蚊の少ない時間帯はいつ?活発になる気温や雨の日は飛ばないのかについて

蚊

ゴミ出しに行くと、一瞬のうちに蚊に刺されます。

サンダル+短パンなのが、いけないんでしょうが。

外に出るときは、なるべく蚊の少ない時間帯を選びたいですね。

蚊の少ない時間帯や、活動する気温との関係、雨の日は飛ばないのかについて紹介します。

スポンサーリンク

蚊の少ない時間帯はいつ?

蚊が少ない時間帯とは、つまり蚊が活動しない時間帯。

実は蚊が活動する時間帯は、種類ごとに違います。

しかも日本には100種もの蚊がいるので、全部を紹介するのはとても無理。

そこで、そのうちの代表的な3つについて、活動時間を見ていきたいと思います。

ヤブカ属

ヤブカは、藪蚊といわれるだけあって、藪などで待ち伏せしてます。

ヤブカ属として有名なのが、ヒトスジシマカ。シマシマの蚊と言われたら、見た覚えがある人もいるんじゃないでしょうか。

ヒトスジシマカ

ヒトスジシマカは日中に吸血します。それも昼間より、朝夕のほうが活発になるそうで。

イエカ属

イエカ=家蚊と言われるだけあって、家の中でよく見かけます。

もちろん、外にもたくさんいますが。

イエカ属として有名なのは、「アカイエカ」「チカイエカ」。日本中どこにでも生息している、とってもメジャーな蚊です。

日中は物陰に潜んでいて、薄暗くなってから活動します。吸血は夜間に行うのが特徴。

ハマダラカ属

マラリアを媒介することもある恐ろしい蚊。日本でマラリアは流行ってないけど。

ハマダラカ属で有名なのは、シナハマダラカ。

日本全国の、池や田んぼなど水域に生息します。

日中はどこかに潜み、夜になると活発になります。

このように、蚊は種属ごとに活動時間が違います。それもあって、迷惑なことに一日中、蚊がいることになりますね。

蚊が少ない時間帯といえるのは、イエカ属とハマダラカ属が活動しない、お昼ごろなのかなと思います。

実際、お昼ごろって短パン+サンダルで出歩いても、あまり蚊に刺されませんよね。

次は、蚊が活発になる気温について。

スポンサーリンク

蚊が活発になる気温は?

多くの蚊は15℃以上で活動をはじめ、25〜30℃ぐらいで活発になると言われています。

逆に15℃以下だったり、35℃を超えたあたりからは活動が鈍くなるとか。

暑くなると物陰でジッと静かにしているそうですよ。

確かに真夏の東京で、真っ昼間に地上を歩いていて蚊に刺されることって、経験ありません。むしろ、涼しい電車の中やエレベーターの中、地下街にいるときに刺された気がします。

最近の都市部の暑さは35℃を超えてくるので、外を歩く分にはあまり刺されないかもしれませんね。

逆に少し涼しくなってくる、9月後半からは気をつけたほうが良さそうです。

次は、蚊は雨の日は飛ばないのかについて。

蚊は雨の日は飛ばない?

雨の日って、あまり蚊に刺されるイメージないですよね。

残念ながら良い情報がなかったので、ここは想像になりますが。

蚊は変温動物なので、恐らく体温が下がるのを嫌がり、雨宿りしているものと思います。

よく葉っぱの裏に隠れているのを見かけるので、そういったところや軒下に集まるんじゃないかと。

だから雨の日は、屋根の下とか建物の中は、かえって危ないのかもしれませんね。

雨宿りしているときに、腕を刺された記憶が結構あります。

ちなみに蚊は、雨の中も飛び回れるそうですよ。

水を弾く構造と軽すぎる質量のため、雨粒にあたっても落ちたり死んだりしないそうです。

でも雨の日は、人が吐く二酸化炭素や熱量を探しにくいと思うので、やっぱり地上にいる分には刺されにくそうですね。

まとめ

蚊が少ない時間帯について紹介しました。

蚊が少ない時間帯は、お昼頃。逆に、朝夕は一番危ないタイミングとなりそうです。

ですので、ごみ捨てにいくなら昼間が一番イイってことになるんですが。

そんなの休日以外は無理ですね。(^_^;)

あと都市部に住んでいる場合は、涼しい場所にいるときのほうが、外にいるよりも刺されやすいのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です