コインランドリーで毛布を乾燥させる時間と料金は?温度とダニについても

コインランドリー乾燥機生活

毛布を洗ったはいいけど、乾かすのが大変です。

特に梅雨の時期や、寒い季節になると。

そんなときは、コインランドリーを利用したいですね。

コインランドリーで毛布を乾燥させる時間と料金、温度とダニの駆除について書いてます。

ちにみに毛布を洗濯する場合は、以下の記事を最初に読んでみてください。

スポンサーリンク

コインランドリーに毛布を持って行く前に

コインランドリーに毛布を持って行く前に、1つ注意して欲しいことがあります。

それは毛布の素材に関すること。

毛布のタグを見てみると「タンブラー乾燥はお避けください」って書いてることがあります。

毛布タグ

これは、「ドラム式の乾燥機は避けてください」って意味。

ドラム式乾燥機って、もろコインランドリーです。。

というのも、毛布の生地によく使われるアクリルとかポリエステルって、すごく熱に弱いんですね。アクリル繊維は、70℃ぐらいから変形することも。

だから、コインランドリーで毛布を洗うのは自己責任となります。

気になる人は、クリーニングに出しましょう。

いちおう私は、アクリル製の毛布を年1回ぐらいコインランドリーに持ち込んでますが、今まで問題が起きたことはないです。

乾燥機選びも大事だったりするので、そのあたりは後半で紹介します。

では本題に戻って、コインランドリーで毛布を乾燥させる時間について。

スポンサーリンク

コインランドリーで毛布を乾燥させる時間

コインランドリーで毛布を乾燥させる時間ですが、目安としては2枚で50分です。

40分だとちょっと湿っぽいことがあったので。その場合は、家に持って帰って広げておけば、そのうち乾きますけどね。

毛布3枚を乾かしたときも、50分でOKでしたよ。

というわけで、個人的には50分を目安にしてます。

次は、コインランドリーで毛布を乾燥させたときの料金について。

コインランドリーで毛布を乾燥させる料金

コインランドリーで毛布を乾燥させるための料金ですが。

これは当然、店舗によって価格が違います。

うちの地元のコインランドリーを例にしますと、100円で7分ほど乾燥機を回すことができます。

だから、50分回すとなると、50分 ÷ 7分 × 100円 = 700円。

ちなみに、お店によっては100円で10分乾燥機を回せることも。

ですので、500円〜700円ぐらい掛かると考えれば良いんじゃないかと思います。

毛布1枚だとちょっと高い気もしますね。でも毛布2〜3枚だと、悪くないと思います。

というわけで、毛布は数枚まとめて持っていくとお得ですよ。

次は、毛布の乾燥温度とダニの駆除について。

コインランドリーで毛布を乾燥させる温度とダニの駆除

コインランドリーの乾燥機は、毛布についたダニを退治するのにも使えます。

「洗濯した時点で、ダニは死んでるんじゃ?」

って思うかもしれません。私もそうでした。

どうやら違って、洗剤を含んだ水に1時間浸けてもダニは死なないみたい。高温で乾燥させないと死なないんです。

ダニを死滅させるには?

ダニは50℃で30分、あるいは60℃の熱なら一瞬で死滅すると言われています。

コインランドリーの乾燥機は、最高で80℃近くになりますので、ダニを駆除できるというわけですね。

ただ、あまりに高温になってしまうと、毛布の素材がアクリルやポリエステルの場合は、変形してしまいます。

そこで、温度調整ができる素晴らしい乾燥機があるわけですよ。

乾燥機の温度設定は?

コインランドリー乾燥機

この温度調整ができる乾燥機は、「低温・中温・高温」の3つから選べるようになってます。

うちの近くのコインランドリーを例に上げると。

コインランドリーの温度
  • 低温:50℃
  • 中温:60℃
  • 高温:70〜80℃

このあたりは、お店や製品ごとに設定が違うようです。

たいていのお店には、毛布を乾かすのに最適な温度が書かれていたりします。

そういったものがない場合は、中温が無難かなと。

私の場合は、お店の張り紙にしたがって、ダニ対策ができる「中温:60℃」で乾燥させてます。

これでダニも恐らく死んだはず。

あとがき

毛布が乾く時間はだいたい50分。

料金の目安は、500〜700円。

毛布を2〜3枚まとめて乾かすとお得です。

コインランドリーまで、毛布を持っていったり取りに行ったりするのが面倒ですが、綺麗にしてから仕舞うと気持ち良いですね。

季節の変わり目や、雨が続く時期に使ってみてはと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました