部屋が寒いときの対策!窓や床、暖房を見直したら快適になった

寒い

部屋が寒い!

寒いのはホント苦手で、とても我慢できません。

そこで部屋が寒いときの対策として、まずその原因を探り、そこから窓や床、暖房などを見直しました。

その結果とても快適になったので、試してみて良かったことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

部屋が寒いときの対策!

部屋が寒いときの対策を考えるには、まずその原因を探る必要がありますね。

部屋が寒い原因は?

部屋が寒い原因は、どうやら部屋の開口部にあるようです。

せっかく部屋を暖めても、その熱の58%が窓から、15%が換気扇と外壁から流出します。さらに7%が床から、5%が天井から逃げていくんですね。

ですので部屋が寒いと思ったら、まず部屋の開口部を見直す必要があります。

ところで上の図では、部屋のドアについては書かれていませんね。ドアを開けても家の中なので、“外”とは考えられていないようです。

しかし、うちのドアの下には思いっきり隙間が開いてます。(^_^;)

そこでまずは、このドアの隙間を塞ぐことから始めました。

ドアの隙間を埋める

ドアの防寒

ドアの下の隙間からは冷たい空気が流れ込んでいます。

これは暖かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に溜まるという性質があるから。つまり隙間があいていれば、ドンドンと冷たい空気が流入し、その分暖かい空気が流出していることになります。

このドアの隙間を埋めるには、何と言っても隙間テープが便利。

でも隙間テープって両面テープで貼るものなので、床に貼り付けると剥がれなくなりそうとか思いません?

私もそれ気になっていたんですが、実際に貼って剥がしてみると、何の問題もなく綺麗に剥がせました。そんなに強い粘着があるわけでは無いので、簡単に剥がせるんですね。

隙間テープを使うのが、簡単でオススメなのですが、どうしてもテープで貼るのが嫌だって場合は、次のような方法もあります。

まずプチプチを用意します。そして両側を丸めます。その丸めた間にドアを挟むようにすると、両側から綺麗にドアの隙間を塞ぐことができます。言葉よりも写真で見たほうが早いですね。

ドアの防寒

丸めて使うのはプチプチでなくても、何でもOKです。

このようにしてドアの隙間を塞ぐと、ドアからの冷気がピタリと無くなります。そしてそれだけでも、部屋のなかの暖かさがグッと上がりましたよ。

ドアの隙間が開きっぱなしであれば、今すぐ塞ぐことをオススメします。

次は最も熱が逃げ出しているという、窓についての寒さ対策です。

スポンサーリンク

部屋が寒いときの対策は窓から

窓の結露対策

先にも触れましたが、窓からはなんと58%もの熱が逃げているとのこと。

つまり窓への対策こそが最も大事なんですね。

窓からの寒さを防ぐには、いくつか方法があります。簡単な方法としては以下の3つがオススメ。

窓の防寒対策

  • 窓の下半分に断熱ボードを立て掛ける
  • 窓に断熱カーテンを引く
  • プチプチなど断熱シートを窓に貼る

この中でも特に、窓の下半分に断熱ボードを立て掛けるのは、簡単なわりに効果が高いですよ。

この3つの方法は組み合わせて使うこともできるため、1つの方法で防寒がイマイチだと思ったら、他の方法も組み合わせてみると良いと思います。

これら窓の防寒対策については、以下の記事に詳しく書いていますので、良ければ参考にしてください。

窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

2017.12.06

またこれらの対策は、窓の結露を防ぐのにも有効です。防寒だけでなく結露にも困っているようでしたら、ぜひ試してみてください。

窓への結露対策は、以下の記事に詳しく書いています。良ければこちらも参考にしてください。

窓の結露対策に良かった簡単な3つの方法!寝る前にやるべきことも紹介

2017.12.05

このようにして窓への寒さ対策をしっかりすると、窓際に近づいても寒くないし、部屋が寒くなくなりました。

特に窓からの冷たい空気は、足元への冷たい空気に繋がっているので、これを防いだことで足元の冷たさが和らぎます。

冷え性や足のむくみに悩んでいる妻も、足元の寒さが和らいだのには喜んでました。

次は床の寒さ対策を見ていきましょう。

部屋の寒さ対策で床はどうする?

