年賀状はいつまで出せるの?遅れた場合の書き方や、寒中見舞いはいつからかも紹介

年賀状いつまで

お正月を迎えてから、年賀状を出そうと思うと・・・

「年賀状っていつまで出せるの?」

と思いますよね。

年賀状はいつまで出せるのかと、年賀状が遅れた場合の書き方、年賀状の代わりに寒中見舞いを出すのはいつからなのかを解説します。

スポンサーリンク

年賀状はいつまで出せるの?

年賀状は、郵便物としてならいつまででも出せます。

ですが一般的なマナーとしては、1月7日までに相手に届くよう出します。

なぜ1月7日までなのでしょうか?

年賀状を1月7日までに届くよう出す理由

それは1月7日までが、松の内という松飾りを飾っておく期間だからです。

松の内を過ぎたら門松、しめ飾り、お重、お屠蘇の酒器など、お正月に使う道具を片付けます。新年の挨拶回りも、この松の内に済ませます。

ですので、年賀状=新年を祝賀する挨拶状も、松の内に届けるべきなんです。

ただし、松の内は地域によって異なり、一般的には1月7日までですが、関西では1月15日までとすることが多いようです。

これには理由があって、そもそも松の内は1月15日まででした。ところが江戸時代に幕府の命で1月7日までに変わってしまったんですね。しかし江戸幕府の威光が届きにくい上方(関西)には広まらなかったということです。

というわけで松の内は関西では1月15日まで、関西地方に出すときは1月15日までに届けば、何の問題もないということになりますね。

しかし、出来れば1月7日までに送ったほうが良いです。それは1月8日以降に年賀状を送ろうとすると、様々なデメリットが生じるからです。

次はその点を紹介したいと思います。

年賀状を1月8日以降に送るとデメリットが多い

まず最初にお伝えしたいのが、料金の問題。

2017年からは、年賀状を12月15日〜1月7日に送れば52円ですが、1月8日以降に送ると62円になります。

年賀状にもともと印刷されている切手は52円なので、これだと10円足りませんね。だから10円切手を追加で買って、貼ることになります。

もともとの年賀切手の下に、10円切手が追加で貼ってあるという、まぁなんとも無粋な年賀状が出来上がってしまうわけです。

しかし無粋なのは、これだけではありません。1月8日以降に送った年賀状は普通郵便として認識され、切手部分にバシッと消印が押されてしまうんですね。

見た目がチョット汚くなるというか、消印付きの年賀状はなんか嫌です。(^_^;)

最後にもう1つ、年賀状が郵便局で販売されている期間は1月7日前後までとなっています。この日が過ぎると年賀状を郵便局で買うことができません。

後から年賀状を出そうと思っても、もう売ってないんです。郵便局としても年賀状は1月7日で終わりという認識なのかもしれません。

年賀状を1月8日以降に送るデメリット

  • 一般的な松の内である1月7日を過ぎてしまう
  • 1月8日以降は、10円切手を追加して貼らないといけない
  • 1月8日以降は、普通郵便として消印が押される
  • 1月7日前後で、年賀状の販売が終了する

次は年賀状を遅れて出した場合や、年賀状の返事が遅れてしまった場合の、書き方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

年賀状が遅れた場合の書き方

お正月が過ぎたあとの年賀状で、まず気を付けたいのは日付の書き方です。

年賀状の最後に日付を入れますよね。例えば「2018年 元旦」のように。

この元旦という言葉、”旦”という字は太陽が地平線から昇る様子を表していて、元日の朝という意味になります。

つまり元旦とは、1月1日の朝を表す言葉。1月1日に届かない場合は使わないようにします。代わりに年だけを書いたり、”一月”や”新年”などの言葉を使いましょう。

それ意外にも「一月二日」などのように、年賀状の投函日を書いてもOK。

次に気を付けたい点としてお詫び文があります。お詫び文には、年賀状が遅れてしまったことへのお詫びと、その理由を書き添えておきましょう。

目上の人に向けて送るつもりで、使えそうな文を揃えてみました。

icon-check 旅行に出かけていた場合
旅行に出かけておりまして、新年のご挨拶が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

 出張に出かけていた場合
出張に出かけておりまして、年始のご挨拶が遅れましたこと、大変失礼いたしました。

icon-check 年末忙しかった場合
年末の慌ただしさにまぎれ、年頭のご挨拶が遅れましたこと、お詫び申し上げます。

 特に理由がない場合
新年のご挨拶が遅くなり申し分けありません。

お詫び文が入っている方が、相手を気遣っている感じがして良いと思います。自分のケースに合わせて、適当に差し替えて使ってもらえればと思います。

その他、年賀状を上司へ出す場合の文例に悩んでいるときは、以下の記事がオススメです。

年賀状を上司へ送るときの文例!NGな書き方や宛名に役職は必要かも解説

2017.11.05

次は、年賀状の代わりに寒中見舞いを出すのはいつからなのか見ていきましょう。

年賀状の代わりに寒中見舞いを出すのはいつから?

寒中見舞い

一般的に松の内を過ぎたら、年賀状の代わりに寒中見舞いを出すべきといわれています。

松の内は一般的に1月7日までですので、この日を過ぎたらということですね。

寒中見舞いとは、二十四節気における小寒(例年1月5日前後)〜立春(例年2月5日前後)までに送るお便りのこと。

慣習的には2月初めまで出せますが、年賀状の代わりということであれば、早めに出したほうが良いのは間違いないでしょう。

ただ、個人的には寒中見舞いより年賀状を貰ったほうが嬉しいので、松の内を過ぎてしまっても1月中くらいなら、年賀状で良いのではと思います。

あるいは松の内を関西基準にして、1月15日までならOKと考えてしまい、年賀状を送るのもありですね。

このあたり、相手がどのぐらいマナーを気にするかによって、対応を変えましょう。

今の30代以下の年代であれば、ほとんど気にしないと思いますよ。年賀状を送らずにメールで済ませたりしますから。

まとめ

年賀状を出すのは、松の内の1月7日までに出すのが一般的です。

1月7日を過ぎても送れますが、その場合は10円切手を張るのを忘れないようにしましょう。そして年賀状に消印を押されることになります。

また、1月7日を過ぎたら年賀状の代わりに寒中見舞いを送るのがマナーですが、そのあたりは相手次第で良いと思います。

個人的には、寒中見舞いより年賀状を貰った方が嬉しいのではと思います。

ちなみに1月1日に年賀状を届けないと失礼みたいな雰囲気がありますが、昔は年賀状って正月になってから書いて出していたんですね。

それが1月1日の消印を貰えると縁起が良いからということで元旦に出すようになり、さらに元旦に届くために郵便局も対応するようになっていきました。

なにが言いたいのかというと、1月1日を過ぎてしまっても、松の内に年賀状が届くのなら、本当は気にしなくていいんじゃないか?ということです。

というわけで、正月をちょっと過ぎたぐらいなら、気にせず年賀状を出してしまいましょう。(^_^;)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です