子供が冬に寝るときの暖房や服装はどうする?寝相が悪い子の対策

子供-睡眠幼児

冬が近づくと、子供のために夜、暖房をいれるか迷います。

うちでは1歳半の娘の寝相が悪すぎたので、寝るときに弱く暖房をいれることにしました。

暖房をいれて良かったことや、寝るときの子供の服装、寝相が悪いことへの対策などを紹介してます。

スポンサーリンク

子供が冬に寝るときに暖房をいれて良かったこと

子供-睡眠

朝起きると、子供の足がものすごく冷たくなってるんです。

アイスノンみたいに冷えていて、こちらが焦るほど。

寒冷地の古い家に住んでいるので、寒い季節になると、朝方はかなり冷えるんですね。

それに子供の寝相がひどいので、布団はぶっ飛ばすし、パジャマやスリーパーはめくれるしで。

朝起きたときには、いつも膝下から生足がむき出しになっていて、冷え冷えです。

心配なので夜中に何回も起きて、布団を掛けてるんですけどね。次に目を覚ましたときには無意味になってます。

子供は手足で温度調整しているとのことで、丈の長いスリーパーを着せるのも微妙な気がしました。

というわけで、やむを得ず暖房を弱く入れることに。

夜に暖房を入れるようにしてみた

すると、子供の足は心配がいらないぐらいの冷え具合になったんです。

それ以外にも、寒い日の朝はよく鼻水を垂らしていたんですが、そういったことも減りました。

このように気掛かりだったことが減って、夫婦揃ってぐっすり眠れるように。その結果、私と妻の体調も随分良くなったんです。

暖房をいれて良かったこと
  • 朝起きたとき足が冷たくなりすぎない
  • 朝起きて鼻水を垂らすことが少なくなった
  • 夜中に泣き声をあげることが少なくなった?(子供が成長しただけかも)
  • 夜中に布団をかける必要がなくなった
  • 夜中に親が起きる回数が減って親の体調がよくなった

暖房を入れることで、良くなったことが結構ありました。

次は温度を何℃にするかですが。

子供が冬に寝るときの室温は?

よく子供の手足が冷たいのは体温調整なので、気にしなくて良いと聞きますね。

それに、手足が冷えても身体が暖かければ大丈夫と言います。

でもそれって、具体的に何℃ぐらいまでの話なんでしょうか?

残念ながら、ネットでいくら探しても答えは見つかりません。

身体の中心が冷えてなくても・・・寒冷地の寒さは強烈なんですよね。。

そこで、うちでは朝起きたときに子供の足を触ってみて、そこまで冷たくならないのは、室温が15℃ぐらいあるときと判断しました。

また、他に何か参考になる情報がないか調べてみたところ、12℃以下になると肺の病気へのリスクが増すというニュージーランドの研究結果が在りました。

<参考文献>
Newshub: Cold rooms damage kids’ lungs – study

というわけで、うちでは室温を12℃〜ぐらいに保てればよいかなと思い、寝るときに弱く暖房を入れてます。

ちなみに寝室を暖めるために使っているのは、オイルヒーターです。

暖房機にはオイルヒーターが使いやすかった

子供の足の冷たさが気になって買いました。

使ってみての感想はいろいろあるのですが、とにかく子供の足が冷えすぎないようにするという目的は達成できたので満足しています。

オイルヒーターは、部屋をほんのり暖めるのに向いているので、今回の目的にはピッタリでしたよ。

それに空気を汚さないし、ちょっと触ったぐらいでは火傷しないので、安心感もありました。

オイルヒーターを使ってみての詳しい感想は以下です。

ただ意外だったのが、オイルヒーターは空気を乾燥させないという言われていたのに、そうでもないこと。

まぁ空気を温めれば、相対湿度は下がりますから、そりゃあ乾燥しますよね。

そこで加湿器も一緒につけることにしました。

次は子供が寝るときの服装はどうしているのかについてです。

スポンサーリンク

子供が寝るときの服装はどうする?

スリーパー

子供は薄着のほうが丈夫に育つと聞きます。

健診のときなどにも「大人より一枚薄着でちょうどいい」とか指導されますよね。

でもそれって寝ているときも、そうなんでしょうか?

手足が暖まるのは激しく嫌がりますが、ボディに関しては厚着にしても嫌がりません。

それなら平気かなと思い、うちでは汗をかいたり暑がったりしていなければOKと考えて、お腹周りには十分に服を着せています。

まず、一番下には肌着。これは保育園から、夏でも冬でも肌着を着ていたほうが、汗を吸って風邪をひき難いと聞いたからです。

で、この肌着なんですが、ユニクロの子供用の長袖ヒートテックが暖かく使いやすかったです。サイズは80から揃ってますよ。

その上に、ユニクロの子供用フリースパジャマを着せます。

最初は子供のでっぷりしたお腹がはみ出ないようにロンパースだったのですが、サイズが90になってくると、上下セパレートのパジャマしかありませんでした。

お腹が出ないか心配だったんですが、幼児向けの服って、上下がボタンでつながるようになってるんですね。

子供パジャマ

これならお腹が出ないので安心です。

そして最後に、スリーパーを着せました。

スリーパーはよく足元がめくれ上がってしまっていたので、足元がキッチリ塞がるものを探しました。

いろいろ検討した結果、「Anna nicole」の日本製スリーパー。うちではこれを使ってます。

このように布団を掛けない代わりに、子供にはわりと厚着をさせています。

次は子供の寝相が悪すぎるので、その対策について。

子供の寝相が悪いときの対策

子供-寝相

ハイハイする前から既に寝相が悪かったんですが、動けるようになってからは最悪です。

寝てる間位に、どこまででも転がって行っていしまい、壁のぶつかってグデーンと寝ていたりします。

夜中に見ていたことがあるのですが、身体を持ち上げて起きてから向きを変えたりもするんですね。

目が覚めているわけじゃないみたいなんですが、これだけ動くと布団からハミ出さないのは無理です。

そこで子供が動いてもいいように、マットレス式のベビーサークルで寝かせるようにしました。四方がウレタンで囲まれていて、その中でいくら暴れても大丈夫です。

これだとゴロゴロ回転しても、サークル内にとどまっているので安心。それにウレタンが分厚いので、外からの冷たさを遮るのにも役立っています。

また、鼻水やヨダレでベチョベチョになる範囲も、このウレタンのサークル内に留めておけるので、毎日の洗濯もシーツだけになって楽ですよ。

あとがき

寒くなってくると、子供が寝るときに暖房をいれるか迷いますよね。

私が小さいときに育った家は、氷点下になる家だったので、それに比べると過保護かなという気もするんですが。。

でも子供が小さいうちは、布団を掛けても飛び出してしまうし、何より心配でこちらの体調が悪化します。

心配性なので、自分のためにも暖房をいれて良かったと思いますよ。おかげで、よく寝られるようになりました。^^;

あくまでうちの方針ですが、参考になれば幸いです。

冬の夜に大活躍したデロンギのオイルヒーターのレビューは以下から。電気代についてのシミュレーションもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました