おみくじの順番とその意味は?それぞれの確率も紹介

おみくじ

初詣のお楽しみといえば、おみくじ。

でも「末吉」や「吉」が出ると、それがどのぐらいの運勢なのかイマイチ分かりませんね。

そこでおみくじの順番とその意味、それぞれの運勢が出る確率を紹介します。

一見悪そうに見えるあの運勢も、実は良いものだったりしますよ。

スポンサーリンク

おみくじの順番

おみくじの順番には、たくさんのパターンがあります。

あまりにも多いので、ここでは一般的なパターンだけを紹介します。

★7種類の吉凶パターン

大吉 » 吉 » 中吉 » 小吉 » 末吉 » 凶 » 大凶

★9種類の吉凶パターン

大吉 » 吉 » 中吉 » 小吉 » 半吉 » 末吉 » 末小吉 » 凶 » 大凶

★12種類の吉凶パターン

大吉 » 中吉 » 小吉 » 吉 » 半吉 » 末吉 » 末小吉 » 凶 » 小凶 » 半凶 » 末凶 » 大凶

この他にも様々なパターンがあります。

寺社によって含まれていない運勢があったり、「吉」や「末吉」の位置が違ったりなど、かなりバラつきがあります。

さらに、一部の寺社しか扱っていないレアな運勢も含まれていることも。

例えば靖国神社や伏見稲荷大社では、「大大吉」という「大吉」をしのぐ最高の運勢が含まれています。この「大大吉」は全国でも数カ所の神社でしか扱っていません。

また伏見稲荷大社は、「凶後大吉」「小凶後吉」「後吉」など、珍しい運勢が出ることで有名です。

「平」という、平穏無事を意味する運勢を含めている神社も複数あります。

このように寺社によって、おみくじの運勢の種類も順序も違いますので、もし正確なところを知りたければ、おみくじを引いた寺社に聞いてみるしかありません。

「吉」の順番はどこ?

おみくじの順番でもっとも問題になるのは「吉」の位置です。

一般的には大吉の次となっています。しかし「小吉」の次とするところもあり、「吉」の順番は寺社によって判断が別れるみたいです。

ちなみに神社本庁では、以下のように書かれています。

その内容には、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶という吉凶判断、金運や恋愛、失(う)せ物、旅行、待ち人、健康など生活全般に亙る記述を見ることができます。

出典:神社本庁「おみくじについて」

また成田山新勝寺では、以下のようになってます。

大吉 » 吉 » 半吉 » 小吉 » 末吉 » 末小吉 » 凶

出典:成田山新勝寺の看板より

この2つの寺社では「大吉」の次に「吉」が来ていますね。これが一般的だと思います。

私も最初は「吉」は「小吉」の次と思っていたので、この順序を知ったときは新鮮でした。「吉」って案外、良い運勢なんですね。

次はおみくじの順番による意味を確認していきましょう。

スポンサーリンク

おみくじの順番による意味

おみくじの順番による意味について、いくつかの文献や寺社のサイトを参考にまとめました。

だいたい以下のような意味になります。寺社によって違う解釈も在るので、あくまで参考程度にみてください。

運勢 意味
大吉 最高の運勢だけど今がピーク。先に陰りが見えるともいえる。
ほどほど良い運勢。苦もあるが喜びもある。先に陰りがない。
中吉 寺社によって判断が分かれる運勢。中吉を入れていないところも多い。
小吉 すこし良い運勢。将来的に良くなるという話もある。
半吉 半分は吉だけど、残り半分は決まっていない運勢。先に陰りが見えることも。
末吉 今は良くないが、待てば良くなる運勢。末広がりの吉とも呼ばれる。
末小吉 時が来るのを待てば、まぁまぁ良くなる運勢。
今が底にある状態の運勢。行いを改めると運も上向く。
大凶 最悪の運勢。さらに悪化する可能性があるので、ひたすら耐え忍ぶ。

「大吉」の意味が、“今がピークなだけに後は落ちるだけ”というのを知ると、せっかく「大吉」を引いても素直に喜べなくなりますね。

また「大凶」なんて引いた日には、しばらくの間なにもしたくありません。

僧侶や神職の方、おみくじ通の人には、「凶」こそが最も良いと思う人も結構いるんだとか。「凶」は既に運勢が下がっていて底にある状態なので、それ以上は下がることがないからと考えるようです。

もし凶を引いてしまっても、このような意味を知っていれば、落ち込まずにすみますね。

おみくじの順番による意味を確認できたところ、それぞれの運勢がどのぐらいの確率で出るのかを見ていきましょう。

おみくじの確率

おみくじに含まれている吉凶の割合は、これまた寺社によって違います。

そこで、現在使われているおみくじの原典といわれる「元三大師御籤繪鈔」に載っている吉凶の割合を参考にしてみます。

それによると、おみくじ100本中の運勢は、大吉16本、吉35本、その他の吉19本、凶30本となっています。

おみくじの原典に忠実であれば、おみくじの確率は大吉17%、吉35%、その他の吉19%、凶30%となるわけです。

思ったよりも「大吉」が多いし、「凶」がかなりの割合で含まれていますね。

この割合を忠実に守っている浅草寺では、おみくじ100本中の吉凶の割合が、大吉17本、吉35本、半吉5本、小吉4本、末小吉3本、末吉6本、凶30本と決まっていて、この割合を今でも守っているということです。

川崎大師でも、おみくじ99本中、大吉17本、凶29本と、こちらも似たような吉凶の割合。

おみくじの原典に忠実なお寺であれば、吉となるものが7割、凶となるものが3割となっているのではないかと思います。

しかし最近では凶が含まれていない寺社も多いようです。

おみくじに凶がそもそも含まれていない?

凶を引くことを気にする人が増えたので、凶が含まれていないおみくじを扱う寺社が増えたそうです。あるいは凶の割合を減らしているとか。

その気持も分かりますよね。せっかくおみくじを引いて「凶」だと、絶望的な気分になります。「凶」の本来の意味を知っていれば、そうでもないんですが。

有名どころでも、熱田神宮や宇佐神宮では、おみくじに凶が入っていません。

出雲大社、明治神宮ではそもそも吉凶の判断がありません。

もし凶を引きたくなければ、凶の含まれていない寺社を選ぶと良いでしょう。

まとめ

おみくじの順番は、寺社によって違いがありますが、一般的には大吉 » 吉 » 中吉 » 小吉となります。

「吉」や「末吉」、もしくは「凶」を引いても、将来的に運気が上がる可能性があれば、その忠告も素直に聞くことができますね。

おみくじは単に吉凶を占うものではなく、その年のアドバイスが書いてあります。

おみくじの結果に右往左往することなく、今年の方針に役立てましょう。また、おみくじは木に結ぶのではなく、いつでも見ることができるように、サイフに入れて持ち歩くのが良いとされています。

おみくじの忠告を参考に、運気を上げて素敵な一年にしたいですね。

<参考文献>
神さまが嫌う最悪参拝 仏さまが喜ぶ最良参拝 講談社 著者:大野出
[図解]神道としきたり事典: 日本人なら知っておきたい! PHP 監修:茂木貞純
現代ビジネス:「おみくじ」の秘密〜その起源から大吉と凶の割合、製造元まで

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です