キャンプ場での雷はどこに避難すべき?木の下やテントの危険性について

キャンプ

キャンプ場での突然の雷鳴。

夏はいきなり天候が変わって、雷雨になることがありますね。

雷が鳴り響くキャンプ場では、どこに避難するのが正解なんでしょうか?

また、木の下とテントの危険性についても紹介します。

スポンサーリンク

キャンプ場での雷はどこに避難すべき?

キャンプ場で雷が鳴り響き始めたら、次の優先順で避難するのが正解です。

避難先

  1. 建物の中
  2. 車の中
  3. 電柱の近く

それぞれの避難先について説明しますね。

雷の避難先は建物の中がベスト

これはキャンプ場に限らずなんですが、建物の中が一番安全といわれています。

それも鉄筋コンクリート製がベスト。木造建築はそれより劣ります。

ま、当たり前か。(^_^;)

そしてもし建物に雷が落ちた場合は、壁や柱にそって電流が流れるとのこと。壁や柱の近くにいると、“側撃雷”と呼ばれる放電によって、雷の被害に遭う可能性があります。

建物の中にいるときも、壁からは1m以上離れた内側に居るようにしましょう。部屋のなるべく中心にいると良いみたいですよ。

また、電線や水道管などは電気を通しやすいので、そういったところからも離れるべき。

ここで気を付けたいのが、よくキャンプ場や公園などにある休憩所みたいな壁のない建物。“あずまや”って呼ばれたりもしますね。

あれは壁がないので、横から雷撃がくる可能性があるそうです。

それと当たり前ですが、壁の外側である軒下も安全ではありません。

建物に逃げ込むときは、これらの点に気をつけて避難先を選ぶようにしましょう。

避難先の建物を選ぶポイント

  • 木造建築より鉄筋コンクリート製が良い
  • 壁からは1m以上離れる
  • 軒下は危険
  • “あずまや”は危険

でもキャンプ場では、避難できる建物がないことの方が多いですね。そんなときは車に逃げ込むのが一番です。

雷の避難先は車が安全

キャンプ場での雷の避難先としては車がベター。

でもキャンプ場に限らず、バーベキューなどアウトドア全般で、車は良い避難先になりそう。

車の中にいれば、まず安全といわれています。雷が落ちたとしても金属製のボディーを伝わって、タイヤのホイールから地面に放電されるんだとか。

ただし、車の中でも感電する可能性はあるみたい。それは車内の金属製の部品に触れていたりした場合です。

なるべく車内の内側に座って、金属部分を避けるようにしましょう。

あと、窓は閉めておいたほうが良いですよ。

雷の避難先は電柱の近く

もしキャンプ場で建物も車もない場合は、電柱の近くが比較的安全な場所となります。

まぁ、近くに電柱があればって話ですけどね。(^_^;)

電柱のてっぺんから45℃の角度で地面まで線を引きます。さらに電柱から4mの位置で垂直な線を引きます。

するとこの2つの線が交わった先に二等辺三角形ができます。これが“保護範囲”と呼ばれる、それなりに安全な場所。

電柱以外でも、煙突、鉄塔、建築物など30m以下の建造物の場合は、同じように利用できます。

ただし、”木の下”は当てはまりません。これについては後述します。

“保護範囲”において両足をそろえてしゃがみ、親指で耳の穴を塞ぎながら頭を抱えると、より良いらしいですよ。これは雷に対する基本姿勢となります。

座り込んだり寝そべったりして地面との接点が増えると、かえって地面を伝わってくる雷によってリスクが増すんだとか。

雷の避難先は電線の下もあり

電柱で”保護範囲”を作れないときは、電線の下でも“保護範囲”を作れます。

やりかたは電柱のときと同じ。電線を頂点として考えるだけです。(参考文献2)

また、雷の多い地域の電柱には、雷対策がしてあることがあります。

“架空地線”といわれる銀色の線が電柱の一番上に張られていることがあり、これは大地にアースされて避雷針のような役割を果たすそうです。

こういった対策がしてある電柱であれば、より安心できますね。

ところで、木の下だけは絶対に避けなければいけません。

スポンサーリンク

雷の避難先に木の下は危険?

キャンプ場など自然が多いところで稲光がしたら、真っ先に逃げ込みたくなるのが木の下ですね。

何も知らなければ、私も木の下に逃げ込むと思います。

でも木の下って、実はものすごく危険。落雷による死亡事故で2番目に多いケースが、木の下での雨宿り。

雷が木に落ちたときに側に人が居ると、より電気を通しやすい人体の方に流れてくるそうです。これを“側撃雷”と呼ぶそうな。

林や森のように木々が生い茂っている場所でも、安全とはいえないそうです。

ただ、ここで少し疑問に思ったことがありあます。それは、木の下にも電柱と同じように”保護範囲”を作れるのでは?ということ。

でもこれに関しては、あまりオススメされていないようです。木の側からも4m以上離れるようにという説明はよく見かけるんですが。決して”保護範囲”というわけではないようです。

というわけで木の下は、避けたほうが良いのかなと思いました。

次に、テントの中は安全なのかについて。

キャンプ場での雷にテントの中は危険?

テントで休んでいるときに、もし雷雨にあったら、そのままテントの中に居たいですよね。

でもテントの中って、想像よりもずっと危険。

テントに入っているときに落雷を受けて、死傷している事故が過去に何件も発生しています。(参考文献3)

どうやらテントを支えるポールって、落雷を受け易いみたいなんですね。テントの中にいることは、地面に伏せているよりも危険みたいです。(参考文献4)

テントにいるときに雷が鳴ったのを聞いたら、すばやく安全な場所に移動しましょう。

まとめ

キャンプ場で雷が鳴った場合は、どこに避難すべきかをまとめました。

避難場所としてのオススメ順は以下。

  1.  建物の中
  2.  車の中
  3.  電柱の近く

ただし、建物に壁がない場合は、車の中のほうが安全です。調べた限りでは、車の中で落雷をうけて死亡した例はありません。

そして意外と危ないのが木の下。突然雨が降ってくると、つい木の下で雨宿りをしたりしますよね。

しかし木の下というのは、落雷による死亡事故が多発している場所です。

同様にテントの中にいるのも安全ではなりません。早めに車など安全な場所に移動しましょう。

最近では、雷について注意報や警報がしっかり発表されます。

キャンプに行く前は、気象庁の雷ナウキャストなどを見て、天気をしっかり確認しておきたいですね。

<参考文献>
1. 日本電気学会「雷から命を守るための心得」
2. NHKそなえる災害「雷から身を守るために」
3. あおば屋「主な落雷事故(人身)リスト」
4. 狭山市教育センター「落雷事故対策マニュアル 」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です