象印の加湿器を使ってみた感想!メリットとデメリットについて

象印-加湿器冬支度

象印の加湿器を使ってみた感想です。

冬場の乾燥対策に、5ヶ月ほど使いました。

使ってみて初めて分かるメリットやデメリットなどを書いてます。

加湿量がすごい!

スポンサーリンク

象印の加湿器を使ってみた感想

象印のスチーム式加湿器、EE-RM-50を使ってます。

このマホービン型の加湿器は、毎年新しいVersionが発売されてます。

が、中身や機能は大して変わってないようす。家電製品にはありがちですね。

というわけで、実物を触ってみての感想を紹介します。

象印の加湿器の見た目

象印-加湿器

まず見た目なんですが、完全にマホービン。

そしてマホービンよりも一回り大きい。

全くもってオシャレではありません。これだけで若者を逃してそうな。。

和室だと違和感ない。
(マホービンだから)

あと真正面からみると円柱に見えるんですが、実際はちょっと楕円形です。

象印の加湿器の大きさ

一般にイメージするマホービンより、一回り大きいサイズです。

ちょうど箱買いしたティッシュが同じようなサイズ感だったので、写真に撮ってみました。

象印-加湿器

おそらく、予想よりもちょっと大きいと思います。

マホービンだと考えていると、少し大きめなので、置き場所に困るかも。

意外と大きい。

次は、この加湿器のメリットについて、詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

象印の加湿器のメリット

象印のスチーム式加湿器のメリットを、簡単にまとめてみました

象印の加湿器のメリット
  • 加湿量が凄い
  • お手入が簡単
  • 安全性が高い

まず加湿量ですが、これはかなりすごいと思います。

加湿器をつけると、乾燥している部屋でもすぐに空気が湿っぽくなりますよ。

むしろ加湿が強すぎて、調整しないと湿度が高くなりすぎてしまう気が。。

あとは加湿器のお手入れが、ものすごく簡単なのもメリット。

ハイブリッド式や気化式の加湿器では、フィルターを洗う必要があるので、それがわりと面倒くさいんです。

でもこの加湿器は、そういった手間がありません。

クエン酸を入れてスイッチを押すだけで完了。

お掃除、楽ーー!

お掃除の楽さ加減については、以下の記事に詳しく書いていますので、読んでみてください。

象印の加湿器は安全性が高い

象印の加湿器は、子供がいても安全に使えます。

というのも、子供の事故を防ぐための安全装置がついているから。

象印の加湿器の対策
  • 吹き出る蒸気の温度が65度ぐらい
  • 蓋にロック機能
  • ボタンにチャイルドロック
  • 転倒してもお湯がこぼれない

加湿器からでる蒸気は、触ってもやけどするほど熱くありません。

これなら、すこしぐらい蒸気に触れても問題ないです。

あと、一度引っくり返してしまったことがあるのですが、お湯がこぼれることなく停止しました。

この加湿器は子供のいる寝室でも安心して使えると思いますよ。

次は、象印の加湿器のデメリットについて。

象印の加湿器のデメリット

今度は、象印の加湿器のデメリットについてまとめました。

デメリット
  • 電気代が高くつく
  • 結露が凄い
  • 置き場所に悩む

一番のネックは電気代ですね。

いくらになるかは、環境や条件によって違うのですが。

象印の公式サイトに載っている料金の目安を参考にすると。1日8時間の使用で月2600円ぐらいになります。

2.2Lタイプ:強運転で時間あたり8円
3Lタイプ:強運転で時間あたり11円

参考:ZOJIRUSHI「よくあるご質問(FAQ)」

また、これはメリットでもありデメリットでもあるんですが。

水蒸気で加湿するから、加湿力が半端なく強いんです。だから乾燥したお部屋も、あっという間に湿度が高くなりますよ。

インフルエンザ対策にもバッチリ!

でも、ちょっと加湿し過ぎな気がするんですね。

これは、運転モードを「ひかえめ」などにしても、やや加湿し過ぎなときがあります。

それもあって、窓の結露が凄い

だから、部屋が湿っぽくなりすぎたと思ったときは、いつも手動で運転モードを調整してます。

加湿力と電気代については、以下の記事で詳しく書いてます。

象印の加湿器の置き場所

あと、この加湿器は置き場に困ります。

最初は部屋の隅っこに置こうと思ったんですが、蒸気が問題。

スチーム式だから当たり前なんだけどね。

加湿器からシューシューと蒸気が吹き出るので、壁に近すぎると壁紙が湿っぽくなります。天井に近すぎても、やはり天井がシットリ。

最終的には、不本意ながらも壁からちょっと離れたところに置きました。

加湿器の置き場所は、考えておいたほうが良いですよ。

あとがき

うちの家族には肌が弱い人が多いので、冬場でも湿度は重要でした。

そういった面で、この加湿器は大活躍。

ハイブリッド式では、ここまで加湿できませんでした。

ただ加湿し過ぎな傾向があるので、そのあたりは調整が必要かなと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました