、これだと不満でした。

その点、ハイブリッド式やスチーム式は、湿度を高く維持できたので満足です。

加湿量が選べる

また、加湿器を単体で買うと、加湿量の高い製品を選ぶことができます。

加湿量とは、1時間あたりにどれぐらいの湿気を吐き出すかというもの。

例えば、シャープのハイパワータイプでは、750mL/hなど書かれてます。

この数値が低いと、加湿するのに時間がかかるというか、あまり湿度が上がりません。

古い木造住宅に住んでいたので家の隙間が多く、加湿量の低い製品はあまり役に立ちませんでした。

タンクの容量を大きくできる

加湿器を単体で買えば、水を入れるタンクの容量が大きいものを選べます。

うちでは、気温も湿度も高めに設定するので、水の減りが半端なく早いんです。

だから、タンクの容量は大きければ大きいほど良い。

使ってみると分かるんですが、4.0L以上のものが使いやすかったです。

ちなみに加湿空気清浄機は、水を入れるタンクの容量がイマイチ。

大きいものでも2.5Lとかです。

使わない間は仕舞っておける

加湿器は、使わない間しまっておけます。

出しっぱなしだと、ホコリが溜まるし汚れるし邪魔ですしね。

この仕舞っておけるというか、仕舞おうと思うことがプラスに働きます。仕舞うためには掃除をしないとですから。

掃除をすることで、夏まで放ったらかししておいて、加湿器がカビるようなこともなくなります。さらに、加湿フィルターも長持ちしますし。

これがですね、加湿空気清浄機だと年中使えてしまうので、ついつい掃除をサボっちゃいます。

私みたいに花粉症だったりすると、加湿空気清浄機は冬→春→夏まで使いますから。

まぁ、掃除をキチンとすればいいだけの話なんですけどね。フィルターの掃除って面倒なんですよ。

次は、加湿器を単体で買うデメリットについて。

加湿器を別に買うデメリット

加湿器だけを買った場合、一番のデメリットは、やはり空気清浄機能がないということ。

空気清浄機を、別に買う必要がありますからね。

その他、加湿器と空気清浄機を同時に使うと、掃除の手間が増えたり、置き場所に困るという問題もあります。

加湿器を別に買うデメリット
  • 空気清浄機を別途買う必要がある
  • 同時に使うと掃除の手間が増える
  • 同時に使うと置き場所に困る

ただ金銭的なこと意外は、そんなに大した問題でははありません。

掃除の手間といっても、空気清浄機は掃除機でフィルターを吸うだけOKですし。頻度もそんなに多くなくて大丈夫です。

置き場所については、ちょっと邪魔と言うだけですね。

このあたりがデメリットかなと思います。

あとがき

加湿器と加湿空気清浄機では、加湿器を単体で買った方が、使い勝手が良いと思います。

一番のポイントは、加湿量の違い。

冬に湿度を高めにして過ごそうとすると、どうしても加湿空気清浄機では物足りません。古い木造住宅に住んでいると特にね・・・。

それと、加湿器であれば加湿フィルターを掃除しようと思うこと。

加湿空気清浄機はついつい加湿フィルターの掃除をサボってしまいますからね。

加湿器の使い心地については、以下の記事が役に立つと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました