Amazonサイバーマンデー開催中♪年に1度のBigSale! ≫

年賀状で上司へ一言ならコレ!NGワードやボールペンでOKかも解説

年賀状一言お正月

年賀状を印刷したら、最後に一言メッセージを入れたいですね。

上司へ送るなら、気の利いた一言を選びたいところ。

年賀状を上司へ送るときの一言、年賀状のNGワード、年賀状にいれる上司への一言はボールペンで書いてもOKかを解説します。

スポンサーリンク

年賀状で上司へ一言ならコレ!

年賀状にいれる上司への一言を、方向性ごとにまとめました。

自分にピッタリな一言を探してください。

仕事関係での感謝ならコレ

年賀状にいれる上司への一言でもっとも失敗がないのは、仕事関係での感謝の言葉。大変だった案件や業務も、過ぎ去ってみれば良い思い出です。

◯◯の件では大変お世話になりました。なんとか成果を残せたのもの◯◯さんのおかげです。

◯◯の件では大変なお力添えを頂きありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

旧年中は至らぬことの多い私を温かくご指導くださりありがとうございました。

昨年中は仕事に慣れていない私に格別のご配慮をいただき心より感謝申し上げます。

昨年は折りに触れ的確なご指導を賜り大変充実した一年を過ごすことができました。

旧年中は未熟な私を何かにつけお世話いただき心より感謝申し上げます。

プライベートでのお付き合いがあった場合はコレ

プライベートでのお付き合いがあった場合は、それについて軽く触れておくと印象的です。もちろん、上司の奥様に見られても問題のない内容で!

旧年中は公私共に大変お世話になりました。
◯◯さんのおかげで仕事もプライベートも充実した一年を過ごすことできました。

◯◯出張では初めての体験ばかりでとても勉強になりました。またお供させていただけますよう日々の業務に邁進して参ります。

旧年中は公私にわたって大変お世話になりました。またチャンスがありましたら◯◯のお供をさせてください。

旧年中は公私共にお世話になりました。◯◯さんにフォームを見ていただいてから飛躍的にスコアが伸びました。またお供させてください。

新年に向けての抱負ならコレ

新年に向けての抱負は、丁寧ながらもやる気が伝わるような文にしましょう。

本年も全力を尽くして仕事に邁進いたしますのでご指導の程よろしくお願い申し上げます。

いつも親身にご指導くださりありがとうございます。◯◯さんのように信頼される仕事ができるよう精進いたします。

今年はさらなる成果を目指してこれまで以上に仕事に邁進する所存です。

今年も精一杯仕事に邁進いたしますので変わらぬご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

あまり接点のない上司ならコレ

あまり接点のない上司に年賀状を出すときは、何を書いたら良いのか難しいですね。自分の存在をアピールしつつ、無難な挨拶をピックアップしました。

昨年、◯◯課に配属になりました◯◯です。新天地での職務に精一杯励む所存です。

◯◯課で◯◯を担当しております◯◯です。本年も全力を尽くして業務に専心して参ります。

信頼感溢れる言葉ならコレ

さじ加減が難しいのですが、相手の胸に飛び込んでいくぐらい強くアピールするならコレ。やりすぎるとドン引きされるので、相手を見て使いましょう。

◯◯さんみたいなれるよう頑張ります。本年も厳しくもあたたかいご指導をお願いいたします。

◯◯さんは私の目標です。これからも変わらぬご指導ご叱咤をお願い申し上げます。

年賀状にいれる上司への一言を紹介しました。

次は上司への一言を書く際に気を付けるべき、NGワードを見ていきましょう。

スポンサーリンク

年賀状のNGワード

年賀状に一言書く際は、“忌み言葉”と言われるNGワードに気を付けましょう。

せっかく気の利いた立派な文をしたためても、NGワードが含まれていては「一般常識はイマイチ」と思われてしまうかもしれません。

年賀状で注意すべき忌み言葉には以下があります。

忌み言葉

去、失、病、倒、痛、別、離、破、滅、絶、衰、暗など

特に「去」は、「去年」という言葉で使ってしまうことがあります。「去年」の代わりに「昨年」や「旧年」を使いましょう。

また年賀状では、句読点を入れずに書くのが本来のマナーです。

最近では気にしない人も多いのですが、マナーに気を付けるのでしたら、句読点を入れないようにしましょう。

先に紹介した例文では、読みやすさを優先して、句読点を入れました。

その他、年賀状で気を付けるべきNGなポイントは、以下の記事で詳しく書いています。良ければ参考にしてください。

→年賀状を上司へ送るときの文例!NGな書き方や宛名に役職は必要かも解説

次は年賀状へ一言書くときに、ボールペンで書いてもOKかどうかです。

年賀状にいれる上司への一言はボールペンでもOK?

年賀状への一言は、筆ペンで書くのが一般的です。

でも中にはボールペンで書く人もいますので、ダメってことはないですね。ただ、素っ気ないのは間違いありません。

「字が下手すぎて書きたくない」

って気持ちも良く分かるのですが、筆ペンで書いたほうが、しっかりした年賀状に見えますよ。

物凄く下手な字でも、それが返って微笑ましかったりします。

しかも上司に対して、気を使っている雰囲気も出で、かえって好印象だと思います。

というわけでボールペンよりも筆ペンで!でも、筆ペンは慣れないと書き辛いものです。

そこで、筆文字サインペンを紹介しておきます。

筆文字サインペンが書きやすい

この筆文字サインペンというのは、名前の通り筆ペンとサインペンの中間ぐらいのもの。2つのペンの良いところだけを掛け合わせています。

2つのペンの良いところだけを掛け合わせています。

サインペンの使い心地なのに、筆ペンのようにトメ・ハネ・ハライが簡単に表現できます。

ボールペンで書くのと大して差はありません。

他にも似たような製品で筆タッチサインペンがあります。

筆文字サインペンとの違いはインクの種類。筆タッチサインペンは、サインペンと同じ種類のインクを使っていて、やや黒が濃い仕様となってます。

筆ペンが苦手な人は利用してみてくだい。

まとめ

年賀状に書く上司への一言は、印象に残るものにしたいですね。

何を書くか迷ったら、やっぱり仕事関係の一言。来年につながるような一言を選びましょう。

年賀状は12月15日〜25日に出すと元旦に届きます。せっかく年賀状を書き上げても、元旦に遅れては元も子もありません。投函日には十分気を付けたいですね。

→年賀状はいつまで出せるの?遅れた場合の書き方や、寒中見舞いはいつからかも紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました