アーモンドを漢字で書くと「扁桃」だけど、その由来は?

アーモンドを漢字で書くと「扁桃(へんとう)」です。

“へんとう”と音読みするあたり、中国から来てそうな雰囲気がありますね。

この記事ではなぜ「扁桃」と書くのか、その由来を詳しく解説します。

スポンサーリンク

なぜ「扁桃」と書くのか?

写真:キルギスの風景

まずは、中国語にも「扁桃」があるかどうか調べてみました。

するとやっぱりあるんですね。それもそのはず、アーモンドの原産地は、アジア西南部から中国の天山山脈にかけての地域。天山山脈は、中国のウイグル自治区とキルギスの間に連なる山脈です。

アーモンドの原産はアジア西南部から中国の天山山脈にかけた地域。

出典:アーモンドミルク研究会「アーモンドの歴史」

またアーモンドは、中国では明の時代(1368〜1644年)から、日本では江戸時代(1603〜)から薬として使われていました。

ということで中国から来たのは間違いないですね。

では「扁桃」という漢字を1つずつ見ていきます。

「扁」と書くのはなぜか?

まず「扁」という漢字ですが、これは中国語で『平べったくて薄い』という意味になります。

平たく薄い,扁平である.

出典:weblio 白水社中国語辞典

つまり「扁桃」とは、平べったくて薄い桃という意味になります。

確かにアーモンドって平べったい形してますよね。
でも「桃」って感じはしないけどなぁ。

というわけで、次に「桃」を見ていきます。

なぜ「桃」と書くのか?

なぜ「桃」と書くかというと、これは想像ですが、桃の実とアーモンドの実が似ていることが理由なんじゃないかと。

ついでに、桃の花とアーモンドの花も似てます。どちらもバラ科の植物で、桃はバラ科のモモ属、アーモンドはバラ科のサクラ属。もしかしたら実も花も似ているから、「桃」と考えたのかもしれません。

「扁桃」と書く理由が何となく見えたので、次は“へんとう”と読む理由を調べてみました。

スポンサーリンク

なぜ“へんとう”と読むのか?

Photo by Vassilis, remixed, CC BY-SA 2.0

これも中国語由来だと思うんですが、“扁桃”の中国語読みにその雰囲気を感じることができます。なんともアヤフヤな根拠ですが・・(^_^;)

<中国語>
扁桃 ⇛ biǎntáo(ビアンタオ

ちょっと遠いけど、“へんとう”って響きの面影ぐらいはあるかなと。

ちなみに「扁桃」って言葉は、中国語ではもうひとつ意味をもっていて、それは「蟠桃」って桃の別名(方言)です。

 

この「蟠桃(ばんとう)」というのは、本当に潰れたような形をしている桃で、西遊記で孫悟空が食べて不老長寿になったと言われています。

写真:蟠桃

あまり見掛けないけど、実は日本で作ってたりします。

この蟠桃の中国語読みも見てみると・・・

<中国語>
蟠桃 ⇛ pántáo(パンタオ

なんとなくこちらの方が、“へんとう”に近い気がしますね。

“へんとう”と読む理由が薄っすら見えたところで、「扁桃」と聞くと、つい連想してしまう「扁桃腺」についても触れておきます。

「扁桃腺」はやっぱり「扁桃」から来てる?

もうそのまんま過ぎるんですが、「扁桃腺」の由来はやっぱり「扁桃」なんです。

よく風邪をひくと「扁桃腺」が腫れているとか言いますよね。でも実際は“線”なんかないので、「扁桃腺」っていうのは不正解らしいです。

最近は「扁桃腺」を「扁桃」って呼ぶとか。
ようするに「扁桃」に見た感じがそっくりなんで、「扁桃」っていうんですね。

もーなんか「扁桃腺」のことを言っているのか、アーモンドのことを言っているのか(^_^;)

まとめ

アーモンドの漢字である「扁桃」について、由来をまとめました。

「扁桃」が潰れた桃という意味だとは思いませんでしたね。そしてまさか本当に潰れた桃もあるなんて。すごく甘くて美味しいらしいですよ。

ところで本場中国だと「扁桃」と、杏仁豆腐のもとになる「杏仁」が、味とか匂いが似ているため区別されてないみたいです。

日本でも、杏仁豆腐の材料にアーモンド粉を使っている商品や中華料理店があるらしく、気付かずに食べているかもしれませんよ。

というわけで近い将来、「扁桃豆腐」なるものが流行るかもしれません。調べてみたけど今のところ、そういった食品はないみたいなので、今なら商標もとれるかも!・・・要らないか。

生アーモンドと素焼きアーモンドの栄養を比較!危険性もあるのはどっち?

2017.06.11

食べて嬉しい!アーモンドの凄すぎる栄養と美容・ダイエット効果

2017.06.07
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です