ゴキブリに効果的なアロマの種類は?逆効果なものと柑橘系を試した結果

アロマ

ゴキブリにはアロマが効くみたいです。

ゴキが出ないなら、何でもしますとも。(^_^;)

ゴキブリに効くアロマと、ゴキが寄ってきてしまう逆効果なアロマ。それと柑橘系のハーブを試したときの体験談について書いてます。

スポンサーリンク

ゴキブリに効果的なアロマの種類は?

ゴキブリに効果のあるアロマについては、いろいろな情報があって、「どれが正しいの?」って感じです。

だからゴキブリへの効果が、実験で確認されているものだけをまとめました。

アロマの種類状態
クローブ, スペアミント, ハッカ, グレープフルーツ, レモン, ライム, オレンジ, ウイキョウ, ベチバー精油
ディル, セロリ, キャラウェイ, クミン, コリアンダー, シナモン, トウガラシエタノール抽出

※詳しい効果については、下の方にある参考文献をみてください。

この表に載っているものであれば、それなりに期待が持てます。

でも、どれが一番効くのかは分かりませんでした。

そこで、注目されているハーブをいくつか調べてみたところ、よくゴキブリに効くと話題に上がるのは、クローブとベチバー、それにハッカ。

クローブ

クローブの精油は、ゴキブリへの高い忌避効果が確認されているし、クローブをそのまま使ってもある程度の効果があるそうです。

また、クローブの精油を10%混ぜた液体をスプレーした場所は、ゴキブリを48時間寄せ付けなかったという結果も。

ベチバー

ベチバーは、インドネシア原産のイネ科植物の根。

ゴキブリを100%寄せ付けない効果があると新聞に掲載されていました。

すでに商品化されていて、クチコミでも評価がかなり高いです。

ハッカ

ハッカ(あるいはスペアミント)については、ゴキブリだけでなく害虫全般に効果があるらしく、様々な製品が売られていますね。

参考文献にある実験でも、他のハーブと比べてよく効いたという結果が出てました。

どのアロマを使うか迷っているなら、上記で紹介した3つから始めて見ると良いのではと思います。

<参考文献>
田原雄一郎, 望月香織 著:ハーブ抽出液処理シェルター区へのチャバネゴキブリの糞分布から得られたハーブの忌避性
稲塚新一 著:日本ハッカ油およびスペアーミント油(スコッチタイプ )中に含有するゴキブリ忌避物質
大澤貫寿 著:天然精油に含まれるゴキブリ忌避物質と関連化合物の忌避性
日本農薬学会:柑橘精油類のチャバネゴキブリ、ワモンゴキブリおよびクロゴキブリに対する忌避活性

ところで、精油ではなく“アロマオイル”を買うときは注意が必要です。

アロマオイルを選ぶときの注意

アロマオイルには天然由来の精油で作られたものと、人工的に作られたもの、その両方が混ざったものの3種類があります。

ここで紹介しているゴキブリへの効果が認められたものは、すべて精油で作られたもの。

人工的に香り付けられたアロマオイルは効かないので、注意してください。

見分け方ですが、価格の安いものはだいたいニセモノ。

香りが同じでも、ゴキブリに有効な成分が含まれていないので効果がありません。

次はゴキブリが寄ってきしまう逆効果なアロマについて。

スポンサーリンク

ゴキブリが寄ってくる逆効果なアロマは?

ゴキブリを見たくないからアロマを使うのに、ゴキブリが寄ってきてしまったら・・・

まさに本末転倒ですね。

そんな逆効果かもしれないアロマをまとめました。

アロマの種類状態
アニス, 山椒, ユーカリ, オニオンエタノール抽出

アニスはゴキブリの誘引剤としてメジャーで、毒エサなんかにも使われたりします。

オニオンもゴキブリが好きな匂いで有名だから、まー分かりますよね。

で、意外なのがユーカリです。

「ユーカリはゴキブリを寄せ付けない」って話もよく見かけたんですが。

実験の結果は違ったみたいですね。詳しくは以下の参考文献を見てください。

<参考文献>
田原雄一郎, 望月香織 著:ハーブ抽出液処理シェルター区へのチャバネゴキブリの糞分布から得られたハーブの忌避性

次は実際に柑橘系のアロマを使った体験について。

柑橘系のアロマをゴキブリに試した結果

柑橘系のアロマであるレモンを試してみました。

以前窓から侵入されたことがあるので、サッシや窓枠にアロマをスプレーして予防します。

使ってみると確かにゴキブリは現れませんでした。

でも、もともとゴキブリが頻繁に出るわけではなかったので、これだけだとイマイチ効いているのか分かりません。

アロマオイルは面倒だったので製品を試した

アロマオイルを管理するのも、アロマスプレーを作るのも面倒です。

そこでゴキブリ用の商品「ゴキガード」に切り替えました。

ゴキブリへの効果が確認されている、天然のリモネン(柑橘系)が95%配合された忌避剤です。

これなら置きっぱなしにできるので手間がかかりません。

一応これを置いてからも、ゴキブリは見掛けなくなりました。

まぁ、もともと頻繁に出るわけじゃないけど・・・。

オレンジの香りがするので、芳香剤としても悪くありませんよ。

あとがき

アロマスプレーは面倒だったので、結局「ゴキガード」を使うようになっちゃいましたよ。

うちでは玄関や換気扇の下に置いて使ってます。

オレンジの香りなので、芳香剤としても悪くありませんよ。

オレンジが好きな人にはね・・・

これで、少しでもゴキの侵入を防げればよいのですが。

さらなるゴキブリ対策については、以下の記事にまとめてます。

絶対にゴキを見たくない人は、チェックしてみてください。

また、侵入経路への対策も重要です。

窓や玄関からゴキに侵入された可能性がある人は、ぜひ読んでみてください。

2度とゴキブリに負けない部屋づくりをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました