生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養を比較!危険性もあるのはどっち?

栄養価が高く、美容や健康にも良いとされ注目のアーモンド。

そんな注目のアーモンドですが、生アーモンドのほうが素焼きアーモンドより栄養価が高いという話があります。また、生アーモンドは危険性があるなんていう話も、ネット上でよく見かけます。

このあたり、本当のところはどうなのか気になったので、キッチリ調べてみました。

まずは、生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養を比較してみます。

スポンサーリンク

生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養を比較

生アーモンドと素焼きアーモンド、それぞれ100g当たりの栄養成分を比べてみます。

アーモンドのなかでも、特に含有量が多いとされる栄養成分だけをピックアップしました。

栄養成分 生アーモンド 素焼きアーモンド
カロリー 587kcal 608kcal
タンパク質 19.6g 20.3g
脂質 51.8g 54.1g
ビタミンE 30.3mg 28.8mg
ビタミンB2 1.06mg 1.04mg
カルシウム 250mg 260mg
マグネシウム 290mg 310mg
リン 460mg 480mg
3.6mg 3.7mg
亜鉛 3.6mg 3.7mg
1.17mg 1.19mg
食物繊維 10.1g 11.0mg
一価不飽和脂肪酸 33.61g 35.09g
多価不飽和脂肪酸 12.12g 12.65g

出典:文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」

こうして比較してみると、生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養には、ほとんど差がないように見えます。

それでは主要な成分について、その効果を確認しながらローストの影響を見てみます。

ビタミンE

“若返りのビタミン”ともいわれ、美容効果抜群のビタミンE。アーモンドの代表的成分です。加工食品をのぞけば、アーモンドのビタミンE含有量は食品のなかでNo.1。

期待される効果

  • あらゆる細胞の老化防ぐ
  • 免疫機能を高める
  • 脳梗塞やボケ防止

ビタミンEは熱に強い脂溶性のビタミンなので、ローストしてもほとんど減ってませんね。

ビタミンB2

脂質の代謝を促すビタミンB2、ダイエットするなら欠かせない成分です。アーモンドはビタミンB2の含有量が、食品のなかでもトップクラス。

期待される効果

  • 脂質の代謝を促す
  • 皮膚や毛髪、爪などの健康維持

ところでビタミンB2は水溶性で熱に弱いとされているのですが、ローストしてもほとんど失われていません。理由は分かりませんが、ビタミンB2が減らないのは大きいですね。

ちなみに僅かに含まれているビタミンB1は、ローストすると激減します。

ミネラル類

アーモンドはミネラルが豊富な食品です。ミネラルは、ローストしてもほとんど変動してませんね。むしろ水分が飛んで凝縮されたのか微増してます。ミネラル不足が指摘される現代人としては、積極的に摂取したいところですね。

食物繊維

食物繊維に関しても微増しています。やはりローストすることで水分が飛ぶからでしょうか。アーモンドは食物繊維が豊富でなんとごぼうの2倍も。これだけ豊富だと便通の改善に期待ができます。

期待する効果

  • 便通の改善

一価不飽和脂肪酸

アーモンドの成分の50%は脂質ですが、ローストすることによって微増してますね。この脂質はほとんどが一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)で、これは悪玉コレステロールを減らす効果が期待ができます。

期待する効果

  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 動脈硬化や心臓病や脳卒中の予防

このように生アーモンドと素焼きアーモンドの主要な成分を比較してみても、差がほとんどないことが分かりました。

これは以外ですね(^_^;)

でも実は、生アーモンドと素焼きアーモンドには、栄養価以外のところで大きな違いがります。

次はそのあたりを見てみます。

スポンサーリンク

生アーモンドと素焼きアーモンドって何が違う?

