年賀状を上司へ送るときの文例!NGな書き方や宛名に役職は必要かも解説

年賀状ー上司

年賀状を上司へ送るときは、どういった文章にするか悩みますね。

礼儀正しいのはもちろん、好感をもたれる立派な文章にしたいところ。

年賀状を上司に送るのに相応しい文例、NGな書き方、宛名に役職が必要なのかを解説します。

それではさっそく、文例から見ていきましょう。

スポンサーリンク

年賀状を上司へ送るときの文例

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は親身にご指導いただきありがとうございました
本年も全力を尽くして仕事に邁進いたしますのでご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

△△年 元旦

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

旧年中は大変お世話になりました
本年も精一杯頑張りますので何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます

△△年 元旦

恭賀新年

昨年中は至らぬことの多い私を温かくご指導くださいまして誠にありがとうございます
おかげさまで少し仕事にも慣れることができました
本年も変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます

△△年 元旦

敬頌新禧

昨年中は温かなご助言と大変なお力添えをいただき心より感謝しております
年頭にあたり気持ちを新たにさらなる成果を上げられるよう努める所存です
これからも変わらぬご指導ご叱咤をお願い申し上げます

△△年 元旦

謹賀新年

旧年中は公私にわたり親身にご指導いただき心より感謝しております
今年はさらなる成果を目指して精進いたしますのでご教示を賜りますようよろしくお願い申し上げます

△△年 元旦

謹んで新春のお慶びを申し上げます

旧年中は◯◯プロジェクトで親身なご助言をいただきありがとうございました
プロジェクトを完遂し成果を残すことができたのもの全て◯◯さんのおかげです
本年も全力を尽くして仕事に邁進いたしますので変わらぬご指導ご叱咤をお願い申し上げます

△△年 元旦

ここで紹介した年賀状の文例は、全て以下の構成で出来てます。

  1. 挨拶文
  2. 旧年中への御礼文
  3. 今年度への抱負

各文を入れ替えることで簡単にアレンジ出来ますので、文例がしっくりこないようであれば試してみてください。

ちなみに文の最後に、“相手の幸福を願う一文”を付けるとさらに立派なのですが、固くなり過ぎると思ったので外しました。

年賀状の最後に手書きで一言入れたい

今どきは年賀状を印刷で作る人の方が多いと思います。

そんなときは、年賀状の最後に手書きで一言入れたいですね。上司へ送るのにピッタリの一文を揃えました。

〇〇の件では本当にありがとうございました なんとか成果を残せたのもの◯◯さんのおかげです」

特に大変だったプロジェクトや案件について感謝を示しておくと、印象に残る年賀状になりますね。大変だったプロジェクトほど、過ぎ去ってしまうと良い思い出です。

◯◯美味しかったです あれから◯◯が好きになりました

飲みに連れて行ってもらった場合は、その思い出を伝えるのが良さそうです。ただし、上司の奥様が見ても大丈夫な内容で・・・。

今年は〇〇の腕をもっと磨くつもりです

プライベートでの付き合いがあった場合は、そのことについて触れると印象深いと思います。例えばフットサル・スノボー・ゴルフ・釣り・野球など。

昨年○○課に入りました○○です 今年もよろしくお願いします

あまり接点のない上司には、所属している部署名をサラリと入れておくと、分かりやすいですね。

その他、年賀状に相応しい上司への一言は、こちらの記事にまとめました。たくさん文例を載せていますので、良ければ参考にしてください。

年賀状で上司へ一言ならコレ!NGワードやボールペンでOKかも解説

2017.11.08

次は、上司への年賀状でNGになる書き方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

上司への年賀状でNGな書き方

NGな賀詞

賀詞とはお祝いの言葉。年賀状の文頭で見かける「寿」「迎春」「謹賀新年」などがそうです。

この賀詞ですが、年賀状を目上の人に送るときには、相手を敬う言葉が含まれているものを使います。

例えば1〜2文字の賀詞である「寿」や「迎春」などには、相手を敬う言葉が含まれていません。

上司への年賀状では4文字の賀詞を使います。例えば「謹賀新年」や「恭賀新年」。「謹賀新年」には“謹んで”という謙譲の言葉が、「恭賀新年」は“うやうやしく”という謙譲の言葉が含まれています。

このように相手への敬意が含まれている4文字の賀詞が相応しいとされます。

使いやすい4文字の賀詞をピックアップしました。

敬意を含む4文字の賀詞

  • 謹賀新年
  • 謹賀新春
  • 恭賀新年
  • 恭賀新春
  • 敬頌新禧

ちなみに賀詞は文章でもOKです。以下の文はよく年賀状で見かけるものですね。

敬意を含む文

謹んで新年(新春/年始)のご祝詞(お祝い/お慶び/ご挨拶)を申し上げます

よくあるNGな挨拶文も確認しておきましょう。

icon-ban 新年あけましておめでとうございます

「あける」とはある状態が終わり、新しい状態が始まること。
「新年あけまして」だと新年がいったん終わってしまう。「新年」と「あけまして」を同時に使ってはいけません。

 謹賀新年あけましておめでとうございます

「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」で挨拶が重複している状態。どちらか一方にすべきです。

忌み言葉はNG

慶事である年賀状では、忌み言葉はNGです。

よく間違って使われている忌み言葉といえば「去年」。代わりに「旧年」や「昨年」を使うのが正解です。

忌み言葉

去、失、病、倒、痛、別、離、破、滅、絶、衰、暗など

句読点はNG

年賀状は慶事なので、「喜ばしいことは続いた方が良いので区切りをつけない」という意味で、文章に句読点を入れないのが一般的です。

最近では、あまり気にしていない年賀状も多いようですが。

写真入りの年賀状はNG

家族や子供の写真をプリントした年賀状は、上司に送るのは控えた方が無難です。

ビジネスで使う年賀状には写真を入れないと、いくつかのマナー本にも書かれています。

ただし、出産祝いをいただいたり、プライベートでの家族ぐるみのお付き合いがある場合などは問題ないでしょう。

日頃のお付き合いの程度を見極めればOK。

年賀状を上司に送るのにNGな書き方を確認しました。次は上司へ送るときの宛名に役職が必要なのかを確認していきます。

年賀状を上司へ送るときは宛名に役職が必要?

年賀状を上司の自宅に送るときは、宛名に役職を書く必要はありません。社長宛であっても不要です。

役職を書く必要があるのは、例えば取引先の担当者など、会社の住所宛に年賀状を出す場合です。

ちなみに、宛名に役職名を付けて送る場合は「会社名(改行)役職+名前+様」か「会社名(改行)◯◯ 部長」と書きましょう。

《例1》

株式会社 サンプル
部長 E関心 様

《例2》

株式会社 サンプル
E関心 部長

レアなケースだとは思いますが、自社の上司宛の年賀状を自社の住所に出す場合も、役職名は入れておいた方が良いと思います。

というのも、会社によっては郵便物が部署ごとのポストに届くようになっているので、どこに届ければ良いか分からなくなる可能性があるからです。

また上司の奥様やご家族とも面識があり、宛名に名前を入れたい場合は連名にします。

 《奥様も含める場合》

上司の名前様
御奥様

※奥様の名前が分かるときは、名前を入れましょう。

 《御家族も含める場合》

上司の名前様
御一同様

上司の奥様に覚えがめでたいと、きっと良いこともあるんじゃないかと。(笑)

まとめ

年賀状を上司へ送るときは、言葉遣いとマナーに気を付けましょう。

せっかく年賀状を書いたのに「常識のないやつ」と思われてしまっては、元も子もありません。

日頃お世話にもなっているわけですし、どこに出しても恥ずかしくない、立派な年賀状を送っておきましょう。

きっとマナーを大事にする姿勢は、上司の評価や高感度にもつながりプラスに働きますよ。

年賀状は元旦に届くよう、12月25日までには必ず投函してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です