2歳の子供が頭洗うのを嫌がる!泣かない洗い方と、自分では何歳から?

子供と一緒にお風呂

2歳の娘がいるのですが。

毎日、頭を洗うのを嫌がって大変でした。

ザバーッとかお湯をかけると、もちろん大号泣。

しかし、ついにベストな方法を見つけました!

その辺りのことと、子供が自分で髪を洗うのは何歳からなのか書いてます。

スポンサーリンク

2歳の子供が頭洗うのを嫌がる!

子供が頭を洗うのを嫌がる理由って、顔に水がかかるから。

だいたいどこの子も、そうじゃないでしょうか。

子供って顔に水がちょっとでも掛かると嫌がる

なんででしょうね。

ほんのちょっと頭から顔に水が流れただけで、すっごい拒否反応。

ましてや水が目に入ったりしたら、ものすごく抗議されます。

ま、それも可愛いんだけど。(*´ω`*)

だから、なんとか顔に水がかからないよう工夫しました。

子供にシャンプーハットを試した

一番最初に試したのはシャンプーハット。

これはどこのお家でも最初に試すことかなーと。

子供って新しいもの好きだから、最初はシャンプーハット被ってくれるんですよね。

でも、ホント最初だけ。

どうやら、シャンプーハットを被ること自体がイヤみたいです。

うちの子の頭が大きめってのもあるかもしんないけど。。

自分で目と口を閉じてもらう

次に試したのが、自分で目と口を閉じてもらうこと。

「お目々とお口をギュ〜っとツブってて!」

と言って、サッと水をかける。

「ウグッ、ウグッ、ウワーァァンン」

泣き叫ぶもんだから、鼻から水を吸って最悪の事態に。(笑)

完全にトラウマになったみたいです。。

子供はシャンプー自体は嫌いじゃない

子供は顔に水がかかるのは嫌だけど、シャンプー自体は嫌いじゃないんですよね。

シャンプーして泡立てて、角とか作ってあげました。

そこまで激ウケなんですけどね。問題はこの後。

そこで次は美容室スタンスを試してみることに。

スポンサーリンク

子供が泣かない頭の洗い方

どうするかというと、立ったまま天井をみてもらいます。

こうすると、お湯をかけても顔にかかりません。

子供って身体柔らかいから、この体制でも苦しくないみたいなんですよね。

そして目と口をツブっててもらって、シャンプーをします。あとはシャワーで流すだけ。

おでこ近くの生え際を流すときは、お湯が顔に流れないよう手でブロックしながらにします。

で、このやり方をちょうど説明してくれてる、素晴らしい動画があったので貼っておきますね。

やっぱり突き詰めると、自然とこういうやり方になるんですね。

さらにこの流し方には、他にも良いところが。

子供と一緒に入らなくても洗える

動画でも分かる通り、このやり方なら子供と一緒にお風呂に入る必要がありません。

子供とお風呂に入ると、遊びに付き合って大変ですからw

シャワーだけにすると、お風呂時間も短くなっていいですよ。

子供がお湯を被ることを嫌がらない

この洗い方にすると、子供も嫌がらなくなりました。

ただ念入りにお湯をかけて、シャンプーを流していたりすると、

「早く終わって!」

とか言われます。

苦しいわけではないみたいですが。

まったくこの年頃のお子ちゃまは、洗ってもらってるくせに生意気な。(*´ω`*)

最後に、子供はいつになったら自分で洗ってくれるのかについて。

子供が自分で髪を洗うのは何歳から?

子供が自分で髪を洗えるようになるのは、早い子で小1からみたいです。

でも、ちゃんと洗えるわけではないので、親が仕上げをしたり、2日に1度は親がやるなどのケアが必要らしい。

それと髪の長い女の子の場合は、もうちょっと後みたいです。

というわけで、最短でも小1ぐらいまでは親が洗うことになりますね。

今からだと4〜5年は洗い続けるので、まだまだ先かぁ。(^_^;)

子供も顔に水が付くことに慣れる

子供って、最初は顔に水が付くのを嫌がりますが。

だんだん慣れてくるものですね。

一緒にお風呂に入ったときに、水面をバシャバシャしたりして慣らしてたら。

顔にお湯が流れたぐらいだと、騒がなくなりました。成長もあるのかもしれませんけど。

3歳ぐらいになると、保育園・幼稚園でプールがあったりするので、それまでにはもう少し慣らしたいなと。

まとめ

2歳児はイヤイヤ期ということもあって、なかなか素直には話を聞いてくれません。

子供が頭を洗うのを嫌がったら、是非この「立ったまま頭を後ろに反らせるスタイル」を試してみてください。

うちでは、一度やったら気に入ったみたいで、すぐに楽になりましたよl

それにお風呂に一緒に入らなくてすむので、お風呂時間を短くしたい人には良いんじゃないかと。ワンオペのお母さんとか!

育児の苦労が、ちょっぴりですが減ると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です