生アーモンドと素焼きアーモンド、あえて説明する必要もなく片方が“生”で、片方がロースト(素焼き)したものです。ローストしても見た目は変わらないのですが・・・実は食感や身体への負担が違ってきます。

素焼きアーモンド

素焼きアーモンドはよく売っている一般的なアーモンド。アーモンドといえば、普通はこの素焼きアーモンドを意味すると思います。

ローストしただけあって香りがよくポリポリっとした歯ごたえが特徴。ただし、アーモンド本来の甘味が無くなってしまいます。またアーモンドの成分は50%が脂質なので、火を通すと酸化しやすくなるデメリットも。

最大の違いは、酵素抑制物質という身体に負担のかかるものが、ローストすることによって失活すること。詳しくは後ほど解説します。

生アーモンド

生アーモンドとはローストしてないアーモンドのこと。ただし、カビや虫を防ぐため乾燥はしてます。メーカーによっては乾燥するときの温度が45℃以上になり、“生”とはいえない状態になることも。45℃を超えて乾燥させると、“生”だからこそ活きている酵素が失活する可能性があります。

食感はポリポリ感は残しつつ、ややシットリ。アーモンド本来の甘味が特徴で、ほんのりした甘さが美味しい。

ローストしてないのでアーモンドの50%を占める脂質は酸化しませんが、その分ナッツ類の大敵である湿気やカビに弱くなります。また、酵素抑制物質が存在しているので、身体に負担がかかる可能性も。

このカビや酵素抑制物質など、生アーモンドの危険性について、もう少し詳しく見ていきます。

生アーモンドには危険性がある?

アーモンドの栄養価が注目されるようになり、より栄養価が高そうだということで生アーモンドも流通するようになりました。

当然、“生”なので、ローストしたものより扱いが難しくなります。過去にはアメリカ、カナダ、オーストラリアで、生アーモンドに付着したサルモネラ菌による食中毒がおきています。

また、アーモンドには強い発がん性をもつアフラトキシンなどのカビ毒が生えることが知られています。ローストしたものよりカビが生えやすいので、気をつけたいところですね。

そしてこれは避けようがないのですが、生アーモンドには酵素抑制物質(発芽抑制因子、代表的なものとしてABA)というものが存在してます。これは種子が適切な環境下で発芽するよう調整するための物質。

この酵素抑制物質を体内にいれると、活性酸素が大量につくられミトコンドリアが損傷するという話があります。活性酸素はあらゆる疾病につながっているいわれる物質ですので、なるべく増やさないようにしたいですね。

アメリカ合衆国国立科学研究所会報に発表された論文「人体に対しABAの作用で、ヒト顆粒球(白血球の一種)で食作用が活発化し、活性酸素や一酸化窒素が多量に産生され、生体細胞内のミトコンドリアが損傷され、諸疾患の原因になる」

出典:国立国会図書館レファレンス共同データベース

しかしこの酵素抑制物質は、浸水することや熱することで失活させることができます。ですのでローストしたアーモンドでは問題になりません。

<参照>
日豪プレス「健康食生アーモンドで病気に」
国際医学情報センター「生アーモンドに関連したSalmonella血清型Enteritidis感染症のアウトブレイク-アメリカとカナダ,2003~2004年」

まとめ

生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養を比較して、危険性についても確認してみました。

栄養を比較した結果は驚くべきことに、生アーモンドと素焼きアーモンドの主要な栄養については、ほとんど差がないことが分かりました。

何が違うかというと、1つには食感と味に違いがあります。ローストアーモンドは香ばしく歯ごたえが良く、生アーモンドは本来の甘味が残っています。

また、気をつけなければ行けないのが、生アーモンドの危険性。生アーモンドは、食中毒とカビに十分注意が必要です。それ以外に酵素抑制物質が含まれていますが、これは避けようのないところです。

ただ、酵素抑制物質が本当に気にするほど影響があるのか?実害のあった例などはあるのか?というところになると、引用して紹介するほどの論文やニュースを見つけることが出来ませんでした。

ですので生アーモンドのほうが少しだけリスクがあるかも・・・ぐらいに捉えておくのが良いと思います。栄養素的には大して差がないので、すこしでもリスクを避けたい人はローストアーモンド。味を大切にしたい人には生アーモンドが良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です