子供用の甘口カレーを大人味に変える裏技!野菜たっぷりでも美味しい

子供がいるのでカレーはいつも甘口です。

本当はピリッとした本格的なカレーが食べたいんだけど。

そんな大人に、お子様カレーを大人味に変える裏技を紹介します。

野菜たっぷりの甘口カレーでも美味しく変身しますよ。

スポンサーリンク

子供用の甘口カレーを大人味に変える裏技!

カレー

それは、ある特殊なスパイスを入れるだけ。

そのスパイスとは「ピメントン」です!

ピメントンはスペイン料理で使うスモークの効いたスパイス。

これを入れると、スモークの効いた大人味のカレーになります。

燻製カレーを食べたことがあれば、なんとなくイメージできるかなと。燻製カレーよりもずっと美味しいですけどね。

子供向けの甘口カレーに入れると、その甘さがピメントンの香りと酸味をかえって引き立てます。もしスペイン風のカレーがあるとしたら、こんな感じかなって気がしますね。

とにかく美味しいので、是非試してほしいです。

ちなみに、その他にもいろいろなスパイスを甘口カレーに混ぜて試しました。

インドカレーを手作りしていたので、そのとき使っていたターメリック、クミンシードパウダー、コリアンダーパウダー、ガラムマサラなんかを入れてみたのですが、どれもイマイチでしたね。

ピメントンには到底およびません。

このピメントンについてもう少し説明しておきますね。

ピメントンとは?

ピメントン

ピメントンはスペイン料理で使われる、パプリカをスモークしたスパイス。

「ならパプリカで良くない?」

って思うかもしれませんが、使ってみると全然違いますよ。

なんていうか、パプリカよりももっと濃いんですよね。チゲ鍋に入っている、唐辛子粉に近い感じもします。

スペイン料理には必須で、タパスなんかにも振り掛けられてます。

スペイン料理で赤い粉がかけられていたら、それはだいたいピメントンかなと。

ピメントンには、「ホット」と「スイート」があるのでその違いについても説明しておきます。

ピメントンはホットとスイートの2種類の味がある

ピメントン

ピメントンの「ホット」と「スイート」の違いは、名前からも分かる通り辛さです。

でも実はそれだけじゃなくて、使ってる原材料が違うんですね。

「ホット」の方は赤唐辛子が使われていて、「スイート」の方はパプリカになってます。

どちらも唐辛子の一種ではあるんですが。

そして、当たり前ですが「ホット」のほうが断然辛いです。だから辛いのが好きな人には「ホット」がオススメ。

ちなみにもっと辛さだけを追求したいなら、カイエンペッパーがオススメですよ。

うちは「ホット」と「スイート」の両方を買っていて、気分によって使い分けてます。スモーク具合は同じですし、両方とも美味しいですよ。

ピメントンはカレー以外にも使えます。

スペイン料理には必須

スペインのスパイスですから、スペイン料理との相性はバッチリ。

既に説明したとおり、タパスにはよく掛かってます。

その他、アヒージョにもよく使われていますね。

絶対入っている料理としては、パエリアと”タコのガリシア風”があります。どちらも、ピメントンが必須なので、ピメントンを知らない人も、いつの間にか食べてたってことです。

というわけでいろいろ使えるので、買って損はないと思いますよ。

次は、野菜たっぷりのカレーも美味しくなるのかについて。

スポンサーリンク

子供向けの野菜たっぷりカレーでも美味しい

子供向けのカレーって、野菜がメチャメチャ多くなりますよね。

カレーにすると子供が野菜をよく食べるので、これは仕方のないことだと思います。

うちの2歳の娘も、カレーだと好き嫌いなく野菜を食べるんですよね。

このようにたくさんの野菜を入れて、野菜多めの甘口カレーとなっても、ピメントンなら美味しく食べられます。

特に相性が良いのは夏野菜。ナスにトマトにインゲン、ピーマン、ズッキーニなどは、相性バッチリ。その他、ブロッコリーやじゃがいも、玉ねぎも美味しいですよ。

肉が少なくてがっかりの野菜嫌いのお父さんでも、美味しく食べられると思いますよ。

ただ、キャベツだけは微妙でした。

うちの嫁が野菜を処理するためにキャベツを入れたんですが、これはかなりブーイングでしたね。

でも作って貰っている立場ですからね、当然ブーイングはやんわりと。(^_^;)

次は、私がオススメしたい甘口カレーのルーについて。

大人も満足できる甘口カレーのルー

子供向けに甘口カレーというのは仕方ないんですが。

でもバーモンドカレーとか星の王子さまとか、ちょっと甘すぎて苦手。

そこで探してみて美味しかったのが、ムソーの「直火焙煎カレールゥ」です。

このムソーの「直火焙煎カレールゥ」は、なかなかコクがあって美味しい。甘さはわりと控えめで、ドッシリとしたルーです。

しっかりとコクがあるので、隠し味的なものを入れる必要がありません。フレーク状のルーを溶かせば十分美味しいカレーになります。

それにこのムソーという会社、自然食品を扱う会社として、そういったものが好きな人には有名。

だから内容物には、あまり変なもの入ってないと信じています。食材の産地を確認したわけではありませんけどね。

あくまでもブランドを信頼しての話です。というわけで私のオススメ↓

まとめ

子供用の甘口カレーを大人味に変える裏技について紹介しました。

大人味に変える秘訣は、「ピメントン」というスパイスを使うこと。

もともとは、”タコのガリシア風”が食べたくて買ったんですけどね。こんなに甘口カレーに合うとは思いませんでした。

むしろ”タコのガリシア風”はたいして美味しくなかったので食べてません。

その他にもパエリアを作るなら必須なので、レパートリーを増やす意味でも使えると思いますよ。

甘口カレーは好きじゃなかったんですが、「ピメントン」のおかげで最近は好きになりました。

これB級グルメとして君臨できるぐらい美味しいと思うので、気になった人は是非チャレンジしてみてください。

つくレポに載せたいぐらいですが、面倒だから。(^_^;

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です