窓の寒さ対策にプチプチ その効果は?貼り方や剥がし方も紹介

窓の防寒にプチプチ寒さ対策

窓の寒さ対策にプチプチが良いというので試してみました。

プチプチを貼ってみた効果や、貼り方、剥がし方、注意点について書いてます。

古いお家に住んでいるので、少しでも部屋を暖かくしたくて・・・。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策にプチプチ その効果は?

プチプチを貼ると空気の層ができて、寒さが伝わりにくくなるそうです。

特に断熱用のプチプチは、2枚のプチプチが重ねてられていて、より断熱性が高いものになっているんだとか。

なんて説明に書いてあるんですけどね。

実際どうなんでしょうね?

実際のところプチプチは効果ある?

ホームセンターで売っていた安売りの断熱プチプチを貼ってみました。

(以下の商品と同じもの)

まずは窓ガラス部分に貼ってみます。

すると、確かにガラスから伝わるヒンヤリとした空気は減りました。

しかし、サッシから伝わる冷たさや、隙間風は防げていないので、窓際が寒いのは変わりません。

古いお家だからね!

そこで最初は窓ガラスに貼っていたプチプチを、窓枠も塞がるように貼りつけました。

このときプチプチが窓枠から少しハミ出る感じで貼ると、窓枠とサッシの隙間からの吹き込みも防げます。

ただし、この方法だと窓が開けられません。これは開ける必要のない窓、限定のやり方ですね。(^_^;)

このようにしたら、少し窓際の寒さも改善しました。

ただ、断熱ボードや断熱カーテンほどの効果はないかなと。

本格的に窓の寒さ対策をするなら、以下の方法が良いかと思います。

→窓に断熱ボードを使ってみた効果は?窓際に座っても寒くない!

→窓の寒さ対策に断熱カーテンが効果大!透明タイプは日光を通す

断熱プチプチは結露も少し防ぐ

窓の結露にプチプチ

窓の結露にも多少効果がありました。

プチプチを貼っているところは、窓ガラスへの結露が少ないです。

そのかわり、プチプチの表面に結露しますけどね。

何も貼ってないときの結露と比べれば、かなりマシだと思います。

陽の光が弱くなる

あと残念な点として、日の光が弱くなりました。

うちのように寒いお家では、陽の光がとっても大切なので、南向きの窓に貼るのは微妙かもしれません。

うちでは主に北側の、開けることの無い窓に貼りました。

スポンサーリンク

窓へのプチプチの貼り方と剥がし方

プチプチの貼り方

うちで買ってきた断熱プチプチは、水で濡らして貼るタイプ。

なので特に工夫もなく、ちょっと濡らしてそのまま貼るだけでした。

サッシ部分も問題なくそのまま貼れましたよ。

説明書きにも載ってますが、ガラスが汚れていると剥がれやすいようです。

ですので、さっと雑巾で掃除しておきましょう。

実は子供のおしり拭きで掃除しました。(汗)

ちなみに、普通の業務用のプチプチを窓に貼る場合は、養生テープとかでとめるようです。

ちょっと面倒くさいし、キレイに貼れなそうですね。

水で貼るタイプの断熱プチプチのほうが、圧倒的に楽ですよ。

プチプチの剥がし方

断熱プチプチは、長期間貼っておくと窓に残ってしまうとかいう話もあります。

うちの場合ですが、2年ぐらい放置してましたが、問題なくペリペリ剥がれましたよ。

真夏のクソ暑い時期も放置してました。^^;

というわけで、シールを剥がすようにペリペリ剥がすだけ。

これで問題なく剥がせました。

中性洗剤とかガラススクレーパー(窓用の剥がすための道具)とかは、一切使う必要がありませんでした。

ちなみに3箇所貼って、3箇所とも問題なく剥がせたので良かったです。

窓にくっついて剥がしにくくなることもあるんですかね〜?

ザラザラした窓には貼れない

表面が凸凹したり、ザラザラしてるガラスには貼れないそうです。

実際使ってみると分かるけど、水で貼るタイプの断熱プチプチには、大した接着力はありません。

その代わり剥がしやすいんでしょうけどね。

表面がザラザラだとすぐ剥がれるだろうなと思います。

網入りガラスの窓には貼らないほうが良い

網入りのガラスにプチプチを貼ると、割れる恐れがあると書いてあります。

理屈としては、窓ガラスに温度差が生じてヒビ割れる?らしいんですけど。

実際起きるかどうかは分かりませんが、止めておいたほうがいいんじゃないでしょうかね。

あとがき

古い木造住宅の場合ですけど、断熱プチプチの効果はまぁまぁ。

無いよりは良いですけど、他の寒さ対策のほうがずっと効果的でした。

きっと隙間風のほうが影響大きいんでしょう。。

というわけで、うちでは他の寒さ対策と併用して使ってます。

→窓の寒さ対策13選!古い家や賃貸で効果的な方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました