窓の結露対策に良かった簡単な方法!寝る前にやるべきことも紹介

冬になると窓の結露に悩まされますね。

放っておくと一面ビショビショになって、窓枠の部分が腐らないか心配になります。

「窓の結露は防ぎたいけど、面倒くさいからなるべく簡単な方法が良い」

そんな人におすすめな窓の結露対策と、寝る前にやるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

窓の結露対策に良かった簡単な方法!

窓の下半分にボードを立て掛ける

窓の結露対策

この方法はとても簡単で、窓の下半分にボードを立てるだけ。

「それだけで本当に効果あるの?」

って私も最初は疑問に思ったんですが、これがビックリするほど効果的。このボードが立て掛けられている窓の下半分は、結露がとても少ないです。結露するとしても小さな水滴が付く程度。

それなら窓の上半分が結露するかと思ったんですが、そうでもないんですね。もちろん結露するときもあるけど、大したことありません。

ボードによる効果が分かるように、ボードの切れっ端を窓のフチにおいて、何も無いところと比較してみました。その写真が以下↓

窓の結露対策3

右端のボードの切れっ端があったところだけ、結露していないことが分かります。

この結露対策の優れているところは、窓の結露を防ぐだけでなく、窓の隙間からの冷たい風も防ぎます。そもそもが暖房用なので当たり前なんですが。(^_^;)

窓の近くに居るとヒンヤリ感じるのは、サッシの隙間から冷たい風が入ってくるのも原因。このボードを立て掛けてからは、窓からの冷気を感じなくなりました。

ボードに付いていた説明書きによれば、サッシの隙間から入る冷たい空気は、窓とボードに挟まれた空間に滞留して、それ以上侵入してこないとのこと。冷たい空気は重く、暖かい空気は軽いので、この2つの空気がぶつかって壁みたいになっているようです。

という説明なんですが、実際のところはどうなのか、窓とボードの間に温度計をおいて測ってみました。すると室温21℃に対して温度計は12℃。窓とボードの間に、本当に冷たい空気が滞留していることが分かります。

窓結露

結露が発生する一番の原因は、空気の温度差。だからこのように暖かい空気と冷たい空気の間に、その中間ぐらいの空気の層を作って、それぞれの温度差を小さくしてやれば結露しにくくなるわけです。

このように結露を防ぐと同時に暖房効果もアップするというのが最大のメリットなのですが、それ以外にも良い点はあります。

例えば設置がとても簡単なこと。最初に窓の横幅に合わせてボードを切って調整する必要があるんですが、でもそれだけです。一度調整してしまえば、このボードは毎年繰り返し使えるし、冬が終わったら畳んでおけるので、なかなか使い勝手が良いですよ。

また、窓の開け閉めをする際にもこのボードは邪魔になりません。窓から物を出したり、窓を通ってテラスに出たりするときも、ボードを避ければいつも通りです。

ボードを立て掛ける結露対策のメリット

  • 結露を防げる
  • 暖房効率もUP
  • 片付けが簡単で繰り返し使える
  • 開け閉めにも支障がない

唯一のデメリットといえるのは、外からみるとボードが丸見えでちょっと汚らしいかもという点です。しかし外からの見た目を気にしないのであれば、全く問題ありません。

もしボードを設置するときに、ボードが後ろに反り返ってきて倒れてしまうようでしたら、次の方法がおすすめ。

窓枠にドアの隙間を埋めるようの「隙間テープ」を短く貼ります。こうすることでボードが「隙間テープ」のスポンジが引っ掛かって、後ろに倒れなくなります。

窓の結露対策

ちなみに100均で発泡スチロールのボードを買ってきて、同じ様に設置してみたのですが、購入した断熱ボードほどは効果がでません。「何でも良いからボードを窓に立て掛ければOK」というわけでは無さそうです。

扇風機を窓に当てる

窓の結露

さらに簡単なのは窓に扇風機を当てることです。

車のフロントガラスにエアコンを当てるのと一緒で、窓に風を当てると結露しません。これは暖かい空気が冷やされて水分が凝固する前に、空気そのものを動かしてしまうからです。

扇風機は一ヶ月ずっと使い続けても数百円レベルの電気代なので、電気代はそんなに気になりません。

ただし結露を防ぐのにはいいのですが、風が窓にあたって反射すると、その風がちょっと冷たくなります。結露は嫌だけど寒いのも嫌なので、結露のひどい日にしか使いません。

ちなみにうちで使っているのは、正確にはサーキュレーターで、普段は部屋の空気を循環させるために使ってます。

天上が高い部屋は、暖かい空気が上に溜まってしまいがち。サーキュレーターでかき混ぜることによって、部屋全体が暖かくなります。FF式のストーブを使っている場合は、特におすすめですよ。

次は、朝起きたときの窓の結露を防ぐため、寝る前にやるべきことを紹介します。

スポンサーリンク

結露を防ぐため寝る前にやることは?

朝起きてカーテンを明けると、窓がびっしょり濡れていたというのは、寒い時期にはよくある光景ですね。

日中に温かく使っていた部屋ほど、そういったことが起こりやすいかと思います。

この朝のびっしょりするほど凄い結露を防ぐには、寝る前に換気をしておくことが有効です

一番良いのは寝る前に窓を開けて、しばらく換気することなんですが、それは寒いのであまりやりたくありません。ですので換気扇をしばらく回す、あるいは換気扇をつけたまま寝るというのがおすすめです。

換気扇をつけると部屋の中の温まった湿度のある空気と、外の冷たい乾燥した空気が入れ替わります。換気をすればするほど部屋は寒くなりますが、その分次の日の朝、結露する量は少なくなります。

結露を防ぐには、要するに部屋の温度と湿度を下げればOK。もし除湿機を持っていれば、除湿するのも有効です。

まとめ

窓の結露対策には様々な方法がありますが、もっとも簡単で効果的だったのが、窓の下半分にボードを置く方法です。

設置するのが簡単な上に、結露を防ぐだけでなく暖房効果もあるので、なかなか使えるアイテムです。

テラス窓だったり、頻繁に開け閉めするような窓でも、このボードは邪魔になりません。うちは窓から物を出し入れする事があるので、簡単に外せるボードをとても便利に感じています。

というわけで、窓の下半分にボードを置く方法はとてもおすすめなんですが、環境によって効果が違うかもしれません。

そこで実際に使っているうちの環境なんですが、うちは日本海側の海沿いで、湿度はやや高く雪が降る地域。木造の古い一軒家で、隙間風と家の寒さには自信があります(笑

曇りの日が多く外気は3〜8℃ぐらい。暖房は石油ファンヒーターで21℃に設定。加湿をバンバンしていて湿度が70%以下になることはありません。

このような環境ですが、今のところ問題なく使えています。もしかしたら隙間風が多いからこそ、適度に換気されて良いのかもしれませんけどね。

最後に窓の結露対策だけでなく、寒さ対策も考えているようでしたら、以下の記事もおすすめです。

窓の寒さ対策に断熱ボード、断熱カーテン、プチプチを試してみた

2017.12.06
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です