ゴキブリは換気扇から侵入する?回しっぱなしなど防ぐ対策について

換気扇

換気扇のそばに黒い物体がいたような・・・。

嫌な予感がしてよく見ると、いましたよGが。

ゴキブリは換気扇から侵入するのでしょうか?

それなら、回しっぱなしにすれば防げそうですよね。

その辺りのことと、侵入しないための対策について紹介します。

スポンサーリンク

ゴキブリは換気扇から侵入する?

ゴキブリが換気扇の近くに、いきなり現れることってありますよね。

真っ先に換気扇を疑うと思いますが、それ恐らく正解です。

というのも、ゴキブリが換気扇の排気口へ入っていく姿と、換気扇からヌッと現れた瞬間を見たことがあります。

でも、もしかしたら勘違いかもしれないので、いちおう調べてみると。

害虫駆除の会社のサイトにも、換気扇からゴキブリが侵入することがあると書かれています。

やはり換気扇からの侵入は間違い無さそうです。

換気扇は台所だけでなく、トイレやお風呂にもありますね。

これらについてもゴキブリが侵入する可能性があるわけで、一緒に対策を考えてみたいと思います。

まずは一番簡単な対策から。

換気扇を回しっぱなしにすればOK

ゴキブリを防ぐには換気扇を回しっぱなしにすると良いそうです。

というわけで、私はいつもお風呂場の換気扇を付けっぱなしにしています。そのお陰か、お風呂場でゴキを見掛けたことは一度もありません。

お風呂場のカビ対策にも良いので、止める理由がありませんね。

トイレの方はというと、たいていトイレとお風呂場の配管って、天井裏で繋がっています。

だから、どっちかを回しっぱなしにしてればOKだと思いますよ。

換気扇を回しっぱなしで電気代は?

換気扇を回しっぱなしにすると、電気代が気になりますよね。

実は電気代って、ほとんど掛かりません。

お風呂場の換気扇の電気代は、24時間ずーっと回しっぱなしにしても、月に数百円ほど。

24時間モードのある換気扇であれば、月100円以下だったりします。

このぐらいの費用なら、全く気になりませんね。

でも台所の換気扇を回しっぱなしにするのは、別の理由でちょっと嫌じゃありませんか?

換気扇を回していると、音がうるさくて落ち着かないし、エアコンを使っているなら冷房効率も悪くなりそうです。

そこで次は、換気扇を回しっぱなしにする以外の対策について。

ゴキブリが換気扇から侵入しないための対策

排気口にフィルターをつける

これができたら一番良いですよね。

排気口に合わせて、いろいろな形のフィルターが売っています。金網タイプもあるので、これを付けられるとベストかなと。

でも賃貸物件だったり、排気口が手の届かないところにあると、そうもいきませんよね。

屋外にも毒エサを設置する

ゴキブリを駆除するため、室内に毒エサを撒いている人は多いと思います。

でもこれだと侵入を防げません。

そこで活躍するのが屋外用の毒エサ。これを排気口の近くに設置します。

うちでは屋外用を設置してから、ゴキブリを見なくなりました。

一番効果があったのは「ブラックキャップ」の屋外用。これなら毒エサにカバーもついていて、動物も食べなそうだし安心です。

ゴキブリがいなくなるスプレー

毒エサを屋外に設置すれば、これで十分だとは思うんですが・・・。

念のため、「ゴキブリがいなくなるスプレー」を排気口の近くの壁にスプレーしています。

2週間効果があるということで、夏の間は気づいたときにスプレーするようにしててます。

スプレーするときは風向きに十分注意ですよ!高いところに向かってスプレーすると、気をつけていても自分にかかります。

実際に効果が出ているのかは、良く分かりませんけどね。

三角コーナーの生ゴミの消臭

排気口から生ゴミの匂いがしたら、ゴキを呼び寄せそうな気がして、夏の間は消臭スプレーを使ってます。

調理後に、三角コーナーの生ゴミに吹きかけるだけ。

生ゴミの嫌な匂いがしなくなるのも良いところです。

コバエの発生を抑えるのにも役立ちます。

あとがき

よく換気扇からゴキブリに侵入されてました。

お風呂とトイレの換気扇は、回しっぱなしにすれば防げるのですが。

でも台所の換気扇については、回しっぱなしは微妙ですよね。

そこで、屋外用のブラックキャップを試したところ・・・ゴキブリの姿を全く見掛けなくなりました。

屋外用ブラックキャップのパワーに脱帽です。

ただ、できれば他の毒エサと併用したほうが、より効果があるのだとか。そのあたりについて、次の記事に詳しくまとめてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました