雪道で自転車は違反?冬用のタイヤと自転車保険について

雪道 冬支度

雪道を自転車で走った経験、あると思います。

雪道が危ないのは分かっているのですが。

他に移動手段もないので・・・。

雪道で自転車は違反なのかと、冬用のタイヤ、自転車保険について書いてます。

スポンサーリンク

雪道で自転車は違反?

雪道を自転車で走るのは、どうやら法律違反ではないようです。

というのも、各都道府県の道路交通法に、自転車を禁止するルールが書かれていませんので。

もう少し詳しく見ていきましょう。

各都道府県の道路交通法

積雪時の交通ルールは、各都道府県の道路交通法によって定められています。

参考までに、東北地方の交通ルールを確認してみましょう。

ちなみに自転車=軽車両として扱われます。

だから法文の中で、軽車両と書かれていたら、それは自転車も含まれているということ。

北海道道路交通法施行細則 第12条第2号

積雪し、又は凍結している道路において、自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは、スノータイヤを全車輪に装着し、又はタイヤ・チェーンを取り付ける等滑り止めの措置を講ずること。

なんだかとても読みにくい日本語ですね。

それはさておき。

北海道の交通規則では、「自動車若しくは原動機付自転車を運転するときは」と、わざわざ限定しています。

つまり、自転車(軽車両)は関係ありません。

北海道では、積雪時に自転車禁止のルールはないみたいです。

青森県道路交通規則 第16条第1号

積雪又は凍結のため、すべるおそれのある道路において自動車又は原動機付自転車を運転するときは、次のいずれかに該当するものであること。
イ 駆動輪(他の車両を牽けん引するものにあっては、被牽けん引車の最後軸輪を含む。)の全タイヤに鎖その他のすべり止めの装置を取り付けること。
ロ 全車輪に、すべり止めの性能を有する雪路用タイヤを取り付けること。

青森県もやはり「自動車又は原動機付自転車」と限定しています。

自転車(軽車両)については言及がありません。

岩手県道路交通法施行細則 第14条第6号

積雪し、又は凍結している道路において、駆動輪(他の車両を牽けん引する場合にあっては、被牽けん引車の最後部の軸輪を含む。)の全てのタイヤに鎖を取り付けること、雪路用タイヤ(雪路用タイヤとして製作されたもので接地面の突起部が50パーセント以上摩耗していないものに限る。)を全車輪に取り付けることその他の滑り止めの方法を講じないで自動車(小型特殊自動車を除く。)又は原動機付自転車を運転しないこと。

岩手県も「自動車(小型特殊自動車を除く。)又は原動機付自転車」と限定しています。

というように、実は全ての県で、軽車両について積雪のルールを定めていません。

逆に富山県や山梨県の交通規則では、「軽車両を除く」と、わざわざ積雪時のルールにおいて、軽車両(自転車)を除外しているぐらいです。

というわけで、法律上は問題ないことが分かると思います。

仕事で雪道を自転車に乗る人もいる

そうえば、仕事で雪道を自転車に乗っている人たちがいました。

  • 郵便局員(バイト含む)
  • 新聞配達

これらの人たちは、雪道でも自転車に乗ってます。

特に郵便局員は、法律を無視してまで自転車に乗って仕事をしているはずがないですよね。

だって郵便局は、民営化するまで国営だったわけですから。

それを考えても、雪道の自転車は法律違反ではないというのが分かると思います。

蛇足ですが、私は国営だったときの郵便局で、年賀状配りのバイトをした経験があります。

専用の自転車とグッズを用意してもらい、配ってましたよ。

警察はどう対応してる?

じゃー警察は、雪道の自転車の乗車を放置しているのかというと。

警察署によっては、「雪道での自転車はなるべく避けてください」とお願いしているようですね。

やはり法律違反ではないので、お願いという形になるのでしょう。

次は、雪道用の自転車のタイヤがあるので、安全対策の一つとしてそれを紹介します。

雪道用の自転車のタイヤって?

ロードバイクなどを乗っている人には、当たり前なんでしょうが。

生活のためにママチャリに乗っている人たちには新鮮です。

実はチャリンコ用のスパイクタイヤってあるんです。

残念ながら、ママチャリ用のスパイクタイヤは、生産終了したみたいですが。。

自転車用のスパイクタイヤ

自転車のタイヤを、スパイクタイヤにすると滑らなくて良いらしいですよ。

圧雪された道路やアイスバーンは、歩くよりもよっぽど滑らないとのこと。

ただし、フカフカの新雪や、グジュグジュになった雪道には通用しないようです。

マウンテンバイクかクロスバイクに乗り換えると、この素晴らしいスパイクタイヤを使うことできますよ。

自転車用のスノータイヤ

ママチャリに乗っているひとの唯一の雪道対策が、このスノータイヤ。

雪道でのグリップが良くなるという口コミが多数。スノータイヤは、浅く積雪した道路や、除雪後の雪道が得意とのこと。

ただしアイスバーンは苦手みたいです。

取り付けは、近所の自転車屋さんなどで、お願いできます。意外と安いのが良いですね。

次は、今は普通になってきた、自転車用の保険について。

自転車の保険でお手頃なのは?

最近ニュースで、自転車の事故をよく聞くようになりました。

賠償金が1億7千万にもなる事件もあったり。

そういった事情もあり、最近では自転車保険を義務化している自治体も増えてます。

自転車保険の義務化

京都府や埼玉県、兵庫県など、大きい都市でも義務化されてます。

今後ますます義務化する自治体は増えるんじゃないかなと。

ただし義務じゃなくても、保険には入ったほうが良いですよね。

お手軽な自転車保険

自転車保険って、実は思ったより安いです。

それに加入の手続きも、とってもお手軽。

しかも家族で入れたりするので、子どもがいる家庭は、保険に入ったほうが安心かと思います。

おすすめの2つの保険をピックアップしておきました。

■全日本交通安全協会のサイクル安心保険

保険料:103円/月〜
個人賠償:1億円まで
示談代行:あり
補償範囲:家族全員

全日本交通安全協会が推進しているもの。最安ですし、とりあえず、この保険に入っておけば安心かと思います。

サイクル安心保険

■楽天損保のサイクルアシスト

保険料:135円/月〜
個人賠償:1億円
示談代行:あり
補償範囲:家族全員

個人的に一番オススメな保険。

保険料も安いし、さらに自転車事故以外の賠償事故もフォロー。また、自転車事故だけでなく交通事故によるケガも補償しています。

うちはこれを使ってます。

楽天損保 サイクルアシスト

まとめ

雪道で自転車は違反なのかと、冬用のタイヤ、自転車保険について書きました。

雪道での自転車は、法律違反ではありません。

しかし、乗らないに越したことはありませんね。

どうしても乗るなら、冬用タイヤに履き替えると少し安全になるかなと思います。

特にスパイクタイヤは安心して乗れそうなので、これから自転車を買う人は、マウンテンバイクやクロスバイクを検討しても良いのではと。

自転車の保険については、思ったよりも安いです。

自転車に乗ると、1億を超える賠償のリスクがあるわけですから、入ったほうが良いんじゃなかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました