魚焼きグリルを汚したくない人!グリルプレートがガチで良いよ

グリルプレート - ブリ魚介類

夕飯のあと、魚焼きグリルを洗うのが憂鬱です。

網には魚の皮と身が焦げ付き、トレイには魚の脂がプカプカ。

それを洗うときの絶望感と言ったら、もう。

こんな経験を繰り返すうちに、お魚を焼くのが嫌になります。

でも、お魚は栄養満点でヘルシーなタンパク源。

洗うのが嫌だからって、家族に食べさせないのはどーなのよ?

今回はそれらを解決する、グリルプレートの威力を紹介します。

グリルプレートは必需品!

スポンサーリンク

魚焼きグリルを汚さないグリルプレートの威力

グリルプレート
※和平フレイズのグリルパン

グリルプレートの存在は、前々から気付いていました。

でも、まさかこんなに使えるアイテムだったとは。

「知っていればもっと早く買ったのに!」

私が選んだのは、このグリルプレート。

ガスコンロを新しくするので、ついでに買いました。

安くて蓋付きで、口コミでの評判も上々。

魚焼きグリルは一切汚れない

このグリルプレートを使うと、お魚焼きグリルが一切汚れません。

「少しぐらい汚れるかな?」

と思っていたんですけど、いやいや全く汚れないですよ。

実際40回ぐらい使った魚焼きグリルを見てください。

魚焼きグリル②

ほぼ汚れてないのが分かると思います。

魚焼きグリル①

もっと脂が飛び散りそうなものですけどね。グリルプレートに深みがあるのが良いんだと思います。

ふつう魚焼きグリルって、「何か爆発した?」って思うぐらい派手に汚れるじゃないですか。そして網は焦げ付きが酷く、トレイには魚の脂がベットリ。

でもグリルプレートを使うと、そういうことになりません。

もー、掃除しなくていいんです。

これ持ってたら勝ち組!

スポンサーリンク

グリルプレートで焼いたお魚は美味しい?

今まで、魚焼きグリルを汚さないため、他の手段も試しました。

フライパンで焼いたりオーブンで焼いたり。

でも、お魚がどこかベッチョリしちゃって、焼き上がりがイマイチなんですよね。

フライパンの場合は、お魚を押し付けながら焼きますが、うまく押せなかった部分が水っぽいような感じに。

オーブンの場合は、水分が飛びすぎて身がカラカラになりがちです。

どちらも、お魚の美味しさを最大限に引き出せていません。

妥協のない美味しい仕上がり

グリルプレートで焼いたお魚は、いい具合に焼けます。

プレートの底に凸凹があるため、その隙間に脂が落ちて、ベッチョリしません。

皮はカリッ、身はふっくらの仕上がり。

ブリを漬け焼きにしたときは、表面に美味しそうな”焦げ”ができました。高熱で一気に焼くから、皮はパリパリで身も生臭くならないんです。

ブリの漬け焼き
ブリの漬け焼き

お弁当用の鮭も、美味しく焼けます。フライパンで焼いたときのような、生焼けのフニャフニャ部分はできません。

紅鮭塩焼き
この鮭はちょっと焼き過ぎ。^^;

ホッケの開きは、大きいのでキッチンバサミで半分に切って入れます。

グリルプレート - ほっけ

水分が多い解凍品でも、水っぽくなくフワッと焼けますよ。高温で焼くのが良いんだと思います。

ほっけの開き

グリルプレートを使って気付いたメリット

グリルプレートを日常的に使うようになって、他のメリットにも気が付きました。

まず、お魚を食べる機会が増えること。

お魚はカルシウムやDHAにEPAなど身体に良い成分がたくさん。

健康診断で、中性脂肪とLDLコレステロールを注意されていたので、中性脂肪を下げLDLが増えないお魚はピッタリでした。

そろそろ健康に気をつけたい年代なので。(汗)

またこのグリルプレートは、お肉を焼いたり、野菜を蒸し焼きにしたり、揚げ物を温め直すのにも使えます。

料理を簡単に一品ふやせるんですよ。

そして、そのまま食卓に出すこともできます。

メリットまとめ
  • 魚焼きグリルが汚れない
  • お魚を食べる機会が増える→健康食になる
  • お肉や野菜も調理OK→簡単に一品増やせる
  • そのまま食卓にだせる

このグリルプレートの注意点

買う前に1つ注意点があります。

このグリルプレートは鉄製で、表面にテフロン加工みたいなフッ素加工がされてません。

つまり鉄のフライパンと同じで、焦げ付きやすいんです。

だから使う前にキチンと油を敷いて、しっかり熱してから使う必要があります。

使ったあとも、油を表面に塗ったりと・・・面倒くさっ。

実は最初のうちは、まともに手入れしてたんですが、10回使わないうちに手抜きし始めました。

今では洗い終わったあと、そのまま放置してます。

「錆びるかな?」と思っていたんですが、これで問題なさそう。

頻繁に使ってるのが、良いのかもしれませんけどね。

鉄板だからこそ長く使える

鉄板であることがプラスになる面もあります。

フッ素加工(マーブルコートやダイヤモンドコートも同系列)がないぶん、高温に強いんです。※フッ素加工系は高温NG

またフッ素コーティングはだんだん剥がれますが、鉄板は長く使ううちに油が馴染みます。

長く使えるし、だんだんと焦げ付きにくくなるんです。

買う前に気になってたこと

買う前には、他にも気になってたことがありました。

それを伝えておきたいと思います。

グリルプレートを洗うのって面倒?

グリルプレート - 使用済み

グリルプレートを洗うのは、そんなに大変じゃありません。

大きさも重さも、ちょっと大きめのお皿と同じぐらい。

フライパンを洗うよりずっと楽です。

使い終わったらお湯を入れておき、キッチンペーパーで脂汚れを取り除いてから、スポンジで洗えばキレイになります。

すぐ使わなくなりそうだけど?

「すぐ使わなくなるかも?」

って私も思っていたけど、2日に1回とかヘビーユーズしてます。

安いものは・・・と思っていたけどこれは違う!

グリルプレートを使って毎日の食卓にお魚を

グリルプレートを試していない方。

正直これは、フライパンと同じぐらい必須の調理器具だと思います。

うちでは間違いなく、今年買って良かったものベスト10に入ります。

これほど便利なアイテムを使わないのは栄養的にも、味覚的にも、時間的にも勿体ないですよ。

しかも、お値段は格安の1000円!

この便利なアイテムを使って、お手軽におかずを一品増やしましょう。

しっかり焼き目の付いたブリの漬け焼き、真ほっけの日干し、サバの塩焼き。

ジューシーな脂したたる、ふっくらしたお魚の身。

小さい子供も旦那も大満足です!

※旦那って僕のことだけどね。(汗)

コメント

タイトルとURLをコピーしました