雷のなか自転車ってどのぐらい危険?田舎道での対策や傘について

高校まで自転車で通学してました。

田舎道なので、雷のときも避難する場所がありません。

しかも、わりと雷の多い地域。

うちの子供達もそのうち自転車、あるいは電動自転車かと思うと、雷が怖くなりました。

雷のなか自電車はどのぐらい危険なのか、田舎道での対策、傘は差しても良いのかについて書いてます。

スポンサーリンク

雷のなか自転車ってどのぐらい危険?

雷が鳴り響くなか、自電車に乗るのは危険。

というのは当たり前だと思います。

でも実際どれぐらいのリスクがあるんでしょうか?

自電車に乗っているときの落雷事故について調べてみました。

自転車への落雷って実際あるの?

調べてみると自転車への落雷って、実際に起きてるみたいですね。

2015/9/9 部活のため校外の体育館に自転車で移動していたが、並木道になっている国道の歩道を走行していたところ、落雷。高校生3人負傷。
2008/7/12 多摩川河川敷で、主婦が幼児を乗せ、自転車で走行中、至近距離に落雷。感電で呼吸停止。通りかかった発見者が人工呼吸。1人負傷。

出典:あおば屋「主な落雷事故(人身)リスト」

実際にはもっとたくさんの自転車への落雷事故が起きてます。

しかも、そのうちの半分のケースでは死者が出てました。軽症ではニュースにならないってのもあるんでしょうが。

今回は自動二輪や原付きなどバイクは含めなかったので、それらを入れるともっと酷いことになります。

雷が自転車に落ちた場所で多かったのが以下。

  1. 道路
  2. 堤防
  3. 農道

やはり雷が鳴り響くなか、自転車で道路を走るのっては、リスクがありますね。

田舎ではよく遊び場になる堤防や農道もヤバそうです。

では、雷のなか田舎道を自転車で走るための対策って、何かあるんでしょうか?

スポンサーリンク

雷のなか田舎道を自転車で走るときの対策

高い建物がない田舎道は、雷のときとても危険な気がしますね。

誰だって稲光にビビりながら、自転車に乗りたくありません。(^_^;)

もちろん一番良いのは、雷雨のなかで自転車に乗らないこと。

でも既に自転車に乗っていて周りに避難先がない場合は、どのように雷に対処すれば良いのでしょうか?

電柱のある道を走ればマシかも

田舎道や峠では、あたりにまったく避難先がないことがあります。

こういったときは電柱から4m離れた先にある空間が、比較的マシなポジションになると思います。

この”保護範囲”と呼ばれる空間は、平地よりは安全なところ。この位置を意識して走行すれば、何も考えずに走るよりずっと良いんじゃないかと。

電柱ってわりと道路沿いに設置されてますしね。

でも電柱同士ってわりと離れてます。

そんなときは、電線の下を走行すると良さそうです。

電線の下を走ればマシかも

電線の下も、比較的マシな場所として利用できます。

自転車の場合は、むしろ電線の下を意識したほうが走りやすいかも。

このように、なるべく電線でカバーされている空間を走るのがいいんじゃないかと思います。

また雷が多い地域では、“架空地線”という銀色の線が、電線より上に張られていたりします。これは雷を地面にアースしてくれる線なので、あればより安心です。

ただし、木に近づくのは危険なので注意してください。

木に近寄りすぎない

意外なんですが、木の下って2番目に落雷による死亡率の高いところです。

木に雷が落ちたとき人が近くにいると、人の方に電流が流れてくるんだとか。これを“側撃雷”といいます。

そういうこともあって、木や枝から4m以上は離れたほうが良いみたい。最低でも2m以上という話です。(参考文献2より)

こういったことを意識しながら走行して、なるべく早く避難先に逃げ込みましょう。コンビニや友達の家などが近くにあると良いですね。

ちなみにバス亭に停留所があったりしますが、あれは壁がないのであまり安全ではありません。

金属類はなるべく外したほうが良い?

金属類は外してもあまり意味がないそうです。

それが原因で落雷することはないそうなので。だから外さなくても良いみたい。

次は、傘を差しながら自転車の運転について。

雷のなか自転車に乗りながらの傘は危険?

傘を差しながらの自転車の運転って、雷雨のときはどうなんでしょう。

雷は基本的に高いところに落ちるという原則があります。だから自転車に乗りながら傘を差すのは、余計なリスクを増やす行為といえますね。

ちなみに落雷したときは、傘の柄に電気が流れることで、身体への負担が減ることもあるそうですが、常には期待できないとのこと。(参考文献1より)

それに傘を差しながらの自転車って、だいたいの都道府県で道路交通法違反です。

そういった面でも推奨されない行為ではあるわけですね。

雷はゴムガッパに長靴ならば安全か?

では、ゴムガッパに長靴なら安全かというと、そーでもないようです。

カッパのほうが傘よりも高さが低くなるという点では良いみたいですけど。

ゴムガッパや長靴による対策は、あまり意味がありません。

そもそも雷って、電気抵抗が非常に大きい空気中を伝わってくるもの。薄いゴムなんかでは、ほとんど効果がないそうです。

道路交通法においては、カッパのほうが良いんでしょうけどね。

まとめ

雷のなか自転車に乗るのは、やはり危険です。

もし自転車での走行中に雷が鳴り響いたら、電線の下を走るようにすると、いくらかはマシなんじゃないかなと。

これは自動二輪や原チャリなどバイクでも、同じ手が使えそうですね。

そしてなるべく早く、避難先に逃げ込みましょう。

雷雨のときは自転車はやめて、バスに乗ったり車で送り迎えしてもらったほうが良いですね。

最低でも出かける前に雷注意報をチェックしたり、気象庁の雷の予報サイト「ナウキャスト」を見るようにしましょう。1時間先の雷の動きまで確認できますよ。

<参考文献>
1. 日本電気学会「雷から命を守るための心得」
2. 気象庁「雷から身を守るには」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です