ジョイントマット

「部屋は暖かいのに、床は冷たい」というのは、築年数の古い住宅では良くあることですね。

いくら暖房の設定温度を上げても、なぜか床は暖かくなりません。

この床の寒さ対策には、ジョイントマットが最高です。ジョイントマットは、EVA素材(ウレタンを固くしたような素材)で出来たマット。

ジョイントマットは防寒にとても優れていて、マットを敷いたところからは、床の冷たさが全く伝わってきません。ジョイントマットの厚みが1cm程度だとしても、冷たさを完全にシャットアウトします。

私はよくジョイントマットを敷いた床で、ゴロンと横になって昼寝をします。冬場でも床が冷たくないので、マットの上で寝ることが出来るんですね。

ジョイントマットの裏側に湿気が溜まって、カビが生えないか心配する人もいますが、そういったことは起きたことがありません。いつも湿度を70%にしているけど、なんの問題もありませんよ。

この用に優れたジョイントマットですが、掃除がちょっと面倒です。ジョイントマットの接続部分からゴミが落ちて裏側に溜まるので、たまに剥がして掃除しないといけません。

ジョイントマットの種類には、コルクと普通タイプがありますが、普通タイプの方がオススメ。というのもコルクはボロボロと崩れてきてゴミが出ます

身近なところではダイソーで買うことができます。1cmの厚みのあるジョイントマットが2枚セットで100円とかなりお買い得。これはネットで買うよりお得ですよ。

もしジョイントマットが大判でも良いのであれば、以下の商品が割安です。

うちでは、大判のものもダイソーのものも、どちらも使っています。

ちなみにあまり予算がない場合は、アルミシート+絨毯を敷いても、それなりの防寒対策になるらしいですよ。

窓と床の防寒が終わったら、最後に暖房を見直しましょう。

部屋の暖房について

ヒーター

暖房は使い方を変えるだけでも効果が違ってきます。

暖房にエアコンを使う場合

エアコンで部屋を暖めていると、気温が上がるにつれて湿度が低くなります。これは空気が暖かいほうが飽和水蒸気量が大きいからです。

その結果、体感では寒く感じてしまいます。

エアコンで部屋を暖める場合は加湿機が必要。加湿機には超音波式や気化式などありますが、部屋を暖かくすることを一番に考えるなら、水蒸気が沸き出るスチーム式が向いてます。

ただ、スチーム式は水を沸騰させるので、他の方式より電気代が掛かります。電気代を押さえたいなら、ハイブリッド式がオススメ。

ハイブリッド式は気化式+温風なので、気化式より加湿が早くしかも電気代が安いというメリットがあります。

しかし本気で部屋を暖めるなら、エアコン以外の暖房器具がオススメ。

暖房に石油ファンヒーターを使う場合

うちでも最初はエアコンを使っていのですが、築40年以上の木造住宅は、全く暖まりませんでした。

そこで石油ファンヒーターを試したところ、そのあまりの威力に感動しました。正直なところ天と地ほど暖める力に違いがあります。

もし石油ファンヒーターを使える環境でしたら、暖房を切り替えてみるとかなり暖かさが違ってきますよ。

石油ファンヒーターの優れている点は、燃焼した石油の量と同等の水分を発生させること。だからエアコンよりも乾燥しにくい暖房となります。

それでも冬場は乾燥するので、加湿機を使ったほうが暖かいですけどね。

石油ファンヒーターを使う場合は、設置場所を工夫すると効率よく部屋を暖めることが出来ます。

  • 外気に接する窓の下や壁側に設置する
  • 温風の循環を妨げない

出典:Dainichi

どうやら寒い空気が流れ込んでくる方を背後にすると効率的に暖められるようです。窓以外であれば、ドアなどでも良いと思います。

空気の循環がイマイチの場合は、天井付近が暖かくなっていますので、手を伸ばして確認してみてください。

もし天井付近が暖かい場合は、サーキュレーターを回すと効果があります。サーキュレーターの電気代は、一月フルで使っても数百円程度なので、気にせず使えますよ。

暖房にガスファンヒーターを使う場合

賃貸だと石油ファンヒーターが禁止になっているところがほとんですね。

そういったところでは、ガスファンヒーターなら使えるかもしれません。このあたりは賃貸契約を確認する必要があります。

ガスファンヒーターは台所にガス栓が出ていれば、簡単に設置できます。設置作業はガス会社に依頼しましょう。

もしつけることができれば、エアコンと比べてかなり暖かいですよ。知人のお宅でガスファンヒーターを使っていましたが、暖かいのはもちろんのこと、部屋が暖まるまでが早いので驚きました。

都市ガスであれば、燃費を安く抑えられるんじゃないかと思います。それに石油ファンヒーターと違って、灯油を運ばなくて良いものいいですね。

まとめ

部屋が寒いときの対策をまとめました。

部屋が寒いときは、まずドアの隙間を塞ぎましょう。その上で、熱が逃げやすい窓をしっかり防寒します。

窓の寒さ対策には、断熱ボード・断熱カーテン・プチプチと3つ方法がありますので、寒さにあわせて使い分けます。3つの方法を組み合わせて使うのも効果が高いです。

床の寒さ対策は、なんといってもジョイントマットが最適。一度使ってみると、その暖かさから二度と剥がせなくなりますよ。

この3つのポイントを見直すだけで、うちの部屋はかなり暖かくなりました。

そのうえで暖房器具を、できれば石油ストーブかガスファンヒーターにすると、かつてないぐらいに部屋が暖まります。

部屋が暖かいと、それだけで幸せですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です